<北朝鮮・ミサイル発射実験12年4月を追う>(3)「発射失敗、その後どうなってるのか?」

[4/20追記] 朝鮮日報4/20の記事は、北朝鮮は衛星の打ち上げ継続を表明し、韓国政府消息筋は「北朝鮮はロケットを2基運搬し、東倉里にはまだ1基残っている」と報道している。 2回目の発射実験の可能性があるということだ。 東京新聞4/20も2基目のミサイルに関し同様の報道をしている。

ミサイル:北朝鮮、発射の継続を表明
(朝鮮日報 2012/04/20)

 北朝鮮は19日「光明星3号が軌道に乗らなかった原因について、具体的かつ科学的な解明を終えた。われわれの平和的衛星は、宇宙空間に引き続き力強く打ち上げられるだろう」と発表した。

朝鮮宇宙空間技術委員会は19日、報道官の談話を通じ「世界は、無限大の宇宙空間に休みなく打ち上げられるわが共和国の尊厳ある衛星を見て、自主権守護のための正義と真理の闘争がいかにして勝利するかをはっきり知ることになるだろう」という趣旨の発表を行った。

光明星3号の発射(13日)を敢行した北朝鮮に対し、国連安全保障理事会は16日、強く糾弾する議長声明を採択した。にもかかわらず北朝鮮は、人工衛星の打ち上げに見せ掛けた長距離ミサイルの発射テストを継続することを明らかにしたわけだ。続いて談話では「われわれには宇宙開発機器を最先端の要求に合わせて拡大・強化し、実用衛星を引き続き打ち上げることを含む、総合的な国家宇宙開発計画がある」とも表明した。

韓国政府の消息筋は19日「北朝鮮は、先月24日に平壌の山陰洞ミサイル工場から特殊列車を用いて東倉里発射場に銀河3号ロケットを運搬した際、1基ではなく2基運搬した。今回は発射に失敗したが、もう1基が東倉里試験場の組立棟内に残っている状態」と語った。北朝鮮が運搬した2基目のロケットは、銀河3号と同型だとみられる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/04/20/2012042000470.html

北朝鮮ミサイル発射場にもう1基 失敗挽回で打ち上げも
(東京新聞 2012年4月20日)

【ソウル共同】  韓国政府筋は20日、共同通信に対し、北朝鮮が13日に人工衛星と主張する長距離弾道ミサイルを発射した北朝鮮北西部・東倉里の発射場の施設内に、もう1基のミサイルが残されていると明らかにした。米偵察衛星の情報とみられる。

韓国政府内では、北朝鮮が13日の打ち上げ失敗を挽回するため、引き続き長距離弾道ミサイルを発射する可能性があるとの見方が出ている。

同筋によると、平壌のミサイル工場から発射場に長距離弾道ミサイル2基分の胴体などが列車で運ばれたことが確認され、13日の発射はこのうちの1基。残り1基もまだ発射場の施設内にあると推定されている。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012042001001654.html

[4/17追記]   韓国国防部は4月16日に「北朝鮮の『銀河3号』(テポドン2号)の残骸(ざんがい)捜索・引き揚げ作戦を17日午後5時を期して打ち切る」と発表した(朝鮮日報4/17)。 残念ながら残骸を何も発見・回収ることなく捜索は打ち切られる。

◇ ◇ ◇ 以下は、4月14日から15日に投稿した記事 ◇ ◇ ◇

さて、発射失敗したロケットの残骸回収を米韓の軍隊は急いでいる事だろう。 北朝鮮が黙ってみている訳がない。 武力衝突なんぞが起きなければいいなと思っているのだが…  「北朝鮮ミサイル発射失敗のその後」に焦点をあてて追っていきたい。

<北朝鮮・ミサイル発射実験12年4月を追う>(1)「北朝鮮・弾道ミサイルのおさらい」
<北朝鮮・ミサイル発射実験12年4月を追う>(2)「北朝鮮はまた核実験をするのか?」
<北朝鮮・ミサイル発射実験12年4月を追う>(3)「発射失敗、その後どうなってるのか?」 

[関連情報4・15] <北朝鮮・大型弾道ミサイル公開> ICBMと思われる大型の弾道ミサイルが、軍事パレードで初めて公開された…さらなる実射実験をするかも知れない。

[多少、前置きの蘊蓄(うんちく)を…..読み飛ばして結構です]

日本の政府もメディアも皆同じ。 事への対処が一過性なのだ。 「北朝鮮・ミサイル発射失敗」で話は政府の対応迷走問題へと移っている。 東日本大震災、福島第1原発事故での民主党政権の危機管理“無”能力をみればだれでも分かる話で、ましてや国防のエキスパート・議員のいない民主党政権が迷走したからといて驚く程のことではない。 「やっぱりな~」、だろ。

各メディアは、特にワイドショー系TVは沖縄・石垣島にレポーターを送って用意万端で備えていたつもりが、北朝鮮の不意の早朝ミサイル発射で後手後手にまわり放送予定はメチャクチャ。 政府は一向に「発射確認」ができず、平壌プレスセンターは沈黙、石垣島に警報も流れなかった。

情報の確認のもたつき・遅れに頭にきたTV放送局が流した番組はこんなタイトルになった――「『北朝鮮ミサイル』3・11繰り返し―政府混乱・情報出し渋り」(日本テレビ系「スッキリ!!」)、「日本の警戒システム沈黙!北朝鮮の失敗笑えないトラブル」(モーニングバード)、「『J-ALERT』役立たず!本番で音なし―発射から1分で警報のはずが…」(フジテレビ系「とくダネ!)。

国会議員、政府閣僚、メディアの皆さんにいいたいが…スマホでも持って、リアル・タイムで速報を流す韓国・聯合(れんごう)ニュースのモバイル版(http://japanese.yonhapnews.co.kr/11/9605000000.html)とか米軍・北米航空宇宙防衛司令部(NORAD = North American Aerospace Defense Command)がツイッターで流している情報(http://www.twitter.com/noradnorthcom)をモニターするくらいはしていなかったのかい?  そっちの方が早かったりして???

日本のメディアや野党がまたまた視野の狭い揚げ足取りを始めているが、私は「発射失敗後の朝鮮半島」の動きが非常に気に掛かる。 民主党政権なんぞは「外交能力なし」、「財政能力なし」、「国防能力なし」、「人材なし」、「政権返上・下野(げや)する気なし」というナシ・ナシ政党の烏合集団であり、「ミサイル発射対応の遅れ・迷走」を大きく取り上げるのは時間の無駄というものだ。 てんでんばらばらの民主党はどうにもならん。 早く総選挙。 「ああ くずれてしまえ あとかたもなく…」(みずいろの雨)

それでは本題を….

各メディアや関係国は米軍・北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)の公式発表を基にして北朝鮮ミサイル発射失敗・落下を確認している。 NORADの公式発表はこうだ。


NORAD and USNORTHCOM Acknowledge Missile Launch

April 12, 2012

PETERSON AIR FORCE BASE, Colo. ― North American Aerospace Defense Command and U.S. Northern Command officials acknowledged today that U.S. systems detected and tracked a launch of the North Korean Taepo Dong-2 missile at 6:39 p.m. EDT. The missile was tracked on a southerly launch over the Yellow Sea.

