名前さえ漢字で書けない韓国人(朝鮮日報)⇒ハングル専用政策という韓国の民族主義は知識への弊害をもたらしている、かなり深刻に。その弊害の産物たる韓国人は増える一方だ…

前口上はチト長い、読み飛ばしてくださって結構です。中段から2月1日の朝鮮日報の記事掲載】 本来固有の文字を持たなかった日本や朝鮮半島の国は漢字を通して知識を習得し発展してきた。 日本の場合、奈良時代(8世紀)の公文書に表音文字の仮名(かな)が使われ始め、平安時代(9世紀~11世紀)には漢字と仮名文字の併用文が普及した。 極めて優れた表意文字である漢字と、日本独自の表音文字の仮名(ひらがなやカタカナ)を巧みに組み合わせて使用するという日本民族の優れた柔軟性のなせる業(わざ)と言えよう。 そして、「文字」は知的好奇心の旺盛な日本民族の間で普及していった。

ひるがえって、朝鮮半島の民族(以下、朝鮮民族)の場合、文字すなわち「漢字」は特権階級の専有物だった。 日本民族のような柔軟性を持ち合わせていない朝鮮民族は、朝鮮語を表記する固有の文字を15世紀半ばまで持つことができなかった。 李氏朝鮮(朝鮮王朝)第4代国王の世宗が1446年に訓民正音(いわゆるハングル)を制定して、朝鮮民族は初めて表音文字・ハングルを手にした。 日本のように人々の工夫によって固有の表音文字を発達させるのではなく、国王の王権によって制定されたものである。 しかし、ハングルを使用したのは下層階級の一般大衆であり、最上級階級の両班(ヤンパン)は漢文を使用していた。 李氏朝鮮時代の一般大衆の識字率は極めて低かったので、ハングルが「普及した」といっても日本の常識で考える程のものではないだろう。 朝鮮半島で一般大衆に文字が本当に普及したのは日本統治時代なのだ。日本が学校を建て、教育制度を確立してから朝鮮民族の識字率が上がったのは歴史的事実なのだが、彼(か)の国の人々はそれを認めようとしない。

日本統治から独立して出来た国「大韓民国」(韓国)は民族主義に突っ走る。 「ハングル専用法」を1948年に施行する――それにはこう書かれている「大韓民国の公文書はハングルで書く。ただし、当面の間、漢字をかっこに入れて使用することができる」。 李承晩大統領の時代には、小学校段階からの漢字教育がまだ行われていたが、朴正煕大統領になると漢字廃止に傾斜を強め、1970年に漢字廃止宣言を発表、普通教育での漢字教育を全廃した。 しかし全廃への反対が強く、1972年には漢字廃止宣言を撤回し、漢文教育用基礎漢字(約1800字)を定め、中学校及び高等学校の「漢文」の教育の一環として漢字教育を復活させた。 しかし、あくまで選択科目であり、受験にもほとんど関係がなく、実社会でもほとんど使用されない漢字を学ぶものはほとんどいなかった。 また、こういう話もある、小学校での漢字教育は禁止され、児童に個人的に漢字を教えた小学校教員は、国策に協力しない者として懲戒免職などの重い処分を受けた。 なんという極端主義の国なのか。

ともかく、1980年代半ばから、韓国の新聞・雑誌も次第に漢字の使用頻度を落とし始めた。 さらに、漢字教育をほとんど受けていないハングル世代が多数を占め、漢字を使用した出版物が売れなくなった。 ハングルだけで書かれている新聞、雑誌、書物、映画・PC・スマホ画面の字幕。 早い話が日本の「ひらがな」「カタカナ」だけで書かれているものを想像すれば分かるが、「それで意味が通じるのか?」「それで本当に意味を理解できるのか?」という疑問が湧いてくる。 表音だけにたよると、「佐藤」なのか「砂糖」なのか識別できない。 下手をすると、「佐藤が砂糖を飲んだ」⇒「さとうがさとうをのんだ」が「砂糖が佐藤を飲んだ」というようなことが起きてしまう。 「そんなバカな!」と思うかもしれないが、韓国政府の発言や韓国メディアの論調をみれば分かる通り支離滅裂なのがまかり通っている。 事実や論理はどうでもいいのだ、「砂糖が佐藤を飲んだ」と自分が思ってしまえばそれが事実になる…それが現在の韓国なのだろう。 「ハングル専用政策」による弊害は韓国という国全体に及んでいる。

朴正煕大統領がハングル至上主義の極端な政策をとった1970年から1972年に中高生だった年代(つまり現在の50代)の半数近くがが漢字の読み書きをできないそうだ。 この世代が社会の中枢にいる時代は少なくとも後10年は続く、つまり日韓が相容れない時代はまだまだ続く。 いやまてよ、その後の世代はハングル至上主義の産物なのだから壊滅的に漢字の読み書きができないから、日韓が相容れない時代はさらに長く続くということか、いや、永遠かもしれない…

