BS1スペシャル 山本五十六の真実(前編)「真珠湾への道」(後編)「遺された手紙」; 【再放送】☛8月30日(土)午後2:00~3:50

更新8/30 動画情報追加】【8/23 再放送情報追加】<BS1スペシャル 山本五十六の真実|(前編)「真珠湾への道」、(後編)「遺された手紙」> 連合艦隊司令長官山本五十六の実像を明らかにする資料が公開されたそうだ。山本五十六司令長官の親友、堀悌吉氏が保管してきた多数の書簡だという。そこには三国同盟に反対しながらも、真珠湾攻撃を立案していく山本五十六司令長官の苦悩がつづられているという。さらに、アメリカは真珠湾攻撃を教訓に航空兵力の拡充を進めミッドウェー海戦で日本を破るわけだが、公開されたアメリカ太平洋艦隊司令部の報告書から浮かび上がるアメリカ軍の戦略…新資料で山本五十六司令長官の波乱の生涯に迫るBS1スペシャル番組。 必見、要録画!

BS1スペシャル<山本五十六の真実>画像1BS1スペシャル<山本五十六の真実>画像2 BS1スペシャル<山本五十六の真実>画像3

BS1スペシャルの番組紹介によると――

BS1スペシャル 山本五十六の真実
本放送 ⇒ 8月11日(月) 午後9:00~9:50(前篇)午後10:00~10:49(後編)
(前編)「真珠湾への道」 (後編)「遺された手紙」
再放送 ⇒  8月30日(土) 午後2:00~3:50(110分)前後編

連合艦隊司令長官・山本五十六の実像を明らかにする資料が今年2月、大分県立先哲史料館で公開された。山本と海軍兵学校同期で無二の親友だった堀悌吉が遺した山本の遺書「述志」や多数の書簡である。

そこには、三国同盟に反対した山本が真珠湾攻撃を立案していく際の苦悩が綴られていた。そして、ワシントン・ロンドン軍縮会議から太平洋戦争開戦への道のりで、海軍内部で厳しい派閥抗争が展開された事実が浮かび上がってきた。

米英協調を重視する「条約派」が破れ、日米決戦へと向かう「艦隊派」が実権を握っていくなかで、フランス駐在経験もあり軍縮を主張する堀は海軍を追われる。しかし、駐米経験もある山本は、堀の見識を高く評価し、終生、交流を続けた。

日米開戦が避けられなくなると、山本は堀に伝えた。 「個人としての意見と、正確に正反対の決意を固め、其の方向に一途邁進の外なき現在の立場は誠に変なもの也、之も命といふものか」

番組では、初公開の直筆書簡をもとに、江田島や山本の留学先アメリカの関係地を訪ね、山本五十六と堀悌吉の軌跡をたどる。また、真珠湾攻撃以降、アメリカ軍がいかに山本の戦略を分析し、対抗策を講じていったのか、米・太平洋艦隊司令長官ニミッツへの報告書などをもとに追跡。自らの考えとは反対の方向に向かう日本、その最前線で戦わなければならなかった山本の葛藤、そして堀との友情を当時の国際関係のなかで描く。

【出演】半藤一利,【朗読】坂東三津五郎

http://www.nhk.or.jp/bs/special/
BS1スペシャル<山本五十六の真実>画像4

番組放送までまだ時間があるので、以下に紹介する動画を視聴してみてはどうだろうか?今から9年前の2005年11月だ30日にNHKで放送された<その時歴史が動いた 「シリーズ真珠湾への道 前編~山本五十六 苦渋の作戦立案」だ。 これもなかなか良い番組だった。 当時のNHKの番組紹介によると――

その時 歴史が動いた 「シリーズ真珠湾への道 前編~山本五十六 苦渋の作戦立案」
司会 NHKアナウンサー 松平 定知(マツダイラ サダトモ)
ゲスト 神戸大学法学研究科教授 五百旗頭真(イオキベ マコト)

☛ 真珠湾攻撃を立案・指揮した連合艦隊司令長官・山本五十六。アメリカ視察でその国力の差を知り日米協調を唱えるが、開戦へと進む中、皮肉にもその作戦立案の役割を担う。 シリーズ1回目は、山本の真珠湾作戦立案までの過程を描く。アメリカ視察でその強大な国力を知った山本は、一変して対米非戦を主張する。しかし日本は対米戦へ突入。皮肉にも山本が作戦を率いることになる。葛藤(かっとう)の末、山本が立案した作戦は、航空隊による米軍拠点、真珠湾の破壊だった。緒戦で打撃を与え戦争を短期終結させることが日本を守るいちるの望みと考え、山本は真珠湾作戦にすべてをかける。

