ミス・インターナショナル吉松育美、ストーカー被害を涙の訴え⇒報道しない日本のメディアに失望し、外国人記者クラブで記者会見!

2012年のミス・インターナショナル世界大会で日本人初の優勝を果たした吉松育美さん(26)が2013年12月16日、東京・有楽町の日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)で、西川紀男弁護士同席のもと会見を開いた。 ストーカー被害が原因で、2013年ミス・インターナショナル優勝者への王冠引継ぎの出席を辞退させられたが、この件を日本のメディアが取り上げないので、外国人記者クラブで会見を開き海外メディアに訴えたということらしい。 すでに、ストーカー被害に関して威力業務妨害で警視庁渋谷警察署に刑事告訴、さらに東京地裁に民事提訴している。

ミス・インターナショナル吉松育美、ストーカー被害を涙の訴え_1次の優勝者は12月17日に東京・品川で開かれる世界大会で決まるが、吉松さんは世界大会の会場に姿を見せて王冠を引き継ぐことはできない。 なぜか? 主催者から体調不良のふりをして大会出席を見合わせるように求められたという。 なぜか? 1年前から吉松さんにつきまとっていた大手芸能プロ、ケイダッシュの幹部である谷口元一氏が嫌がらせのため大会の協賛企業に脅迫の電話をしてきたという。 大きなスキャンダルになることを恐れた国際文化協会は、吉松さんに「大会期間中は体調不良を理由に(出席を)自粛してほしい」と通達。

2012年のミス・インターナショナルの吉松育美さんは、12月13日の東京地裁にある司法記者クラブで会見を行い以下の事を訴えていた――

ケイダッシュの幹部である谷口元一氏は(1)12年12年30日に日本テレビに「侵入」し、番組出演後の吉松さんを拉致しようとした(2)探偵を雇って吉松さんの事務所兼自宅を調べさせた(3)実家の電話番号を調べて両親に脅迫電話をかけた。

会見には日本の多くのメディアの記者が出席していたが、記事に取り上げたのは吉松育美さんの出身地の佐賀新聞ぐらいで、スポニチは電子版で記事を配信したが直ぐに削除している。 報道しない日本のメディアに失望した彼女は、弁護士同席のもと日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)で海外メディアを相手に会見を開いた――

Youtube動画|ミス・インターナショナル吉松育美|日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)会見

この件に関しての電子版の記事は現時点では、日刊ゲンダイ、J-Castニュース、日刊サイゾーぐらいしか私は見つけれなかったが、これも削除されぬとは限らないのでクリップして以下に掲載。 それにしても、特定秘密保護法では、「知る権利」、「報道の自由」を連日、連呼していた日本のメディア。 日本のメディアの言う「報道の自由」とは、自分たちの報道したい事だけを「報道する自由」のことなのだろう。 それでは情報操作となんら変わらない。 日本のメディアに見切りを付けて、海外メディア相手に会見した吉松育美さん。 せ~かぁ~い(クロコーチ)。 ――

ミス・インターナショナル 特派員協会で「涙の訴え」のワケ(日刊ゲンダイ)記事0ミス・インターナショナル 特派員協会で「涙の訴え」のワケ (日刊ゲンダイ 2013年12月17日)

前代未聞、現役のミス・インターナショナルが涙の訴えだ。設立から半世紀以上を誇る世界有数のミスコンで、2012年に日本人で初めてグランプリに選ばれた吉松育美(26)。そんな世界的な美女が16日、外国特派員協会で「日本の芸能界の暗部」と題した会見を開いたのである。

この日は東京・品川で行われる今年の世界大会の前日。本来ならタイトルホルダーとして準備に追われているはずだが、吉松はリハーサルはおろか、本番の出席自粛を余儀なくされる事態に……。一体、彼女の身に何が起こったのか。

個人弁護士も同席する中、海外メディアを前に自ら、流暢(りゅうちょう)な英語で訴えた内容は大手芸能事務所「ケイダッシュ」の幹部である谷口元一氏から、1年もの間、執拗(しつよう)な嫌がらせや脅迫、業務妨害を受けたという被害の数々だった。谷口氏は今の芸能界で知らない人はいないほどの実力者である。

コトの発端はその谷口氏が、吉松の海外エージェントであるマット・テイラー氏との間に金銭トラブルを抱えていたこと。テイラー氏が借りたカネを返さないことに腹を立てた谷口氏が、怒りの矛先をカネの貸借に関与していない吉松に向けたという。谷口氏はテレビの収録現場に現れたり、自宅オフィスを不審者に盗撮させたり。また、九州の実家に住む吉松の両親にコンタクトを取るなど行動はエスカレート。テイラー氏が08年に自殺した元TBSアナウンサーの川田亜子さんの最後の恋人だったことを伝え、「(川田は)マットに洗脳されて自殺しました。育美さんも同じことになることを心配しています」と不安をあおるような発言もあったという。

会見ではその時の恐怖を思い出したのか、「丁寧な口調でも私も両親も脅迫のメッセージにしか聞こえませんでした……」と時折、声を詰まらせながらも気丈に語ったのだった。

■ 海外メディアは憤慨「ダイナミックウーマンの夢を奪うのか!」

吉松は谷口氏個人を威力業務妨害で、民事と刑事の両方で提訴しているという。美女の涙の訴えを聞いた海外メディアの反応はというと――。
「日本のメディアこそが取り上げるべき事件だ」(伊テレビ局の男性記者)、「日本の芸能界は本当に汚い。ダイナミックウーマンの夢を奪うのか!」(仏ラジオ局の男性記者)と憤慨の声しきりだった。