Initial indications are that the first stage of the missile fell into the sea 165 km west of Seoul, South Korea. The remaining stages were assessed to have failed and no debris fell on land. At no time were the missile or the resultant debris a threat. <http://www.norad.mil/News/2012/041212.html>

[米軍・北米航空宇宙防衛司令部(NRAD)は、テポドン2号(Taepo Dong-2)が米国東海岸時間4月12日午後6:39(日本時間4月13日午前7:39であり、ロケットの1段目はソウルの西方165キロの洋上に落下し、地上への破片落下はなかった、発表いしている。]

[チョット寄り道の話]  NRAD(ノーラッド)はコロラド州コロラドスプリングスピーターソン空軍基地に所在する。 私はその昔、その周辺を2回ほど旅行したことがある。 近くには米空軍士官学校(Air Force Academyが)がる。 NRAD(ノーラッド)は北朝鮮と大きな因縁があるといえる。 といのはコロラドスプリングスの隣町がプエブロ(Pueblo)という所で、その町の名前から取ったアメリカ海軍の環境調査艦「プエブロ号」が佐世保を出航し対馬海峡におけるソ連海軍の活動の監視および北朝鮮に対する電波情報収集任務中に、北朝鮮東岸の公海上で北朝鮮の警備艇とミグ21戦闘機の攻撃を受け拿捕(だほ)されるという「プエブロ号事件」が1968年にあったのだ―。 一触即発の状況になり、当時は戦争になるのではないかと政界中が注視した大事件だたのだ。 両国の戦争も辞さない白熱する11か月の交渉の末、82名の乗組員は11ヵ月後に開放されることになるのだが。

<東倉里(トンチャンリ)西海衛星発射場から発射されたテポドン2号ロケットはどこに落ちたのか?>

銀河3号(テポドン2号)の落下地点は、韓国軍によれば韓国西海岸の平沢・群山から100-150キロ沖合とみられている。 地図でいうとこのようになる。

<北朝鮮ミサイル失敗の原因や残骸回収を日本のメディアは報道しているか?>

この時点では残念ながら日本のメディアの報道は失敗の原因や残骸回収・分析に力点を置いていないいない。 メディアは発表が遅れた日本政府への批判にばかり目を向けている。 メディア自身が平和ボケではないか? 事は日本の安全保障の問題だだよ。 のど元過ぎればなんとやら、発射失敗となったその原因もその後の残骸回収も「知ったこっちゃない」。 これではメディアの報道に頼っている多くの国民が「平和ボケ」になるのも無理からぬことだ。   残骸の回収は北朝鮮の軍事力の解析・分析上きわめて重要な事案なのだ。

さすが国防問題に強い産経は、4月13日の深夜には早速「残骸の回収」とそれに伴って予想される軍事的緊張の記事を配信している。 読売新聞はこの事案ににつて4月14日の午前になってから申し訳程度の記事を配信している。 読み比べてみよう。

「欲張った結果、失敗に」軍事アナリスト小川和久氏
(産経 2012.4.13 21:03)

北朝鮮が「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイル発射の失敗に対し、軍事アナリストの小川和久氏は「金日成主席生誕100年のビッグイベントを盛大に成功させようと欲張った結果、失敗した」との見方を示す。

失敗の原因について小川氏は「南向きのコースを取ったのが大きな原因」と分析する。地球の自転を利用できる東向きのコースと異なり、燃料を2割程度多くして推力を増やさなければならないといい、「燃料が増えたことで、強度やバランスがうまく取れず、空中分解した可能性がある」と指摘する。

今回は、事前に外国メディアに発射場が公開されるなど“異例ずくめ”の発射だった。小川氏は「開かれた金正恩体制を世界に示そうとした意味合いが強い」と強調した上で、北朝鮮が失敗を認めた点を挙げ、「(軌道に乗らなかったことで)北朝鮮が自爆装置で爆破した可能性も排除できない」との見解も示した。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120413/kor12041321040037-n1.htm

韓国沖で残骸の回収 軍事的緊張高まる朝鮮半島
(産経 2012.4.13 23:34)

【ソウル=加藤達也】「人工衛星」と称する北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射を受け韓国の金寛鎮国防相は13日午後、国防省で米国のソン・キム駐韓大使、シャーマン在韓米軍司令官と緊急会談した。

韓国はミサイルの発射失敗が朝鮮労働党第1書記に推戴(すいたい)されたばかりの金正恩氏の威信に傷を付け、北朝鮮が軍事挑発に出る可能性を懸念。会談では北朝鮮情勢の分析や有事の際に米韓が共同で行う対応について確認したもようだ。

「発射」の一報を受けたとき、青瓦台(大統領府)で物価関係閣僚会議の最中だった李明博大統領は、その場で外交安全保障関係閣僚会議招集を決めた。会議後記者会見した金星煥外交通商相は「北朝鮮は発射に対する応分の責任を取らなければならない」と言明した。

韓国は米国との取り決めで、保有する弾道ミサイルの射程を300キロと制限されているが、韓国側には「北朝鮮との射程格差が大きすぎる」との認識があり、北朝鮮のミサイル射程には重大な関心を向ける。失敗したとはいえ、今後韓国側が射程延長の要求を強める可能性もある。

韓国軍は同日、ミサイル1段目が落下する見通しだった黄海にイージス艦を展開し不測の事態に備えた。

韓国軍はミサイルの残骸を回収する方針で落下位置の確認を急いでいるが、北朝鮮側は残骸の回収についても「即時に無慈悲な攻撃で断固懲罰する」と警告しており、朝鮮半島の軍事的緊張は高まっている。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120413/kor12041323360044-n1.htm

========================

北朝鮮、ミサイル破片の回収妨害も…防衛副大臣
(読売 2012年4月14日11時51分)

渡辺周防衛副大臣は14日、BS日テレの番組で、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射失敗を受けて米韓両国が破片捜索を始めたことに関連し、「北朝鮮は破片回収を『自国に対する侵害だ』と言ってきた。直近の危機は軍事的緊張を高めてくることだ」と述べ、捜索を妨害するため北朝鮮が軍事行動に出てくる可能性があるとの見方を示した。

また、渡辺氏はミサイル発射を巡る政府の情報提供が遅かったと批判されていることについては「未確認でも出すべきだとの指摘もある。早急に検証しなければならない」と語った。

一方、外務省では14日午前、未明に米国から帰国した玄葉外相らが協議し、北朝鮮の弾道ミサイル発射問題を協議する国連安全保障理事会の理事国などへの働きかけを強めていく方針を確認した。同省は同日午後にも、玄葉氏と中国の楊潔チ(ヤンジエチー)(よう・けつち)外相との電話会談を行う方向で調整している。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120414-OYT1T00333.htm

<北朝鮮ミサイル失敗の原因や残骸回収を韓国のメディアはどう報道しているか?>

韓国・聯合(れんごう)ニュースは今の所なにも配信していない。 しかし、韓国の中央日報と朝鮮日報は結構詳しく報道しているのでそれを時系列で追ってみたい。 (最新記事は末尾に配列)

2012-4-14 09:01  ミサイル:1段目の分離失敗、液体燃料漏れか (朝鮮日報 )
2012-4-14 09:02  ミサイル:2段・3段ロケットの捜索に全力 (朝鮮日報 )
2012-4-14 09:47   北ミサイルの残がい、韓国・群山沖に落下 哨戒艦で位置確認後、潜水救難艦「清海鎮」から特殊部隊を投入(朝鮮日報 )
2012-4-14 10:21  <北ミサイル失敗>原因は燃料もれ? 自動爆破の可能性も (中央日報)
2012-4-14 12:05  <北ミサイル失敗>韓国海軍、潜水士を投入…残骸回収作戦 (中央日報)