動画】 その時 歴史が動いた 「シリーズ真珠湾への道 前編~山本五十六 苦渋の作戦立案」 (43分) 画像クリックで動画へジャンプ
【動画】その時歴史が動いた「シリーズ真珠湾への道 前編~山本五十六 苦渋の作戦立案」

更新8/30、動画情報追加】 BS1スペシャル「山本五十六の真実」  以下の画像クリックで動画へジャンプ――

動画BS1スペシャル「山本五十六の真実」(前編)「真珠湾への道」
動画_BS1スペシャル_山本五十六の真実_前編_真珠湾への道_(Dailymotion版)画像

動画BS1スペシャル「山本五十六の真実」(後編)「遺された手紙」
動画_BS1スペシャル_山本五十六の真実_後編_遺された手紙_(Dailymotion版)画像

番組の感想: (Reserved)

広告

60年目の自衛隊~現場からの報告~<NHKスペシャル>8月10日(日)午後9:00~9:58NHK総合 【更新8/11】情報追加

更新8/11 動画情報追加】<NHKスペシャル「60年目の自衛隊~現場からの報告~」> 集団的自衛権の行使容認が閣議決定されたは7月1日、その日は自衛隊創設60年周年の日でもあった…。 政府は、これまでの憲法解釈を変更して、集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定し、戦後日本の安全保障政策は大きな転換点を迎えた。 今後の議論次第では自衛隊の任務が大きく変わる可能性があるいま、隊員たちは、どのような思いでいるのか。 NHKスペシャルの番組では、国内外の訓練の現場などを取材を通し自衛隊が60年にわたって積み上げてきたものを明らかにしていく――
NHKスペシャル「60年目の自衛隊~現場からの報告~」画像6NHKスペシャル「60年目の自衛隊~現場からの報告~」画像2NHKスペシャル 「60年目の自衛隊~現場からの報告~」
本放送 ⇒ 2014年8月10日(日)午後9:00~9:58 NHK総合
再放送 ⇒ 2014年8月14日(木)午前1時10分~2時08分(13日深夜) NHK総合

NHKスペシャル「60年目の自衛隊~現場からの報告~」画像37月1日。政府は、これまでの憲法解釈を変更して、集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定し、戦後日本の安全保障政策は大きな転換点を迎えた。同じ日、自衛隊は創設から60年を迎えた。自衛官は、発足以来、「日本国憲法及び法令を遵守し、政治的活動に関与せず、事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に務め、もって国民の負託にこたえる」などとする任官時の宣誓のもと、訓練や任務に臨んできた。今後の議論次第では任務が大きく変わる可能性があるいま、隊員たちは、どのような思いでいるのか。番組では、国内外の訓練の現場などを取材。自衛隊がこれまで積み上げてきたものを明らかにするとともに、60年目の今の姿を伝えていく。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0810/index.html

NHKスペシャル「60年目の自衛隊~現場からの報告~」画像4 NHKスペシャル「60年目の自衛隊~現場からの報告~」画像5

NHKスペシャル「60年目の自衛隊~現場からの報告~」画像1NHKスペシャル「60年目の自衛隊~現場からの報告~」画像7

さて、この番組をNHKはどう放送するのだろうか? 番組を見たら感想をこの投稿記事に追加しようかと思っています。 この時期、終戦の日が近づくとNHKは終戦特集を組み太平洋戦争関連の番組を連日放送する。 最近では、自衛隊関連のものも織り交ぜるようようになった。 例えば、昨年の8月11日の夜9時に放送されたNHKスペシャルは「自衛隊と憲法 日米の攻防」だった。 昨年も集団的自衛権の件で自衛隊が議論の渦中にあった訳で、それで8月の終戦の日特集に「自衛隊と憲法 日米の攻防」をぶつけてきたのだろう。 今年は集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定がなされたので、「60年目の自衛隊~現場からの報告~」を放送するのだろう。 世論誘導をするような番組ではなく、自衛隊のありのままを伝える淡々とした内容の番組を放送してもらいたい、といっても番組はもう製作されているわけ….。 マスコミが如何なる報道をしようとも、自衛隊が国を守るため日夜頑張っている事実に変わりわない。 また、幾多の災害出動で国民の生命財産を守ってきている。 ことさら集団的自衛権にのみ焦点を置いて自衛隊を議論するのは、日本のマスコミの「現実無視の平和ボケ」でしかない。 さて、NHKは番組で何を放送するのだろうか、今夜の番組をじっくりみてみようっと。

