いつ飛ぶ、ミニスカCA・スカイマークのA330⇒就航を3度延期、今度は6月14日初飛行とか…3度目の正直となるでしょうか?飛べない理由は準備不足で国交省の認可おりず!?

なかなか飛ばない「ミニスカCA・スカイマークのA330」。 3月25日就航を3度延期⇒4月18日⇒5月31日⇒6月14日。 なぜ飛ばない? 飛べない理由は準備不足で国交省の認可おりず…オホホ―(小保方)です=準備不足!

ミニスカCAを乗務させるスカイマークのA330は話題をさらい、宣伝効果は抜群でした。 そのためニスカCAが乗務する羽田~福岡路線の予約も上々でしたが、3度の延期で予約客も怒り心頭です。 スカイマークは3度目の延期を5月16日に発表しましたが、本当に6月14日には飛ぶのでしょうか?

スカイマーク、新制服はミニスカ|A330就航3  スカイマークA330|ミニスカCA

スカイマークのA330就航に国交省航空局の認可がおりない理由を整理すると――

● スカイマークは、これまで米ボーイング社製の機材しか運航した経験がない。メーカーごとに整備方式が異なるため、「規定集を根本から作り替えなければならなかった」ため時間がかかっている。

● スカイマークはA330の運航では、寄航地(福岡)に整備士を置かない。このため、乗務員に別途、特殊な訓練が必要になり、準備に時間を要している。

● 機長の人数が足りていない。 A330を2機運航するためには、通常10人は必要とされるが、5月20日時点で5~6人しか確保できていない。 スカイマークでは、「6月頭には10人になる予定」としているが…。

● 4月29日のテストフライトにおいて、部品の不具合で、燃料漏れが確認される事態となった。

(ソース: http://diamond.jp/articles/-/53783)

ちなみに、羽田-福岡線の運航スケジュール(6月14日から6月28日)は以下のようになっているそうです――

羽田→福岡
BC003 羽田(07:40)→福岡(09:35)A330運航便
BC007 羽田(09:20)→福岡(11:10)
BC009 羽田(11:15)→福岡(13:05)A330運航便
BC013 羽田(12:35)→福岡(14:30)A330運航便*
BC015 羽田(13:45)→福岡(15:40)
BC017 羽田(15:05)→福岡(17:00)
BC019 羽田(16:05)→福岡(18:00)A330運航便
BC021 羽田(17:25)→福岡(19:15)A330運航便*
BC025 羽田(18:35)→福岡(20:30)
BC027 羽田(20:00)→福岡(21:55)
* 013便と021便は6月16日から20日まで737で運航

福岡→羽田
BC004 福岡(09:00)→羽田(10:35)
BC008 福岡(10:15)→羽田(11:50)A330運航便
BC010 福岡(11:50)→羽田(13:25)
BC012 福岡(13:45)→羽田(15:20)A330運航便
BC016 福岡(15:10)→羽田(16:45)A330運航便*
BC018 福岡(16:20)→羽田(17:55)
BC020 福岡(17:40)→羽田(19:15)
BC022 福岡(18:45)→羽田(20:20)A330運航便
BC024 福岡(19:55)→羽田(21:30)A330運航便*
BC026 福岡(21:10)→羽田(22:45)
* 016便と024便は6月16日から20日まで737で運航

(ソース: http://www.aviationwire.jp/archives/36833

スカイマークは大丈夫なのでしょうか? ダイヤモンドOnlineの記事「スカイマークの業績に暗雲 “ミニスカ便”3度目の延期」(2014年5月29日)によりますと――

目下、スカイマークの業績は急降下している。2013年度は、25億円の営業赤字に終わった。

そして、新たに導入したA330、2機のリース料の支払いが始まっている。A330のリース料はボーイング737の約2倍と高額だ。一方、商業運航していないため、収入は全く入ってこない。

しかも、書き入れ時のゴールデンウイークを逃してしまった。収益を改善するには、A330の一日も早い商業運航が欠かせない。

2014年度、スカイマークの資金繰りはさらに苦しくなる。

国内線に投入するA330に加えて、国際線に世界最大の旅客機A380を導入するためだ。14年度は、A380関連で400億円もの支払いを迫られる。

現在、スカイマークは、欧州でECA(輸出信用機関)の保証付きの借り入れを検討している。だが、万が一、借り入れができないと、経営の危機にひんすることにもなりかねない。

市場関係者の話によると、すでにANAホールディングスや日本航空、米デルタ航空が、スカイマークへの出資に関心を示しているという。

国土交通省関係者はこう指摘する。「客室乗務員の制服なんかに心血を注いでいる場合じゃない。航空会社が本来やるべき、運航体制の確立にこそ、本腰を入れて取り組むべきだ」。もっともである。

http://diamond.jp/articles/-/53783?page=2

時間のある方は投稿記事 スカイマーク、新制服はミニスカ⇒A330就航キャンペーンで半年限定だそうです。かなり短いです、キャンペーン期間じゃなくミニスカが…>(投稿日2013/12/13) も読んでみてはいかがでしょうか….

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中