漢字知らない韓国人_子どもの名前さえ書けない(聯合ニュース2011-10-24)ソウル聯合ニュースの2011年10月24日の記事「漢字知らない韓国人 子どもの名前さえ書けない」に成均館大学の李明学(イ・ミョンハク)教授が30~80歳代の427人を対象にアンケートを実施した結果が掲載されていたが、それによると――

  • 「47.8%が自分の子どもの名前を間違えて書いたり、書けなかった。30.2%は子どもの名前を一文字も書けなかった。」 
  • また、「子どもの名前を漢字で書けない人は弱年層ほど多かった。書ける人は60代が64.6%で最も多く、次いで50代(56.0%)、40代(54.6%)、30代(37.2%)などの順になった。」 
  • さらに、「崔、鄭、柳など比較的難しい姓を持つ回答者は、自分の苗字も書けない人が多かったという。」――と報道されている。

日本人にしてみれば、壊滅的「知の荒廃」と言ってもいいような状況が韓国の現状なのだ。 そして、それは現在進行形で拡大していっている。

前口上がとんでもなく長くなってしまったが、以下は朝鮮日報の記事のクリップ――

『名前さえ漢字で書けない韓国人
(朝鮮日報 2014/02/01 07:59)

名前さえ漢字で書けない韓国人(朝鮮日報2014-2-1)記事11970年に「ハングル専用政策」が始まってから44年。今や、小学校で漢字を学んでいない最初の世代は50代に差し掛かった。20-30代はもちろん、40代すらも漢字になじみがない時代になったということを意味する。

ソウルで暮らす成人男女の47.8%が、子どもの漢字名をきちんと書くことができない一方、この問題を深刻に感じて小学校の漢字教育に賛成する保護者は89.1%に達する、という統計結果もある。基礎的な漢字の意味を知らないため、意味が通じない「不通」現象が起こり、「漢字を知らないため知識拡張の道が閉ざされている」という深刻な問題提起もある。「漢字が分からない」現象をこれ以上放置していれば、測定不可能な社会的損失が生じるというわけだ。

ソウルのいわゆる「名門大学」勤めるA教授は最近、ある学生と会話していて非常に驚いた。「金九(キム・グ)先生は暗殺(アムサル)された」と言うと、学生が「あの方は、がん(アム)で亡くなったのですか」と聞き返してきたのだ。暗殺という単語の漢字を知らなかったため、「ひそかに殺す」という意味だということも分からなかったのだ。A教授は「ハングル世代の悲劇が、今や来るところまで来たという感があり、ぞっとした」と語った。

名前も専攻も漢字で書けない

ハングル専用政策によって漢字が教科書から消えて44年、今や漢字は若い世代にとって、避けたい対象というだけでなく「宇宙語」あるいは「特殊文字」扱いを受けている。スマートフォンやタブレットPCからは漢字の入力システムが姿を消し、ハングルだけで誤記された単語が、正しい表記として「定着」するケースも多い。

大学教授のB氏は少し前、学生に課題を出す際「なるべく漢字を多く使うように」と指示した。学生たちは、課題の表紙に自分の学科を「行正学科」(正しくは行政学科)、「火学科」(正しくは化学科)などと書いて提出した。「自分が専攻の学科で一体何を学んでいるのかすら知らない」というわけだ。別の大学で中文(中国語・中国文学)科の教授を務めるC氏は「大学4年生になっても、大韓民国を『大朝民回』と書くありさま」とため息をついた。

名前さえ漢字で書けない韓国人(朝鮮日報2014-2-1)記事2D教授は「ある学生が、書類を取りに洞事務所(地方自治体の支所)に行った際、職員が『(印鑑が必要だが)指章(指紋)でも構いません』と言ったのに対し『指章も持ってきていないんです』と答えたそうだ」と語った。指章が「指」で押す「図章(はんこ)」のことだと知らなかったために、こんなやりとりが起きたのだ。「旅館(ヨグァン)」を「女子(ヨジャ)が住む家」だと勘違いしていたり、「カード決済」を「カード決裁」と書いたり、さらには「調印式」の「調印(ジョイン)」を英語のjoinのことだと思い込んでいるという話もある。成均館大学のイ・ミョンハク教授が2007年に行った調査では、大学の新入生の20.3%は自分の名前を漢字で書くことができなかった。

大学院生も例外ではない。E教授は「助教(教授の雑務を手伝う大学院生アルバイト。日本でいう「助教」とは異なる)に『図書館に行って、国語学概論を探してくるように』と言ったら、手ぶらで戻ってきたことがあった」と語った。開架式の図書館で、書架をいくら探してみても、そんな本はなかったという。D教授は「漢字で国語学概論と書かれたタイトルを読めなかったためだということを後で知った」と語った。

