血液型と性格は無関係<日米1万人の意識調査を分析>⇒九州大の縄田健悟講師(社会心理学)が日本心理学会の機関誌「心理学研究」に発表した研究成果

読売新聞の記事「血液型と性格『関連なし』…九州大講師が解析」によると――血液型と性格の関連性に科学的根拠はないとする統計学的な解析結果を、九州大の縄田健悟講師(社会心理学)が発表した。

日米の1万人以上を対象にした意識調査のデータを分析した。「A型の人は真面目」「B型は自己中心的」といった血液型による性格診断は、国内で広く信じられているが、就職や人事などで差別される「ブラッドタイプ(血液型)・ハラスメント」の問題も指摘されており、一石を投じそうだ。

研究成果は6月25日に発行された日本心理学会の機関誌「心理学研究」に掲載された。

血液型による性格診断が広まった流れ_年表縄田講師によると、血液型と性格を結びつける考え方は国内では流布しているが、海外ではほとんど知られていない。1970年代に出版された関連本がきっかけで、その後もテレビ番組などで紹介されたことで広がったという。

縄田講師は、経済学分野の研究チームが、2004~05年に日米の1万人以上を対象に、生活上の様々な好き嫌いなどを尋ねた意識調査に、回答者の血液型が記載されていることに注目。血液型によって回答に違いがあるかどうかを解析した。

その結果、「楽しみは後に取っておきたい」「ギャンブルはすべきではない」など、計68項目の質問に対する回答のうち、血液型によって差があったのは「子供の将来が気にかかる」などの3項目だけで、その差もごくわずかだった。このため「無関連であることを強く示した」と結論づけた。

血液型と性格「関連なし」…九州大講師が解析 _ 科学 _ 読売新聞(YOMIURI ONLINE)_20140719血液型を巡っては、特定の血液型の人格が否定的にとらえられる例があり、問題視されている。厚生労働省によると、採用面接などで血液型を尋ねられるケースは後を絶たず、同省は「血液型は職務能力や適性とは全く関係ない」として、血液型を質問しないよう企業に求めている。大阪労働局によると、採用試験の応募用紙に血液型などの記入欄を設けていた企業に対し、是正するよう行政指導した例があるという。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20140719-OYT1T50087.html

日本でなぜ「血液型性格分類」が広まったのか?

日本での血液型と性格との関連性があるとの主張は、大正期から昭和初期に古川竹二教授が発表した「血液型による気質の研究」(1927年)や著書「血液型と気質」(1932年)が源流となっているといえよう。 1971年に古川に影響を受けた能見正比古が『血液型でわかる相性』など一連の世間向けの著作を発表・出版。これによって世間に広く知られる元になった。この本で説を根拠づけるために能見正比古は様々な調査を挙げていき独自の理論を展開したが、これらも論拠を伴っていないものであり、多くの専門家や学会からは無視されている。 しかし、テレビ番組は頻繁に血液型気質相関説を紹介していた。 例えば捏造で話題となった『発掘!あるある大事典』の報道が代表として挙げられる。 その内容はスタッフの都合によって作られた捏造だらけのものであったことが、過去のニュースで取り上げられた。 地上アナログ放送では2004年2月21日からの1年間だけでも、約70本もの血液型性格関連説に関するテレビ番組が放映されたという。 (出典: Wikipedia 「血液型性格分類」

九州大の縄田健悟講師の研究成果が掲載された日本心理学会の機関誌「心理学研究」を調べてみた。 まず、日本心理学会のHP(http://www.psych.or.jp/index.html)へ行って機関誌「心理学研究」を調べてみると、Vol.85 No.2に掲載されていることが分かった。 下記にあるように論文名は「血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠」――

日本心理学会・機関紙「心理学研究」_キャプチャ論文名「血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠」の一部をこのリンクからPDF版で読むことができる ⇒ http://www.psych.or.jp/publication/journal_pdf/8502/8502_05.pdf。 以下はそのキャプチャ画像――

「血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠」論文のキャプチャ画像報道では「九州大の縄田健悟(なわた・けんご)講師」となっているのだが、論文には「京都文教大」となっている。 どういう事なのか気になったので調べてみた。 縄田健悟(なわた・けんご)氏は心理学の博士号を持っておられ、ブログを立ち上げている。 そのブログのプロフィールによると、2013年4月から2014年3月までは京都文教大学・総合社会学部講師だったようだ。 その時に論文を出したものと思われる。ちなみに、2014年4月から「九州大学<持続可能な社会のための決断科学センター>」の講師となっている。 http://nawatakengo.web.fc2.com/profile.htm

縄田健悟(なわた・健吾)・心理学者・プロフィール

血液型だけでなく、様々な身体的特徴や日常の言動を性格分析に結び付けようとする動きは後を絶たない。また血液型による性格分析と血液型占いとを混同している場合も少なくない。 アホなTV番組の助長によって、いったん広まった俗説が完全に消えるのはかなり難しいだろう。 私の妻(54)と娘(24)は血液型性格説をかなり信じている。 この新聞記事を読ませたのだが、彼女らの信念は微動だにしなかった….

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中