■ ミサイル:1段目の分離失敗、液体燃料漏れか
(朝鮮日報 2012/04/14 09:01)(画像クリックで拡大)

13日に北朝鮮が発射した事実上の長距離弾道ミサイル「銀河3号」は、発射から2分15秒後に爆発し、9分7秒後にかけ20個の残がいに分かれ、西海(黄海)上に落下した。北朝鮮も認めざるを得ない「完全な失敗」だった。ロケット専門家は「1段目の異常」「分離の失敗」「発射日程を急いだこと」などを失敗原因として挙げている。

銀河3号の1段目は、爆発後に17の残がいに分かれ、北朝鮮が当初予測した韓国・全羅北道辺山半島沖よりはるかに手前の忠清南道泰安半島沖にばらばらに落下した。

延世大機械工学科の尹雄燮(ユン・ウンソプ)教授は「(1段目の)分離で問題が発生した場合、1段目は燃料を使い果たすため、爆発する可能性は低い」と指摘した。ロケットの打ち上げ失敗事例の56%は、ブースター(1段目)の異常が占める。

1段目の爆発原因としては、推進機関(エンジン)から液体燃料が漏れたか、ターボポンプに異常が生じた可能性が指摘されている。

韓国航空宇宙研究院の「羅老号」発射推進団の趙光来(チョ・ガンレ)団長は「1段目と2・3段目の分離過程で失敗があった可能性も否定できない」と述べた。趙団長は「北朝鮮による(事前の)発表内容などを分析すると、爆発が起きた高度(70.5キロ)と時間(発射後2分15秒後)は、1段目と2・3段目が分離される時間と一致する」と分析した。

このほか、2009年にテポドン2号が推力不足で人工衛星軌道への進入に失敗したことから、今回推力をを高めるため、エンジンを無理に改良し問題が起きた可能性や、ミサイルが軌道を外れたため、北朝鮮が遠隔操作で爆破した可能性、自動爆発システムが作動した可能性を指摘する意見もある。

[日程に無理か]

北朝鮮が政治的な理由で発射を急ぎ、事故が起きた可能性もある。東倉里の発射場に霧がかかっている状態で、当初予定を1日繰り上げた13日朝に発射を強行したことも疑問だ。東倉里の発射場はもともと大型の垂直組み立て棟でミサイルを組み立てた後、発射台に移す構造で設計されたが、垂直組み立て棟が完成せず、タワークレーンで組み立てを行った。固定レーダー施設もなく、移動式レーダーを使った。

韓国政府の関係者は「東倉里発射場の設備の不備を考えると、北朝鮮は発射を急いでいるという印象を受けた。4月11日の金正恩(キム・ジョンウン)氏の第1書記就任、15日の金日成(キム・イルソン)主席生誕100年に合わせ、無理に発射を進め、最終点検などがないがしろにされたのではないか」と述べた。

[技術レベルめぐり論争]

09年4月のテポドン2号は、衛星の軌道進入にこそ失敗したが、2・3段目の切り離しには成功した。しかし、今回は2・3段目の切り離し以前に、1段目の切り離しにも失敗し、空中爆発を起こした。このため、北朝鮮のミサイル技術が後退したのではないかとする指摘も出ている。1998年のテポドン1号発射まで含めると、北朝鮮はこれまで4回の長距離ミサイル発射またはロケット打ち上げにいずれも失敗したことになる。

今回の失敗は、06年7月の失敗とも比較される。当時、テポドン2号は発射から約40秒後、二つに折れ、咸鏡北道花台群舞水端里の発射場の沖に落下した。これについて、韓国軍消息筋は「先進国でも以前打ち上げに成功した発射場で爆発を起こすケースがある。技術的に後退したと断定はしにくい」と述べた。あるロケット専門家は「北朝鮮の長距離ロケット(ミサイル)がまだ西側と比べ外観などが劣るのは事実だが、98年のテポドン1号発射以降、改善が進んでいる」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/04/14/2012041400309.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/04/14/2012041400309_2.html

■ ミサイル:2段・3段ロケットの捜索に全力
(朝鮮日報 2012/04/14 09:02)

韓国西海岸の平沢・群山から100-150キロ沖合に落下したとみられる銀河3号(テポドン2号)の残がいを回収するため、海軍は13日午前から大掛かりな捜索・回収作戦に乗り出した。

墜落した残がいの大まかな位置については、銀河3号発射から54秒後に捕捉した韓国海軍のイージス艦「世宗大王」が、半径10-15キロの範囲内にあることを確認したという。とりわけ三つに大きく破壊した2段・3段ロケットの残がいは回収の可能性が高いことから、これらが落下したとみられる群山沖合で重点的な捜索作業を行っている。ある韓国軍筋は「当初の予想より多くの残がいが落下したため、エンジン部品など北朝鮮の長距離弾道ミサイル技術を把握するに当たり、予想以上の成果を上げられる可能性もある」と述べた。李明博(イ・ミョンバク)大統領も、国防部(省に相当)の金寛鎮(キム・グァンジン)長官に対し、残がいの回収に最善を尽くすよう指示したという。

今回の捜索・回収作戦に、海軍は潜水救難艦「清海鎮」(4300トン)や機雷の捜索・除去を行う哨戒艦4隻など10隻以上の艦船と、P-3C海上哨戒機を投入している。水深40-100メートルの位置に沈んだと推定される残がいの正確な位置は、まず哨戒艦に搭載されている「サイドスキャンソナー(音響探知機)によって突き止める。

哨戒艦で残がいの位置が確認されると、清海鎮と海軍特殊部隊「SSU(海難救助隊)」が現場に投入される。 SSUが引き揚げ可能な海の深さは世界最高だ。清海鎮は水深300メートルで作業が可能な深海用潜水機器と、457メートルまで潜水可能な救助艇(DSRV)を搭載している。1999年3月に南海で韓国海軍に撃沈され、水深150メートルの海底に沈んだ北朝鮮の半潜水艇を引き揚げたのもこれらの装備だ。この際、潜水艇内に残っていた工作員の手帳から、暗号で記載されていた協力者の住所と電話を調べ出し、この協力者を検挙するなどの成果も上げた。

一部では、北朝鮮が残がいを回収する権利を主張する可能性がある、との見方もある。落下した平和利用目的の人工衛星ロケットやその残がいなどは、回収後、それらを発射した国に返還するよう国際的に取り決められているからだ。韓国軍関係者は「銀河3号は人工衛星と偽った長距離弾道ミサイル実験だということは明らかだ。そのためミサイルの残がいを北朝鮮に返還する必要などない」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/04/14/2012041400310.html

■ 北ミサイルの残がい、韓国・群山沖に落下
(朝鮮日報 2012/04/13 09:47)

韓国軍幹部は13日、北朝鮮が同日未明に発射した事実上の長距離ミサイルについて、1段目と2段目が分離せず、数分後にいくつかに分かれ、落下したようだと語った。

同幹部によると、残がいは韓国西海岸の全羅北道群山市の西190-200キロの海上に落下したとみられるという。同幹部は「1段目と2段目が分離しないまま、そこまで飛行したと分析している」と述べた。

