HIS、JUGEMなどのHP、閲覧で感染したおそれ⇒Flash Playerのバージョンが13.0.0.206未満でHPを閲覧した場合、ウィルスを仕込まれている可能性がある…

大手旅行会社の「H.I.S.」とブログサービス「JUGEM」、動画サービス「PANDORA.TV」のウェブサイトが、何者かによって、閲覧しただけでウイルスに感染するよう仕組まれていた。 Adobe Flash Playerのバージョンが13.0.0.206未満(旧バージョン)の場合、ウイルス感染の可能性が高い。インターネットバンキングのログイン情報を盗み取るマルウェアが仕込まれている可能性がある。5月24日未明から28日正午ごろまでの間に、「H.I.S.」(エイチアイセス)、「JUGEM」(ジュゲム)、「PANDORA.TV」(パンドラTV)などのサイトにアクセスした人は、ウイルススキャンをしてみる必要がある。ウイルスが検知されたら駆除しよう。 以下、ニュース記事と若干の補足説明――

HISなどのHP 閲覧だけで感染のおそれ
(NHK 5月31日4時43分)

HISなどのHP 閲覧だけで感染のおそれ_NHKニュース5月31日_画像1大手旅行会社の「H.I.S.」と、人気のブログサービス、「JUGEM」のホームページが、何者かによって、閲覧しただけでウイルスに感染するよう仕組まれていたことが分かりました。 一部のウイルスには、ネットバンキングの口座情報を送信する機能もあったということで、それぞれの会社が注意を呼びかけています。

HISなどのHP 閲覧だけで感染のおそれ_NHKニュース5月31日_画像2ウイルス感染のおそれがあったのは、大手旅行会社「H.I.S.」と、人気のブログサービス「JUGEM」のトップページと、そこからリンクされたページの一部です。

HISなどのHP 閲覧だけで感染のおそれ_NHKニュース5月31日_画像3 HISなどのHP 閲覧だけで感染のおそれ_NHKニュース5月31日_画像4
それぞれ、「H.I.S.」は今月24日未明から26日の午後6時ごろまで、JUGEMは今月24日未明から28日の正午ごろまで、何者かによって、ページを閲覧した人がウイルスに感染するよう仕組まれていたということです。

HISなどのHP 閲覧だけで感染のおそれ_NHKニュース5月31日_画像5 HISなどのHP 閲覧だけで感染のおそれ_NHKニュース5月31日_画像6
このウイルスには、パソコンに導入している「Flash Player」という画像表示ソフトが最新のものでないと感染するようになっていたということです。また、ウイルスのうち、「JUGEM」に仕組まれていたものは、ネットバンキングの口座情報を、第三者に勝手に送信する機能があったということです。

いずれのサイトも、すでに問題は修正されているということですが、それぞれの会社は利用者に謝罪するとともに、パソコンがウイルスに感染していないか確認するよう、注意を呼びかけています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140531/k10014872121000.html

NHKのニュースでは動画サービス「PANDORA.TV」のウェブサイトの件は出てきていないが、以下のIntenet WatchやCNET Japanの記事によると「PANDORA.TV」のサイトにもウイルスが仕込まれていたとのことだ――

私は「H.I.S.」や「JUGEM」にはほとんど行かないが、「PANDORA.TV」にはたまにお出かけする…用心、用心。 大体がAdobe(アドビー)のFlash Player(フラッシュ・プレーヤー)の脆弱性を突かれるパターンが多いので、バージョンアップは更新があるたびにこまめにやっている。 しかし、Flash Playerのバージョンアップをしないでネット閲覧しているユーザーが多いのが現実なようだ。 自分のPCのFlash Playerのバージョンを知らない人もいるだろう。一度チェックしてみよう――

■ Adobe(アドビー)のFlash Player(フラッシュ・プレーヤー)のバージョンの調べ方

このリンクをクリックして ⇒ http://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/235703.html AdobeのFlash Playerのバージョン確認をしよう。

FlashPlayerのバージョン確認方法上記リンクにアクセスしてムービーが見えない場合(バージョンが13.0.0.206未満)は、Flash Playerをアップデートしないといけない。 アクセスしたページをスクロールダウンしてページの下に行くと最新版インストールのリンクがあるので、そこからアップデートのインストールをしよう。

オットト、5月24日~28日に上記のウイルス感染サイトに行った方はウイルススキャンを一度してみる必要がある。 ウイルスが検知されたら速やかに駆除しましょう。 まてよ、中にはウィルス対策ソフトを使用していない人もいたりして? そういう人は、ノートン・インターネットセキュリティ(30日無料体験版)でもダウンロードしてインストールしスキャンと駆除をしましょう。

願わくは、感染していない事を祈りますが….何も対策を講じていないでネット閲覧をしていると「自業自得」という結果になってしまいます。 用心、用心。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中