STAP細胞、冷凍庫に「ES」容器⇒理研の小保方晴子ユニットリーダーらが使っていた研究所内冷凍庫からESと書かれたラベルを貼った容器が見つかり、STAP細胞を培養したとする細胞と遺伝子の特徴が一致した。

STAP細胞問題> 理研の小保方晴子ユニットリーダーらが使っていた研究所内冷凍庫からESと書かれたラベルを貼った容器が見つかり、STAP細胞を培養したとする細胞と遺伝子の特徴が一致した、とNHKニュースが報じている。 若山教授の6月16日の会見で公表した「第三者機関の解析結果」と相まって、「STAP細胞=ES細胞」という疑惑は大詰めを迎えつつあるようだ。 NHKニュース<STAP問題 冷凍庫に「ES」容器>のクリップ記事を掲載する前に、若山教授のマウスと小保方氏のSTAP細胞の関係を少々おさらいしてみましょう――

STAP細胞問題_若山教授のマウスと小保方STAP細胞の遺伝子情報の不一致_画像01STAP細胞問題_若山教授のマウスと小保方STAP細胞の遺伝子情報の不一致_画像01-1STAP細胞問題_若山教授のマウスと小保方STAP細胞の遺伝子情報の不一致_画像02STAP細胞問題_若山教授のマウスと小保方STAP細胞の遺伝子情報の不一致_画像03STAP細胞問題_若山教授のマウスと小保方STAP細胞の遺伝子情報の不一致_画像04STAP細胞問題_若山教授のマウスと小保方STAP細胞の遺伝子情報の不一致_画像05STAP細胞問題_若山教授のマウスと小保方STAP細胞の遺伝子情報の不一致_画像06

では、NHKニュース<STAP問題 冷凍庫に「ES」容器>のクリップ記事――

STAP問題 冷凍庫に「ES」容器
(NHK 6月16日19時51分)

STAP問題 冷凍庫に「ES」容器_NHKニュース6月16日_画像01

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらが使っていた研究所内の冷凍庫から「ES」と書かれたラベルを貼った容器が見つかり、中の細胞を分析したところ、共同研究者の若山教授の研究室で保存されていたSTAP細胞を培養したものだとする細胞と遺伝子の特徴が一致したとする分析結果がまとまっていたことが分かりました。

理化学研究所の関係者によりますと、分析結果をまとめたのは、小保方リーダーが所属する神戸市の理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの研究者らのグループです。

STAP問題 冷凍庫に「ES」容器_NHKニュース6月16日_画像02それによりますと、センター内にある小保方リーダーらが使っていた冷凍庫の中から「ES」と書かれたラベルを貼った容器が見つかり、中にあった細胞の遺伝子を詳しく分析しました。

STAP問題 冷凍庫に「ES」容器_NHKニュース6月16日_画像03その結果、この細胞には15番目の染色体に緑色の光を出す遺伝子が入っている特徴のあることが分かったということです。

STAP問題 冷凍庫に「ES」容器_NHKニュース6月16日_画像04共同研究者の若山照彦山梨大学教授は16日記者会見を行い、小保方リーダーが作製したSTAP細胞を培養したものだとする細胞を分析した結果、緑色の光を出す遺伝子が、15番染色体に組み込まれていて、これまで若山教授の研究室で小保方リーダーがSTAP細胞の作製に使っていたマウスの細胞とは特徴が異なることが分かったと発表しています。 (当ブログ投稿「分析結果、STAPの存在否定<若山教授・記者会見>」を参照。)

STAP問題 冷凍庫に「ES」容器_NHKニュース6月16日_画像05 STAP問題 冷凍庫に「ES」容器_NHKニュース6月16日_画像06

今回の分析結果について理化学研究所は、「小保方研究室で見つかったESと書かれたラベルの細胞とSTAP細胞から作ったという細胞の特徴が一致したのは事実だ。これだけでSTAP細胞がES細胞だったと結論づけることはできないが、今後さらに詳しく検証を進めていきたい」とコメントしています。

■ 弁護士「コメントできない」

STAP問題 冷凍庫に「ES」容器_NHKニュース6月16日_画像07理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーの代理人を務める三木秀夫弁護士は、山梨大学の若山教授が行った記者会見について、「内容を把握していないので何もコメントできない」としています。 また、理化学研究所による分析で新たな事実が分かったことについても「私も小保方さんも理化学研究所から何も聞いておらず、詳しいことも分からないのでコメントできない」としています。

■ 専門家「本人みずから説明を」

STAP問題 冷凍庫に「ES」容器_NHKニュース6月16日_画像08 STAP問題 冷凍庫に「ES」容器_NHKニュース6月16日_画像09

これについて日本分子生物学会の副理事長で九州大学の中山敬一教授は、「これまではSTAP細胞はあるという前提で話が進んでいたが、今回の分析結果は実際にはES細胞だった可能性を強く示している。こうしたデータが明らかになった以上、ミスでは説明がつかず、人為的な混入も考えられるので、小保方さんや笹井さんがみずから会見し、説明するのが科学者としての義務だ」と指摘しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140616/k10015263331000.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中