北朝鮮からミサイルが発射された直後、韓国軍のイージス艦「世宗(セジョン)大王」が、発射とその後の軌跡を追跡したという。

北朝鮮が発射したミサイルは、発射直後にレーダーから消えた。残がいは一部が北朝鮮側海域に、一部が韓国側海域に落下したとみられる。

韓米の軍当局は現在、北朝鮮のミサイル発射が失敗した原因の解明や残がいの落下地点の特定など詳細な分析を進めている。

日本政府も同日、北朝鮮が発射したミサイルが120キロ上空から落下したとの情報を明らかにした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/04/13/2012041300842.html

■ <北ミサイル失敗>原因は燃料もれ? 自動爆破の可能性も
(中央日報 2012-4-14 10:21)

北朝鮮の長距離ロケット発射は‘無難’に成功すると予想されていた。09年に咸鏡北道(ハムギョンブクド)舞水端里(ムスダンリ)発射場から3864キロ離れた太平洋まで飛ばした経験があったからだ。北朝鮮は当時、2段目のロケット分離まで成功した。1、2段目も予告地点に落ちた。北朝鮮はノドンミサイル4基を連結した1段目発射体を使用した。韓国情報当局者は「4基の発射体からそれぞれ均一な推進力を出させるのは高難度技術」とし「ロケットが大気圏内に再進入する一部の技術さえ確保すれば、米国本土まで飛んで行く大陸間弾道ミサイル(ICBM)保有は時間の問題」と評価していた。

13日に北朝鮮が発射して失敗したロケット「銀河3号」は09年の発射体とほとんど同じと、情報当局は判断している。しかし失敗の原因は確認されていない。残骸物を回収して正確な原因分析をするには時間がかかるというのが当局者の説明だ。

ひとまず北朝鮮が無理に発射を推進したという見方がある。韓国航空宇宙研究院チョ・グァンレ羅老(ナロ)号発射準備推進団長は「飛行中であるロケットには想像できない振動が発生し、燃料供給管に亀裂が発生する可能性がある」とし「構造の欠陥で1段目から燃料が漏れて爆発につながったのかもしれない」と述べた。地上で十分に実験をせずに発射したということだ。09年には予告から44日後に発射したが、今回は準備期間が28日にすぎなかった。技術的に準備された後に発射したのではなく、13日の最高人民会議、15日の金日成(キム・イルソン)誕生日100周年など政治日程に追われた。

新しく建設した東倉里(トンチャンリ)発射場の組立施設の不備による構造欠陥が原因という分析もある。国策研究機関ロケット専門家は「ロケットは高い圧力と速度に耐えられなければならないが、連結部分に亀裂が生じれば爆発につながる」とし「これを防ぐためにレーザーで徹底した検査を行わなければならないが、新しく建設した東倉里施設にはそのような装備がなかったようだ」と述べた。

気象条件も原因に挙げられている。北朝鮮の長距離ロケット発射は98年、06年、09年に続いて今回が4度目。成功したと分析された98年と09年はそれぞれ午後12時7分と午前11時30分に発射している。霧が晴れて湿度が低くなる時間だ。しかし13日午前7時39分の湿度は96%に達した。雨が降る直前の天気だ。湿度が90%以上なら電子装備と電気装置に誤作動が発生するおそれがあり、ロケットを発射する条件ではない。このため、今回の北朝鮮のロケット発射は技術的な準備も不十分で、天気も良くなかったため、「予想された失敗」という指摘が出ている。

飛行中断システム(FTS)作動で空中爆発が発生した可能性もある。ロシアのイタルタス通信はこの日、「1段目のエンジンが予定された2分ではなく約1分間だけ稼働した後、爆発が起きた」とし「操縦システムの異常で自動爆破装置が作動したようだ」と伝えた。エンジン故障による軌道離脱で自動爆破装置が作動したという意味だ。しかし韓国軍当局に確認したロケット軌道には特異事項がなかったという。

http://japanese.joins.com/article/422/150422.html?servcode=500&sectcode=500

■ <北ミサイル失敗>韓国海軍、潜水士を投入…残骸回収作戦
(中央日報 2012-4-14 12:05)

北朝鮮の13日の長距離ロケット発射が失敗に終わった中、韓国軍が平沢(ピョンテク)-群山(クンサン)沖に散らばったと推定される残骸の回収に乗り出した。軍は潜水艦救難艦「清海鎮」(4300トン級)を残骸が落ちた海域に急派した。韓国国防部の関係者は「この海域は私たちの領海ではないが、排他的経済水域(EEZ)」と述べた。

北朝鮮ロケットであることを証明する残骸の確保は政治的に意味が大きい。北朝鮮の挑発とこれに対応した対北朝鮮制裁の強力な根拠になるためだ。軍事的な価値もある。軍当局者は「残骸をできるだけ確保して組み合わせれば、失敗の原因をより具体的に知ることができる」とし「残骸の合金成分を分析すれば、北朝鮮ミサイル製造技術も把握できる」と述べた。中国・ロシアの情報収集艦と偵察機も西海(ソヘ、黄海)上で活動中であることが分かった。

「清海鎮」はこの日午後、海上浮遊物を引き上げたが、ロケットの残骸かどうかは確認されていない。韓国海軍は「清海鎮」の高性能水中音波探知機を利用して水中探索を行い、2010年に韓国哨戒艦「天安(チョンアン)」引き揚げ当時に活躍した海軍海難救助隊(SSU)の深海潜水士を投入して残骸を確認する予定という。海底で残骸が見つかれば、底引網漁船を動員して引き揚げる方針だ。

http://japanese.joins.com/article/426/150426.html?servcode=200&sectcode=200

広告

<北朝鮮・ミサイル発射実験12年4月を追う>(1)「北朝鮮・弾道ミサイルのおさらい」

北朝鮮の「人工衛星の打ち上げ」と称する弾道ミサイルの発射実験がいよいよ迫ってきた。 断片的報道は各社の報道に任せるとして、今回の北朝鮮・ミサイル発射実験を包括的に取り上げてみたい。 先ずは、公開された「衛星発射ロケット」なる“弾道ミサイル”を比較検証し、「北朝鮮・弾道ミサイルのおさらい」をしてみたい。 [最新情報は末尾に掲載]

<北朝鮮・ミサイル発射実験12年4月を追う>(1)「北朝鮮・弾道ミサイルのおさらい」
<北朝鮮・ミサイル発射実験12年4月を追う>(2)「北朝鮮はまた核実験をするのか?」
<北朝鮮・ミサイル発射実験12年4月を追う>(3)「発射失敗、その後どうなってるのか?」 

[関連情報4・15] <北朝鮮・大型弾道ミサイル公開> ICBMと思われる大型の弾道ミサイルが、軍事パレードで初めて公開された…さらなる実射実験をするかも知れない。

北朝鮮は海外メディアに「衛星打ち上げロケット」を4月8日公開した。 場所は平安北道(ピョンアンブクト)・東倉里(トンチャンリ)西海衛星発射場である。

Taepodong「テポドン」とは何か?