「図書館資料の90%は死蔵される」

「漢字が分からない」状態の最大の問題点は、「知識の拡大」が不可能になり、知識を広げる道が閉ざされてしまうことだ。成均館大学中文科のチョン・グァンジン教授は「漢字語は韓国語の語彙(ごい)の70%、学術用語の90%以上を占めているのに、それを教えないというのは、近道があるのに回り道をするようなもの」と語った。数学の場合、「楕円(だえん)」が「長めの円形」、「二等辺」が「2本の辺の長さが等しい」という意味だと知っていれば、単語から概念を把握し、入っていけるのだ。

「図書館の衰退」を懸念する声もある。仁済大学のチン・テハ碩座(せきざ)教授(寄付金によって研究活動を行えるよう大学の指定を受けた教授)は「漢字が多く使われている1980年代以前の本を大学生が全く読めないということは、韓国各地の大学図書館に所蔵されている資料の90%以上が、そのまま死蔵されるということを意味する」「政界や教育当局は、この問題の深刻さを認識し、まずは最小限の漢字教育から始めるべき」と語った。

魚秀雄(オ・スウン)記者 , 兪碩在(ユ・ソクチェ)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/01/2014020100125.html

朝鮮日報のコラム「萬物相」にもこの件の記事が掲載されていたのでクリップ記事を掲載――

【萬物相】 漢字を知らない韓国人
(朝鮮日報 2014/02/01 07:54)

【萬物相】漢字を知らない韓国人(朝鮮日報2014-2-1)「朦朧(もうろう)」という単語がある。辞書には「ぼんやりしていること」と書いてある。朦とは「月が昇るときのちらつき」、朧とは「月が沈むときのちらつき」のことだ。そのため「朦朧」とは、夕暮れや明け方ごろ、月の周りが白っぽくかすんで輪郭が分からない状態のことを指す。「朦朧」は、韓国ではほとんど固有語のように使われており、あえて漢字で表記する必要はない。しかし単語の由来を知れば、意味は一層はっきりと理解できる。

大多数の韓国人は、こうした言語の面白みを十分味わえずにいる。学校では40年以上も漢字教育が行われず、漢字を理解できない状態になっているからだ。北朝鮮の攻撃で爆沈した韓国海軍の軍艦「天安」は、哨戒艦だった。地方のある国立大学で、国文科の教授が講義中、哨戒艦とはどのような任務を帯びた船かと学生に尋ねた。正解したら成績に5点プラスすると言ったが、誰も答えられなかった。「見張りの哨」「警戒の戒」ということを知っていれば、簡単に点数をもらえる問題だった。

ある雑誌で「車両用ブラックボックス先端技術戦争」という記事を見掛けた。タイトルに「ナビゲーションの前轍(ぜんてつ)を踏む」とあった。「前轍を踏む」とは、先人の失敗を繰り返すという意味だ。カーナビの過当競争でメーカーがつぶれたように、ブラックスボックスも同じ道を歩むという話かと思ったが、そうではなかった。カーナビが道路地図帳を押しのけてドライバーの必需品になったように、ブラックボックスも必需品の座に上るだろうという内容だった。記事のライターは「前轍を踏む」を正反対の意味で使っていたのだ。

歯医者に行って「親知らずを抜いてほしい」と言うと「抜歯なさるんですね」と言われる。歯を抜いて出てくると「次の来院日は…」といって日付を伝える。韓国古来の単語を使って簡単に言えることを、わざと漢字語を使い、本当に漢字の意味をきちんと理解して使うべきときにはトンチンカンなことを言っている。あるインターネットメディアが、UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグのニュースを伝える記事に「選手の娘が、父親がゴールを決めたばかりのゴールポストの横で、忙中閑を楽しんだ」と書いた。「忙しい合間に暇を得て楽しむ」という意味の「忙中閑」が、この記事になぜ登場したのか、理解できない。

本紙は新年特集で「漢字を知らない状態から抜け出そう」という連載をスタートさせた。「金九(キム・グ)先生は暗殺(アムサル)された」と言うと「がん(アム)で亡くなったのか」と尋ねる大学生もいるという。漢字教育の問題は、若い世代が両親の名前を漢字で書くこともできないと嘆くレベルにとどまらない。漢字を知らない人が増え、正常な言語生活を送ることもできない状況になりつつある。漢字教育反対論者も、自分の息子や娘、孫が漢字を知らず、おかしな言葉を使い続けることは望まないだろう。

金泰翼(キム・テイク)論説委員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/01/2014020100124.html

参考にしたWikipediaの項目】(項目名はリンク済み)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中