安藤百福⇒インスタントラーメンの父(昭和偉人伝SP、BS朝日今夜9:00 ~ 午後10:54)|世界初の即席麺『チキンラーメン』を作った日清食品創業者・安藤百福、彼は『カップヌードル』まで作った! 彼はどのようにして作ったのか…

安藤百福⇒インスタントラーメンの父(昭和偉人伝SP、BS朝日2月5日今夜9:00~午後10:54)> 世界初の即席麺『チキンラーメン』を作った日清食品創業者・安藤百福(あんどうももふく)、彼は『カップヌードル』まで作った! 彼はどのようにして作ったのか…

百福は庭の小屋で研究に没頭。 1958年、「チキンラーメン」を発売した。 その後、これを国際商品に育てようと米国で視察中、現地スタッフが紙コップに麺を小さく割って入れ、お湯を注いで試食する姿を目撃。 そのことをヒントにカップ麺を開発する。 「時間を売ってこい」と明快な指示で部下の心を捉え、巨額の投資で開発した新商品カップライスも売れないとみると即撤退するなど、経営トップとしての手腕は天才的だった。 彼の物語ははすごーく面白い。 勉強になる。

安藤百福⇒インスタントラーメンの父
BS朝日の番組概要によると――

安藤百福⇒インスタントラーメンの父(画像)昭和偉人伝2時間スペシャル「安藤百福」
BS朝日、2月5日 午後9:00~午後10:54

日清食品創業者・安藤百福の人生を特集。世界中で食べられる「カップヌードル」と「チキンラーメン」の誕生秘話と関係者への取材を交え、彼の素顔に迫る。

誰でも簡単に、おいしいラーメンが作れる世界初の即席麺、『チキンラーメン』。 そして・・・お湯さえあれば場所を選ばず食べられる、『カップヌードル』。 今や全世界で年間1000億食も食べられる “食”の発明品をもたらした、「ラーメンの父」こと、日清食品創業者・安藤百福。 2007年、96歳にしてこの世を去った彼の志は、現在も日清食品グループすべての従業員に受け継がれています。

そんな安藤百福が生み出した『チキンラーメン』、そして『カップヌードル』は、 どのようにして生まれたのか?そして1杯のラーメンに込められた彼の想いとは? 子どもから大人まで、あらゆる人々に受け入れられ、またたく間に日本中の家庭に普及していった「魔法のラーメン」の誕生秘話をひも解くとともに、彼を支えた人たちのインタビューを ふんだんにまじえ、安藤百福の人と成りに迫ります。

『チキンラーメン』が生まれた街・大阪では、若き百福と『チキンラーメン』の開発秘話を知る人たちが登場。また、2011年にオープンした横浜『カップヌードル・ミュージアム』には、番組のナビゲーターを務める國村隼が訪れます。生前の百福をよく知る館長・筒井之隆氏をはじめとする関係者たちのインタビューから見えてきたのは、我々の知らなかった彼本来の姿。

そして、息子である現社長・安藤宏基氏との軋轢、半世紀にわたって創業時の製法を守り続けてきた世紀のヒット商品『チキンラーメン』や新製品開発をめぐる、社員たちの葛藤でした。 遅咲きとも言われる48歳での『チキンラーメン』発明以降、晩年にいたるまで、一人の開発者として、采配を振るい続けた男・安藤百福。彼を知ることで、激動の昭和を知る私たちの知的好奇心が大いに刺激されるとともに、どんな困難も乗り越える、新たなバイタリティが沸き上がってくることでしょう。

http://www.bs-asahi.co.jp/ijinden/

日清食品創業者_安藤百福氏☛ Wikipedia 「安藤百福」 あんどう ももふく、旧名・台湾名:呉 百福(吳 百福 / 吴 百福、拼音: Wú Bǎifù))は実業家発明家。世界で初めて商業的に成功したインスタントラーメンチキンラーメン」と、世界初のカップ麺「カップヌードル」を開発した。日清食品株式会社の創業者。

日本統治時代の台湾嘉義県出身。1948年(昭和23年)に(株)中交総社(後にサンシー殖産に社名変更)を設立。約10年間の休眠状態を経て、1958年(昭和33年)、チキンラーメンの発明に伴い日清食品株式会社に商号変更。日清食品代表取締役社長、代表取締役会長、創業者会長を歴任。(社)日本即席食品工業協会会長、(財)安藤スポーツ・食文化振興財団理事長、(財)漢方医薬研究振興財団会長、世界ラーメン協会WINA会長、(財)いけだ市民文化振興財団会長など、多くの公職を務めた。1934年(昭和9年)、立命館大学専門学部経済科修了。1996年(平成8年)、立命館大学名誉経営学博士。池田市名誉市民。叙位叙勲は正四位勲二等旭日重光章。

「チキンラーメン」「カップヌードル」を発明・開発したことにより、日本と世界の食文化に大きな革新をもたらした。チキンラーメンに始まるインスタントラーメンの歴史は、約半世紀を経て、世界で年間総需要1000億食を越える巨大な世界産業に成長した。

続きは ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E7%99%BE%E7%A6%8F

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中