テポドンとは北朝鮮の呼び名ではない。 アメリカがそのミサイルの存在を確認した北朝鮮の地名“Taepodong”「大浦洞」(テポドン)からアメリカが付けたコードネームである。 「テポドン1号」は北朝鮮側では“ロケット”として「白頭山1号(ペクトゥサン イルホ)」または「銀河1号(ウンハ イルホ)」と呼ばれている。 「テポドン2号」の改良型と見られ2009年4月に打ち上げられた“ロケット”は、北朝鮮の公式発表では「銀河2号」と呼ばれている。 今回4月発射予告している弾道ミサイルを、北朝鮮は「衛星打ち上げ“ロケット”」とし「銀河3号」と呼称している。 (世界で最も面の皮(ツラのカワ)の厚い国家である。 面の皮の厚さとコピー技術においては世界の最先端を行き、韓国、中国といえども北朝鮮の後塵を拝している。 by Hashgozakura.)

<北朝鮮による過去のミサイル発射実験と今回のミサイル軌道>

■ 北朝鮮・過去のミサイル発射実験

  • 1993年5月29日   北朝鮮は準中距離弾道ミサイル「ノドン1」を日本海に向けて発射実験した。 発射地点は北朝鮮南東部・江原道元山(ウォンサン)。 着弾地点は能登半島北方350km付近と考えられているものの、太平洋に着弾した可能性も後に示唆されている。 なぜか日本・アメリカ両政府は本実験を即座に公表せず、数日後になってから公表した。 本実験の北朝鮮の思惑の一つは、イランに対してミサイルの信頼性を示しノドンと石油の取引を行うことであった。 イランの視察団が実験直前まで発射場にいたとの報道もある。
  • 1998年8月31日   北朝鮮は準中距離弾道ミサイル「テポドン1号」を日本海に向けて発射実験した。 発射地点は北朝鮮咸鏡北道花台郡・舞水端里(ムスダンリ)のミサイル発射施設。 発射されたテポドン1号は津軽海峡付近から日本列島を越えるコースを飛行し、第一段目は日本海に、第二段目は太平洋に落下した。 9月4日、朝鮮中央放送は『人工衛星「光明星1号」を搭載した「白頭山1号(ペクトゥサン イルホ)」ロケットの打ち上げであり、人工衛星の地球周回軌道への投入に成功した』と報道した。
  • 2006年7月5日    2006年7月5日の未明から夕方にかけて、北朝鮮はスカッド、ノドン、テポドン2号の弾道ミサイル計7発を断続的に日本海に向けて発射実験した。 ミサイルはすべて数分後に日本海に着弾。 発射地点は2か所、北朝鮮江原道安辺郡・旗対嶺(キッテリョン、キテリョン)と咸鏡北道花台郡・舞水端里(ムスダンリ)。 発射された3種類のミサイルの内「テポドン2号」は舞水端里(ムスダンリ)から、他のスカッドとノドンは旗対嶺(キッテリョン、キテリョン)からの発射。 この時の発射実験の意図は明確でない。

  • 2009年4月5日    北朝鮮は自称「人工衛星打ち上げロケット銀河2号」、3段式のテポドン2号の改良型弾道ミサイルを東方太平洋に向けて発射実験した。 発射地点は北朝鮮咸鏡北道花台郡・舞水端里(ムスダンリ)のミサイル発射施設。 北朝鮮は3月12日、ロケットが落下する可能性がある地点として1段目は朝鮮半島と日本列島の間の日本海海域、2段目は太平洋を事前通告。 日本政府は日本領域内への落下に備えミサイル防衛による迎撃を検討し、3月27日に防衛大臣から破壊措置命令が発令された。 しかし、レーダーで追尾し日本の領域への被害がないと判断したため迎撃は行われなかった。 北朝鮮は「打ち上げは成功」と繰り返し主張したが、軌道上の物体を監視している北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)は「周回軌道上にそのような衛星はない」と発表した。 人工衛星の打ち上げとしては失敗したとみられている。 発射された弾道ミサイルの呼称は当時、「飛翔体」、「ミサイル」、「人工衛星」、「ロケット」などさまざまであった。 当初「飛翔体」を使用した日本政府は結局「ミサイル」で統一しマスコミもこれに倣(なら)った。

■ 今回のミサイル発射はなぜ舞水端里(ムスダンリ)からではなく東倉里(トンチャンリ)なのか?

過去のミサイル発射実験は東方向に向けて行われている。 テポドンに関しては全て舞水端里からの発射である。 なぜ今回は平安北道(ピョンアンブクト)・東倉里(トンチャンリ)に新たに「西海衛星発射場」を作り南方向に発射するのか? 日本政府内では様々な意見がでているが、時事通信の報道を参照して外務省、防衛省、軍事アナリスト小川和久氏の見方を紹介したい。

  • [外務省]  「米本土に向けて発射すれば、かなり刺激する。北朝鮮はその点を考えている」。外務省幹部は、南向きのミサイル軌道は米国などへの一定の配慮があると指摘する。今回の飛行ルートに関しては、周辺国の領土上空通過を極力避けることで「平和目的の衛星打ち上げ」を印象付ける狙いがあるとの見方が一般的だ。ただ、同幹部は「近くを通る中国にとっては刺激的だ」とも強調する。食料支援をめぐり中朝関係がぎくしゃくする中、中国への何らかの政治的メッセージが込められているとの見立てだ。
  • [防衛省]  「米国への配慮はない」と断言し、軌道よりもミサイルの発射基地に注目する。北朝鮮は過去に利用した日本海側の舞水端里基地ではなく、黄海側に新しく建設された東倉里基地を使うとしており、「東西2カ所からミサイルを撃てることを示したいのだろう」と分析する。 北朝鮮は表向き、「地球観測衛星を打ち上げる」と説明している。ミサイルを南向きに発射するのは、衛星を南極と北極の上空を通る極軌道に乗せようとしているためだ。  極軌道に乗った衛星は、地球の自転を利用して世界全域の上空を通過するため、軍事用の偵察衛星や気象衛星などに使われる。防衛省幹部は「極軌道に乗せるには相当の技術が必要。もし成功した場合は情報収集衛星(の打ち上げ)につながる可能性がある」と警戒する。
  • [軍事アナリスト小川和久氏]  「狙いは二つ。 『平和目的』を強弁し、国際的なイメージをよくするためと、(発射方向を変更して)弾道をそらせば、米本土に届くとアピールするためだ」。

<北朝鮮が保有する長距離ミサイルの種類>

北朝鮮は現在、スカッド(Scud)、ノドン(Nodong)、テポドン1号(Taepodong-1)、テポドン2号(Taepodong-2)の4種類の長距離ミサイルを保有している。