昨年放送された「自衛隊と憲法 日米の攻防」を見ていない方は、以下に動画情報を掲載するので視聴してみてはどうだろうか――

【動画】 NHKスペシャル 「自衛隊と憲法 日米の攻防」
Pideo経由での視聴(下記画像クリックで動画へジャンプ)
動画_NHKスペシャル「自衛隊と憲法 日米の攻防」(Pideo_PC版画像)

スマホ版 Pideo経由での視聴(下記画像クリックで動画へジャンプ)
動画_NHKスペシャル「自衛隊と憲法 日米の攻防」(Pideo_スマホ版画像)

更新8/11 動画情報追加

動画】 NHKスペシャル「60年目の自衛隊~現場からの報告~」(57:59)
下記画像クリックで動画にジャンプ
動画_NHKスペシャル「60年目の自衛隊~現場からの報告~」

(番組の感想 Reserved)

自衛隊と憲法~日米の攻防~(NHKスペシャル8月11日夜9時)、見つかった機密資料と当時者たちの証言から自衛隊をめぐる知られざる日米の“攻防”を見つめる…

発足からまもなく60年を迎える自衛隊。いま、自衛隊の海外派遣をめぐる機密資料が、日本とアメリカで相次いで開示されている。湾岸戦争、PKO、北朝鮮ミサイル危機、イラク派遣…。自衛隊がこの20年、どのような議論の中で運用されてきたのか、その内実を物語る機密資料である。番組では、見つかった機密資料と当時者たちの証言から、自衛隊をめぐる知られざる“攻防”を見つめる。

<NHKスペシャル「自衛隊と憲法 日米の攻防」> (NHK総合テレビ)
初回放送 2013年8月11日(日)21:00~21:58
再放送  2013年8月15日(木)午前0時40分~1時38分(14日深夜)

自衛隊と憲法~日米の攻防~(NHKスペシャル)1アメリカでは、1991年の湾岸戦争や1993年の北朝鮮ミサイル危機の際の国務省や国防総省の記録が見つかった。
自衛隊と憲法~日米の攻防~(NHKスペシャル)2自衛隊と憲法~日米の攻防~(NHKスペシャル)3冷戦後の混沌とした国際情勢の中、アメリカが自衛隊をどう利用しようとしたのか、その思惑が見えてくる。 機密資料が語るのは、現行憲法のもので自衛隊をどこまで“運用”するのかという、いまに直結する課題である。 見つかった機密資料と当時者たちの証言から自衛隊をめぐる知られざる“攻防”を見つめる、今夜のNHKスペシャル「自衛隊と憲法 日米の攻防」。 必見、要録画!

自衛隊と憲法~日米の攻防~(NHKスペシャル)4自衛隊と憲法~日米の攻防~(NHKスペシャル)5     http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0811/index.html

【動画】 NHKスペシャル 「自衛隊と憲法 日米の攻防」
Pideo経由での視聴(下記画像クリックで動画へジャンプ)
動画_NHKスペシャル「自衛隊と憲法 日米の攻防」(Pideo_PC版画像)

スマホ版 Pideo経由での視聴(下記画像クリックで動画へジャンプ)
動画_NHKスペシャル「自衛隊と憲法 日米の攻防」(Pideo_スマホ版画像)

当ブログ関連投稿記事リンク

■ 「NHK世論調査「憲法改正」⇒「必要あると思う」42%、「必要はないと思う」16%で6年前より8ポイント低くい。「どちらともいえない」が39%。 5月3日は憲法記念日です…(投稿日:2013/05/02)

手前味噌になって申し訳ないが、上記の投稿記事はキーワド「nhk 世論調査 憲法」でグーグル検索すると100万件中の3番目ぐらいでヒットする、またキーワド「世論調査憲法」で検索すると200万件中の5番目ぐらいにヒットする(この時点での話ではあるが….)

自衛隊と憲法~日米の攻防~(NHKスペシャル)6  自衛隊と憲法~日米の攻防~(NHKスペシャル)7