平均寿命男女とも過去最高、男性は初の80歳超え

去年(2013年)の日本人の平均寿命は男性が80.21歳と初めて80歳を超え、女性も86.61歳と2年連続で世界1位となった。

厚生労働省が7月31日に発表した「簡易生命表」によると、去年の日本人の平均寿命は、男性が80.21歳、女性が86.61歳で、おととしと比べて男性は0.27歳、女性は0.20歳上回り、いずれも過去最高を更新した。

男性の平均寿命は初めて80歳を超え、香港、アイスランド、スイスに次いで世界4位となっている。 女性は2年連続で世界1位となった。 男性と女性の平均寿命の差は6.40歳で一昨年より0.07歳縮まった。

平均寿命が女性だけでなく男性も80歳を超えたのは、世界でも香港やスイスなど一部の国や地域に限られていて日本人の長寿は世界のトップレベルとなっている。

日本人の平均寿命の推移グラフ_厚労省2014年7月31日発表「簡易生命表」より
厚労省は毎年1回、各年齢の人が平均してあと何年生きられるかを表す「平均余命」の見込みを計算していて、そのうち0歳の平均余命が平均寿命となる。平均寿命を押し上げたのは、各年齢でがんや心疾患、脳血管疾患、肺炎の死亡状況が改善したためという。

ソース:

■ NHK 「日本人男性の平均寿命80歳超える」 (7月31日 15時06分」 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140731/t10013435871000.html

■ 朝日新聞 Apital 「日本人男性の平均寿命、初の80歳超え 女性も過去最高」(2014年7月31日) http://apital.asahi.com/article/news/2014073100009.html


厚生労働省2014年7月31日発表の「平成25年簡易生命表の概況」サイト ⇒ http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life13/index.html へ行くと、発表された各種のデータ、グラフ等を閲覧することができる。 その中から、以下の表を掲載します――

平均余命表_厚生労働省2014年7月31日発表の「平成25年簡易生命表の概況」より平均寿命の年次数表_厚生労働省2014年7月31日発表の「平成25年簡易生命表の概況」より特定年齢まで生存する者の割合の表_厚生労働省2014年7月31日発表の「平成25年簡易生命表の概況」より

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中