  • スカッド(Scud)   スカッドは旧ソ連が開発したR-11弾道ミサイルとその改良型地対地ミサイルに付けられたNATOコードネームである。 NATOとアメリカ軍はスカッドを次の四種類に分類している(NATOコードネームとDoD番号)―スカッドA(SS-1b)、スカッドB(SS-1c)、スカッドC(SS-1d)、スカッドD(SS-1e)。 スカッドは第二次世界大戦中にドイツが開発したV2ロケットのソ連版拡大コピーであるR-1(SS-1A)を元に製造され、1957年にR-11(SS-1B Scud-A)がソ連陸軍に配備された。 北朝鮮は1976年にエジプトから2基のスカッドBを入手し、*リバースエンジニアリングをおこなって弾道ミサイル技術を習得した。 北朝鮮はスカッドを基にして射程1,000km以上の準中距離弾道ミサイルノドンを開発した。 北朝鮮は以下のスカッドBとCを保有しているものと思われる。 (*リバースエンジニアリングとは簡単に言うと機械を分解したり、再度組立たりして、動作原理や製造方法を調査する手法。  コピー製品に秀でた北朝鮮、中国、韓国が)
  • ノドン(Nodong)   ノドンは北朝鮮が開発した弾道ミサイル、その名称はミサイルが確認された地名からアメリカがつけたコードネーム。 射程約1,000~1,300km といわれ、ほぼ日本全土を射程に収め、配備数は150-320基といわれている。 ノドンは1980年代後半からスカッド・ミサイルを元に開発を開始。1990年代前半には開発完了、1993年5月29日に試射が行われた。 ノドンは1段式の単弾頭移動式弾道ミサイルで燃料は常温保存液体式、ペイロード約0.8t~1.2t、CEP(半数命中半径)は190m~3000m(諸説あり)、発射母体は車両や固定発射施設サイロ。 韓国を攻撃するにはスカッドで十分な為、ノドンの攻撃目標は朝鮮半島で南北の軍事衝突が発生した場合に韓国を救援するであろう在日米軍基地、ならびにそれを支援する自衛隊基地、そして一般市民を目標とした全国市街地だと考えられている。
  • テポドン1号(Taepodong-1)   テポドン1号は射程が1,500km程度と見積もられているため準中距離弾道ミサイル(MRBM)に分類されている、そのミサイルが確認された地名の大浦洞(Taepodong テポドン)からアメリカがつけたコードネームである。 2段式の弾道ミサイルで燃料は液体式、1段目にノドンを、2段目に北朝鮮で開発した改良型スカッドCを使用し、射程は約1500km以上といわれる。 1998年(平成10年)8月31日に咸鏡北道花台郡舞水端里から東へ発射され、津軽海峡付近から日本列島を越えるコースを飛翔した。当初は自衛隊レーダー情報の解析から「着弾」予想地点は秋田県北部(大館市付近)沖とされていたが、後に第1段目は日本海に、第2段目以降は太平洋に落下していたことが判明した。 韓国はスカッド、日本はノドンで十分狙えるため、特にテポドン2号の場合はアメリカが標的の可能性が高い。
  • テポドン2号(Taepodong-2)   テポドン2号は北朝鮮の中距離、あるいは長距離弾道ミサイル。 当初はテポドン1号を発展させたものとされており、アメリカによりテポドン2号と命名された。 現在では、第1段目はノドンを4基束ねたクラスターエンジン、第2段目はソビエト連邦の潜水艦発射弾道ミサイルであるR-27 (SS-N-6)を改良したムスダンを利用したもの、第三段目はよく分かっていないがSS-N-6の姿勢制御用エンジンを利用したとされている。 最大射程は約6000kmでグアムやアラスカなどアメリカ領土の一部も射程におさめると考えられている。 2009年4月5日に舞水端里から発射実験が行われた。 日本が確認したのは発射地点から3100kmまでだったが、弾頭部は4000km以上離れた太平洋上に落下したと見られている。
  • [4・14追加] 北朝鮮のミサイル開発に関しては大陸間弾道弾(ICBM = Intercontinental Ballistic Missile )の開発も疑われているが、4/13のテポドンミサイル発射失敗後このような報道があった。北朝鮮、昨年末からICBM実験か 固体燃料を使用か
    (産経 2012.4.14 17:17)

    韓国のYTNテレビは14日、北朝鮮消息筋の話として、北朝鮮が昨年末から4回にわたり、ミサイル発射施設のある同国北東部の咸鏡北道舞水端里で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)のエンジン燃焼実験を行ったと伝えた。

    実験はミサイルを横に置いた状態で行われた。この状態ではこれまで北朝鮮が使用してきた液体燃料は使えないため、固体燃料が使われたとみられるとしている。

    固体燃料の開発には高い技術が必要だが、成功すれば燃料注入に時間がかからずミサイルの移動も可能になるため、外国が発射の兆候を把握してから攻撃することが難しく、脅威が増すと専門家は指摘している。

    YTNは、このミサイルが「KN-08」と呼ばれていると伝えた。

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/120414/kor12041417180010-n1.htm

  • [関連情報4・15] <北朝鮮・大型弾道ミサイル公開> ICBMと思われる大型の弾道ミサイルが、軍事パレードで初めて公開された…さらなる実射実験をするかも知れない。

<では、日本国自衛隊はどのように北朝鮮のミサイルを迎撃するのか?>

ご存じのように田中防衛大臣により「破壊措置命令」が3月30日発令された。 それに伴って自衛隊は部隊を展開してミサイル防衛(MD)システムでの迎撃対応態勢を完了した。 4月9日、田中防衛大臣は「配備の完了」の報告を迎撃ミサイルの部隊などを指揮する航空総隊司令部の斉藤治和・司令官から受けた。

3月26日在日米空軍横田基地に移転したばかりの航空自衛隊・航空総隊司令部は、北朝鮮が人工衛星としている事実上のミサイルを発射し、一部が日本国内に落下する場合に備えて、イージス艦や地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」の部隊などを一元的に指揮する。 航空総隊司令部の庁舎は在日アメリカ軍司令部に隣接していて、その地下1階には日米共同調整所が設けられており、日米のレーダーなどが捉えた情報を表示する大型の画面や関係部隊と連絡を取るための通信機器などが設置されている。 在日米軍と自衛隊が密接に連携して対応できる体制だ。

すでに報道で皆さん承知のことだが、地上配備型の迎撃ミサイル(PAC3、地対空誘導弾パトリオットミサイル)は宮古島、石垣、沖縄本島の2か所、さらに日本本土の陸自・朝霞訓練場(埼玉)、陸自・習志野演習場(千葉)、と東京・市ヶ谷の防衛省に配備された。 また、海上自衛隊のイージス艦3隻、「きりしま」、「ちょうかい」、「みょうこう」が沖縄に近い東シナ海や日本海に展開中である。 自衛隊の北朝鮮ミサイル迎撃態勢の図解するとこのようになるようだ。

指揮する航空総隊司令部の斉藤治和・司令官とはこの人だ。

[追加情報] 韓国・聯合(そうごうれんごう)ニュース「北朝鮮ミサイル」関連をを時系列で追う。 この下に各見出しをリストアップ、記事本文はそのリストの下に掲載。 最上段に最新記事を配列するChlonological Order。

2012/04/13 16:09  <北朝鮮ミサイル 爆発で20以上に空中分解か>
2012/04/13 13:16  <北朝鮮ミサイル 発射から1~2分後に空中爆発>
2012/04/13 13:14  <「光明星3号」の軌道進入失敗認める=朝鮮中央通信>
2012/04/13 12:13  <速報:「光明星3号」の軌道進入 失敗認める=北朝鮮>
2012/04/13 10:05  <北朝鮮ミサイル 「数分後バラバラに」=韓国軍>
2012/04/13 09:28  <北朝鮮ミサイル 全北・群山西方沖に破片落下=韓国軍>
2012/04/13 09:01  <北朝鮮ミサイル発射は失敗か レーダーから消える>
2012/04/13 08:55  <北朝鮮のミサイル 発射数分後に墜落=韓国国防部>
2012/04/13 08:36  <北朝鮮が長距離ミサイル発射 韓国「成功可否を確認中」>
2012/04/13 08:23  <速報:米高官、北朝鮮ミサイル発射「失敗した模様」=CNN>
2012/04/13 08:18  <北朝鮮 長距離ミサイル発射=午前7時39分>
2012/04/13 08:03  <北朝鮮 長距離ミサイル発射=韓国情報当局者>
2012/04/13 07:56  <速報:北朝鮮 長距離ミサイル発射>
2012/04/12 18:19  <北朝鮮ミサイル 点火燃料の注入まだ=14日発射有力>
2012/04/12 17:25    <北朝鮮ミサイル 予告初日の発射は見送り>
2012/04/10 17:16  <朝鮮がロケット発射準備完了「隣国に害はない」>

