都知事選、進次郎曰く「舛添氏応援に大義ない」 ⇒ 揺れる自民

都知事選を問われて、小泉進次郎曰く、「舛添氏応援に大義ない」。 よくぞ言った「進次郎!」 舛添氏は親の介護をした経験を前面に出すが、そのじつ節操がない…結婚3回、離婚2回、そして2人の愛人に産ませた婚外子3人。 「自民党の歴史的使命は終わった」と大見得を切って新党を立ち上げたが、思うようにいかないとおさらば!? 介護経験でカモフラージュしているが、「?」がイッパイ付くお方ではないか….

東京都知事選について質問に答える小泉進次郎衆院議員(さいたま市役所)都知事選、小泉進二郎⇒「舛添氏応援に大義ない」(朝日朝刊1面記事2014-1-16)進次郎氏「舛添氏応援に大義ない」
都知事選、自民動揺
(朝日新聞朝刊1面 2014/1/16)

「私は応援しない。応援する大義はないと思う」

小泉進次郎・復興政務官(32)は15日、視察先のさいたま市で記者団にこう語り、東京都知事選で舛添要一・元厚生労働相を支援する自民党の方針に公然と反旗を翻した。

重ねて知事選で原発が争点になると認定した。「東京は最大の電力消費地。原発についてどういう考え方を持っている方がトップとして都政を担うのかは、非常に関心があると思う」

父親の純一郎元首相(72)が前日に演出した「元首相連合」に続き、自民党内に動揺が走った。

切れ味鋭い弁舌と甘いマスクの進次郎氏は、応援弁士として人気は群を抜く。衆院当選2回ながら、党内では「将来の首相候補」と目される存在だ。

進次郎氏は昨年来の純一郎氏の「脱原発」発言に、「父は父、私は私」とそっけなかった。安倍政権は本人の希望通り復興担当の政務官に抜擢(ばってき)し、大事に育ててきた。

「父親譲りの筋を通す性格」(自民党関係者)の進次郎氏を突き動かしたのは、まるで「除名」の過去がなかったかのように知名度の高い舛添氏にすがった自民党の「節操のなさ」だった。「(舛添氏は)自民党が一番苦しいときに『自民党の歴史的使命は終わった』と言った。歴史的使命は終わってなかったってことですかね?」

結束を乱す動きを見過ごせば、党全体に影響が及びかねない。しかし、処分を検討すれば、小泉父子に格好の攻撃材料を与えてしまう。自民党をかき回す小泉父子に、党幹部はため息をついた。

「静観するしかない」

都知事選、小泉進二郎⇒「舛添氏応援に大義ない」(朝日朝刊2面記事2014-1-16)元首相連合、政界二極化の起爆剤に
(朝日新聞朝刊2面 2014/1/16)

1面から続く

「除名した人間を自民党が応援することはありませんよね」。自民党を代表する脱原発派の河野太郎副幹事長は今月上旬、党幹部会議で石破茂幹事長に詰め寄った。自民党は、支援する舛添要一元厚生労働相を除名処分にした経緯があり、党としては推薦できない。河野氏は、この点を逆手に取った。石破氏は「説明できないことはやらない」と言うしかなかった。

河野氏が共同代表を務める「エネルギー政策議員連盟」に参加する若手議員は喜んだ。「都知事選では党議拘束はないということだ。これで細川氏の選挙の手伝いができる」

議連は14日、来週にもまとめる政策提言作りに力を入れた。「どこかの段階で脱原発して、核燃料サイクルはやめる」。メンバーの声にも力が入る。

「細川・小泉連合」の衝撃は、高支持率を誇る安倍政権に対し、さざ波一つ起きなかった自民党内に波紋を呼んでいる。

中堅議員の一人は「自民党の一部は細川氏支援に流れる」。純一郎氏も「本音を探れば、自民党の議員で賛否半々だ」と挑発する。

「細川・小泉連合」の衝撃は野党も巻き込む。自民党の「1強」だった政界が今後、二極化を起こすかもしれない。

民主党は原発再稼働を政権時に断行したが、すでに「組織的勝手連」(海江田万里代表)という表現で支援を決めている。社民党は同じ脱原発を掲げる日本弁護士連合会前会長の宇都宮健児氏(67)の推薦を決めているが、13日の都連合会議では「細川氏で一本化した方が良いのではないか」との意見があがった。

日本維新の会では、松野頼久・国会議員団幹事長が細川氏の元秘書で、選対本部に人を派遣する意向だ。旧日本新党出身の山田宏、中田宏両衆院議員も細川氏に近い。

これに対して、田母神(たもがみ)俊雄・元航空幕僚長を支援する石原慎太郎共同代表は「物事を複合的に考えられない人間は愚かだ」と小泉氏らを批判し、維新は分裂の様相だ。宇都宮氏を支援する共産党も「宇都宮氏で最後まで戦う」(党幹部)と突っぱねる。

野党再編を目指す結いの党の幹部でさえ「これからの主役は細川氏と小泉氏だ。結いだ維新だなんて小さいよ」と、中央政界は浮足立つ。

しかし、郵政民営化で小泉氏の方針に反対し、離党させられた自民党の野田聖子総務会長は15日、東京都内の講演で警鐘を鳴らした。「私は『郵政民営化』で大変な人生を送り、『政権交代』というワンフレーズで打ちのめされた。『脱原発』で、またぞろ始まってしまうのか」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中