2012/04/09 13:56  <北朝鮮の「衛星」打ち上げ 一両日中にも燃料注入か>

■ 北朝鮮ミサイル 爆発で20以上に空中分解か
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 16:09 KST)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が13日に発射した長距離弾道ミサイルは上空で爆発し、2、3段目が3個に、1段目が17個に空中分解していたことが分かった。

韓国政府の消息筋によると、初めに1段目のブースター(噴射装置)が爆発し、最高高度から下降するときに2回目の爆発が起きて2、3段目が空中分解した。また、レーダーで捉えられていないものもあり、ミサイルの残骸は20を超えるとみられるという。

一方、国防部は報道資料を通じ「韓米は北朝鮮の核実験やさらなる挑発の兆候を24時間監視する」と明らかにした。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413004800882.HTML


■ 北朝鮮ミサイル 発射から1~2分後に空中爆発
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 13:16 KST)

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部のシン・ウォンシク政策企画官は13日の会見で、「北朝鮮の東倉里発射基地で午前7時39分に発射された長距離ミサイルは1~2分程度飛行して空中で爆発した。弾道ミサイル実験は失敗した」と明らかにした。

また、ミサイルは白ニョン島上空の151キロ地点から落下を始め、バラバラになったと説明した。ロケットの破片は韓国西部の平沢から群山の西100~150キロメートルの洋上に落ちたようで、現在まで韓国側の被害は確認されていないという。

 北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)もこの日声明を通じ、北朝鮮が発射したミサイルは韓国黄海に墜落し、陸地への被害はなかったと発表した。

北朝鮮は午前11時40分現在まで公式発表をしていない。北朝鮮は金正恩(キム・ジョンウン)新体制発足の「祝砲」としてミサイル発射を推進。自信に満ちて外信記者まで平壌に招いたが、失敗に終わり苦境に陥ることになった。北朝鮮は1998年と2009年に「光明星」1、2号を打ち上げた際にも、「軌道進入成功」を主張したが、実際には2回とも失敗した。

北朝鮮のミサイル発射と関連しては、韓国政府はもちろん、国際社会は域内安保を脅かす挑発行為だと強く非難した。外交通商部の金星煥(キム・ソンファン)長官はこの日、韓国政府の声明を発表し、北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射を「国連安全保障理事会決議1874の明白な違反であり、朝鮮半島と北東アジアの平和・安全を脅かす挑発行為」と批判した。

特に、「韓国政府は、北朝鮮の新指導部が国際社会の発射撤回要求を無視して強行したことを強く糾弾する」としながら、「北朝鮮はこれに対する応分の責任を負うべき」と強調した。

米ホワイトハウスも声明を通じ、「ミサイル発射が失敗したが、今回の挑発行為は地域安保を脅かし、国際法規と約束を違反したもの」と非難し、日本の藤村修官房長官は北朝鮮に対する日本の独自的な追加制裁を検討していると明らかにした。

国連安全保障理事会はこの日午後11時(日本時間)、緊急会議を招集し、北朝鮮のミサイル発射に対する糾弾と追加制裁などの対応策を協議する。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413003400882.HTML


■ 「光明星3号」の軌道進入失敗認める=朝鮮中央通信
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 13:14 KST)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が13日、衛星「光明星3号」が打ち上げられたが、軌道進入に失敗したと認めた。

朝鮮中央通信はこの日午後12時3分に「初の実用衛星『光明星3号』の打ち上げが13日午前7時38分55秒に平安北道鉄山郡の衛星発射場で行われたが、衛星の軌道進入は成功できなかった」と明らかにした。

また、科学者、技術者、専門家たちが失敗の原因を究明しているという。朝鮮中央テレビもこの日午後12時11分ごろ、緊急報道として朝鮮中央通信の報道内容を伝えた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413003700882.HTML


■ 速報:「光明星3号」の軌道進入 失敗認める=北朝鮮
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 12:13 KST)

速報:「光明星3号」の軌道進入 失敗認める=北朝鮮

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413003500882.HTML


■ 北朝鮮ミサイル 「数分後バラバラに」=韓国軍
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 10:05 KST)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が13日、国際社会の懸念と非難の中で長距離ミサイルの発射を強行したが、失敗したと把握されている。

北朝鮮はこの日午前7時39分ごろ、平安北道・東倉里のミサイル基地で人工衛星「光明星3号」を搭載したと主張するロケット「銀河3号」を発射した。韓国国防部報道官は、「発射から数分後に空中でバラバラになって墜落したと推定している」と説明。韓米情報当局は現在としては北朝鮮のミサイル発射が失敗したと判断していると伝えた。

 軍高官も「ロケットの破片が、全羅北道・群山の西190~200キロメートルの洋上に落ちたようだ。1段目と2段目が切り離されないまま、そこまで飛翔したものと分析される」と話した。

韓米情報当局は現在、失敗の原因と破片の落下地点などを精密分析している。一方、北朝鮮側は午前9時現在、ミサイル発射と関連するコメントを発表していない。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413002100882.HTML


■ 北朝鮮ミサイル 全北・群山西方沖に破片落下=韓国軍
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 09:28 KST)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が人工衛星を搭載したと主張する長距離ロケットは13日に発射された後、1段目と2段目が切り離されないまま分解し、全羅北道・群山西方沖に落下したもようだ。

韓国軍関係者は「ロケットの破片が、群山の西190~200キロメートルの洋上に落ちたようだ。1段目と2段目が切り離されないまま、そこまで飛翔したものと分析される」と話した。

ロケット発射直後、韓国軍「世宗大王艦」が最初にロケット発射と軌道を探知、追跡したとされる。韓米の軍当局は現在、北朝鮮のロケット発射が失敗した原因や破片の落下地点などを分析している。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413001900882.HTML


■ 北朝鮮ミサイル発射は失敗か レーダーから消える
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 09:01 KST)

【ソウル聯合ニュース】韓国軍高官は13日、北朝鮮が人工衛星「光明星3号」を搭載したと主張するロケット「銀河3号」の発射が失敗したようだと明らかにした。

ロケットは同日午前7時39分ごろに打ち上げられたが、発射直後に韓米の追跡レーダーから突然消えたため精密分析を行ったという。同高官は「海上に墜落したとみられるが正確な内容を分析中だ」と述べた。ロケットの1~3段目の分離も行われなかったという。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413001200882.HTML


■ 北朝鮮のミサイル 発射数分後に墜落=韓国国防部
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 08:55 KST)

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部報道官は13日、北朝鮮の長距離ミサイル発射と関連し、「発射から数分後に空中でバラバラになって墜落したと推定している」と明らかにした。

また、韓米情報当局は現在としては北朝鮮のミサイル発射が失敗したと判断していると説明。最終確認後に再び発表するとした。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413001000882.HTML


■ 北朝鮮が長距離ミサイル発射 韓国「成功可否を確認中」
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 08:36 KST)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が13日午前、人工衛星「光明星3号」を搭載したと主張するロケット「銀河3号」を発射したことが確認された。

韓国国防部報道官は会見で、「北朝鮮が午前7時39分ごろ、長距離ミサイルを発射したものと確認された」と明らかにした。発射が成功したかどうか、韓米の情報当局が確認にあたっているという。

情報当局の関係者も「北朝鮮が長距離ロケットを発射した。現在、軌道を追跡中」と話している。

韓国政府は北朝鮮のロケット発射直後、仁川・白リョン島の住民に避難令を出した。

北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会は、ロケットは気象観測用の衛星を軌道に乗せる推進体にすぎないと主張してきたが、韓国や日米など国際社会は長距離ミサイル実験とみなし、発射の中止を求めてきた。

当初、韓国の軍と情報当局は、北朝鮮が14日ごろ発射する可能性が高く、時間帯も大気中の湿気が減る正午ごろになるとみていた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413000800882.HTML


■ 速報:米高官、北朝鮮ミサイル発射「失敗した模様」=CNN
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 08:23 KST)

速報:米高官、北朝鮮ミサイル発射「失敗した模様」=CNN

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413000400882.HTML


■ 北朝鮮 長距離ミサイル発射=午前7時39分
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 08:18 KST)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が13日午前、衛星「光明星3号」を搭載したと主張するロケット「銀河3号」を発射したことが確認された。

韓国の情報当局者は「北朝鮮が長距離ロケットを発射した。現在軌道を追跡している」と伝えた。北朝鮮はこの日午前7時39分、平安北道・東倉里の発射台から同ロケットを発射したとされる。

北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会は同ロケットが気象観測用の衛星を軌道に乗せる推進体にすぎないと主張してきたが、韓国や日米など国際社会は長距離ミサイル実験とみなし、中止を求めてきた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413000300882.HTML


■ 北朝鮮 長距離ミサイル発射=韓国情報当局者
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 08:03 KST)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が13日午前、人工衛星「光明星3号」の推進体と主張する長距離ミサイルを発射したことが確認された。

韓国の情報当局者は「北朝鮮が長距離ミサイルを発射した。現在軌道を追跡している」と伝えた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413000200882.HTML


■ 速報:北朝鮮 長距離ミサイル発射
(韓国・聯合ニュース 2012/04/13 07:56 KST)

速報:北朝鮮 長距離ミサイル発射

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04/13/0300000000AJP20120413000100882.HTML


■ 北朝鮮ミサイル 点火燃料の注入まだ=14日発射有力
(韓国・聯合ニュース 2012/04/12 18:19 KST)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が「衛星打ち上げ」名目で予告している長距離弾道ミサイルの発射について、12日現在、衛星を発射するための点火用燃料の注入が終わっていないことが分かった。韓国政府の消息筋が明らかにした。

この消息筋は、ミサイル推進体への燃料注入は11日に終わったが、点火用燃料(始動燃料)の注入が済んでいないとした上で、「始動燃料は発射の1日前に注入される」と述べた。13日に点火用燃料を注入し、14日に打ち上げられると予想した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/04/12/0200000000AJP20120412004300882.HTML


■ 北朝鮮ミサイル 予告初日の発射は見送り
(韓国・聯合ニュース 2012/04/12 17:25 KST)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が「衛星打ち上げ」名目で予告している長距離弾道ミサイルの発射期間(12~16日)初日を迎えた12日、実施時間帯となる午前7時から正午(日本時間同)までに発射は行われなかった。韓国政府当局者が伝えた。

当局者は「気象状況や政治日程を考えると、14日に発射する可能性が高いとの見方が多い。だが、発射には政治日程より気象状況が重要なため、いつでも発射の可能性はある」と説明した。

北朝鮮は13日に国会に相当する最高人民会議を開き、15日には故金日成(キム・イルソン)主席の生誕100周年を祝う大規模パレードを予定しているため、専門家らは14日午前の発射が有力とみている。

気象庁によると、発射場がある平安北道鉄山郡東倉里は13、14日ともにおおむね晴れで、風も強くないという。

北朝鮮が打ち上げロケットに注入した液体燃料は推進力を高める酸化剤を多く含んでおり、3~4日ほどでロケット内部を腐食させる可能性があるため、遅くとも14日までに発射せざるを得ない見通しだ。発射時間帯は、大気中の湿気が少なくなる正午ごろが有力とされる。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/04/12/0200000000AJP20120412003800882.HTML


■ 北朝鮮がロケット発射準備完了「隣国に害はない」
(韓国・聯合ニュース 2012/04/10 17:16 KST)

【ソウル聯合ニュース】 北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会のリュ・グムチョル副所長は10日、平壌で外信記者向けに会見し、実質的な長距離弾道ミサイルの発射となる衛星「光明星3号」の打ち上げ準備を全て完了したと明らかにした。AP通信などが平壌発で報じた。

リュ副所長は、故金日成(キム・イルソン)主席の生誕100周年(4月15日)を記念する行事の一環として、予定通り12日から16日の間に打ち上げると重ねて表明した。

また、光明星3号は地球観測に向けた平和目的の衛星だとし、衛星を搭載した1段目、2段目のロケットは予定された地点に落下すると主張。衛星の打ち上げは北朝鮮の宇宙探査プログラムを平和的に発展させていくためのものだと述べ、「打ち上げで隣国に害を与えることはない」と強調した。

落下地点については、1段目ロケットはフィリピンの陸地から160キロ、2段目ロケットは190キロ離れた海域にそれぞれ落下するとし、「弾道などに問題が生じた場合、ロケットは自爆するよう設計されている」と説明した。

リュ副所長は特に「衛星の打ち上げがミサイル実験を隠ぺいするためだという非難は話にならない」と、国際社会の批判に反論した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04  /10/0300000000AJP20120410003500882.HTML


■ 北朝鮮の「衛星」打ち上げ 一両日中にも燃料注入か
(韓国・聯合ニュース 2012/04/09 13:56 KST)

【ソウル聯合ニュース】 北朝鮮が一両日中にも、長距離弾道ミサイル発射とみられる衛星「光明星3号」の打ち上げに向け、衛星を載せるロケット「銀河3号」の燃料注入に入る見通しであることが分かった。

韓国政府当局者は9日、聯合ニュースの電話取材に対し、「北朝鮮はロケットを3段目まで発射台に設置した。燃料注入作業だけが残っている。燃料注入に2~3日かかることを勘案すると、一両日中に燃料注入を始めるとみられる」と述べた。

また別の韓国政府関係者は、北朝鮮がロケットを発射する時期について、当日の天気が打ち上げを左右する要素になるとした上で、「発射日は北朝鮮が決めるだろうが、15日に迎える金日成(キム・イルソン)主席の100回目の誕生日前になる可能性が高い」との見方を示した。

韓国政府は、北朝鮮がロケットの取材を希望する海外メディアに対し12日までに平壌入りするよう通知したことや主要行事の日程などを考慮すると、打ち上げ日は13~14日が最も有力だとみているという。

実際、北朝鮮は11日の朝鮮労働党代表者会をはじめ、13日の最高人民会議で新指導者の金正恩(キム・ジョンウン)氏に公式的な地位を与え、15日の金主席の誕生日には「強盛大国元年」を宣布する計画だ。

また、北朝鮮が咸鏡北道吉州郡豊渓里の核実験場で3度目の核実験を準備しているとされる中、韓国政府は北朝鮮が高濃縮ウランを利用した核実験を行う可能性についても注視している。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/04 /09/0300000000AJP20120409001600882.HTML