真相はこれから明らかになるだろうが、吉松の訴えがすべて本当ならば、完全なる犯罪である。ケイダッシュに問い合わせたが回答はなし。

吉松の決意の訴えは、日本の芸能界に風穴をあけることになるのか。

http://gendai.net/articles/view/geino/146726

ミス・インターナショナル 特派員協会で「涙の訴え」のワケ(日刊ゲンダイ)記事1  ミス・インターナショナル 特派員協会で「涙の訴え」のワケ(日刊ゲンダイ)記事2

現役ミス世界一がストーカー被害訴える 世界大会での王冠引き継ぎも不可能に
(J-Castニュース 2013/12/16 19:39)

現役ミス世界一がストーカー被害訴える 世界大会での王冠引き継ぎも不可能に(J-Cast)12012年のミス・インターナショナル世界大会で日本人初の優勝を果たした吉松育美さん(26)が2013年12月16日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見を開いた。

次の優勝者は12月17日に東京・品川で開かれる世界大会で決まるが、吉松さんは世界大会の会場に姿を見せて王冠を引き継ぐことはできない。その経緯を詳しく説明した。

吉松さんの説明によると、芸能事務所の役員が吉松さんに対してストーカー行為を行った上、ミス・インターナショナル協賛企業に圧力をかけるなどした結果、主催者から体調不良のふりをして大会出席を見合わせるように求められたという。また、この被害について東京・霞ヶ関の司法記者クラブで会見して広く訴えたにもかかわらず、ほとんど記事化されなかったことに「正直、失望した」と述べた。

■ 自殺した川田亜子さんの名前出しながら「娘さんが彼女のようになることを心配しています」

吉松さんの説明によると、最初に問題が起こったのは2012年春。格闘技の元プロモーターの男性が突然吉松さんの事務所に現れ、大手芸能事務所のオフィスに連れて行かれたという。その場で元プロモーターの男性から、

「日本の芸能界で生きていくためには、『掟』として、事務所の会長に認めてもらわなければならない」

と伝えられ、その後も男性は、系列事務所への所属を求めてきたという。だが、この大手事務所は反社会的勢力とのつながりが取りざたされていることから、吉松さんは所属を拒否。ストーカー行為が問題になっている男性は、この系列事務所の役員だ。

吉松さんは、この役員が(1)12年12年30日に日本テレビに「侵入」し、番組出演後の吉松さんを拉致しようとした(2)探偵を雇って吉松さんの事務所兼自宅を調べさせた(3)実家の電話番号を調べて両親に脅迫電話をかけた、と訴えている。

役員が吉松さんの実家にかけた電話の件では、08年に自殺した、元TBSアナウンサーでフリー転向後は役員の事務所に所属していた川田亜子さんの名前を出しながら、

「私は心配しています。娘さんが彼女のようになることを心配しています」

などと話したという。この電話については、吉松さんは

「あたかも心配しているような口調で言っているが、それは私や家族にとっては、『自殺することになる』『川田亜子さんのようになるぞ』という脅迫のメッセージにしか聞こえなかった」

と憤った。この会話は録音されているという。

この役員は、吉松さんの活動をマネジメントしている米国人男性と金銭トラブルを抱えている。吉松さんが12年末に所属事務所を独立して個人事務所を立ちあげた時に、海外のエージェント会社と契約。この会社が米国人男性を派遣しているという。

この米国人男性は核兵器解体を目指す団体の代表を務めており、「ロシアの核兵器の解体現場を撮影できる」として役員に1000万円を出資させたが、撮影は実現しなかった。そのため、役員は米国人男性に1000万円の返還を求めて提訴。役員が勝訴したが、いまだに返還されていないという経緯がある。

役員の一連の問題行動は米国人男性に1000万円の返金を要求する狙いのようだが、吉松さんは、

「この件に関しては、私は一切関係がないので、私からこの問題に対してコメントすることはない」

と話した。

司法記者クラブで会見はしたが記事は載らず

吉松さんが今回の問題で会見するのは12月13日の東京地裁にある司法記者クラブに続いて2回目。 だが、

「記者の姿勢は積極的で、質問も沢山出たが、出身地の新聞(佐賀新聞)以外はどこも記事を載せなかった」

として、「正直なところ、失望した」と嘆息した。

また、

「これは私だけの問題ではなく、日本の社会の問題だということを分かってほしい」

とも訴えた。記者が「夜は眠れているか」と気遣うと、

「普通の女性としては恐ろしいが、私はミス・インターナショナルで、自分の声(発信力)がある。だから日本の女性のために立ち上がることにした。質問に答えるとすれば、『寝ようとしている』」

と涙ながらに答えた。

会見に同席した西川紀男弁護士によると、役員による(1)暴力行為の禁止(2)周辺のつきまとい行為禁止(3)実家の両親に電話してはならない,といった内容の仮処分申請を行っているといい、今後は損害賠償訴訟も起こす予定。それ以外にも、渋谷警察署に対して威力業務妨害罪で刑事告訴しているという。西川弁護士によると、今回のケースは録音や写真など多数の証拠があることが特徴で、

「警察も事件が沢山あるということで、なかなか受け付けてくれない。証拠を提示することで、この問題はなんとか警察の方でやってもらえると考えている」

と話している。

■ 役員は探偵を雇ったことや協賛企業への圧力を否定

この問題は「週刊文春」12月12日号で最初に取り上げられ、吉松さんによると、「週刊文春にすべて話している。彼らが報道してくれたことが真実」。

問題の役員は同誌に対して、実家への脅迫電話については、たまたま実家の番号が判明したため、金銭トラブルを抱えている米国人男性と実家経由で連絡しようとしたと釈明。日本テレビで吉松さんを拉致しようとしたことや、探偵を雇ったこと、ミス・インターナショナル協賛企業に圧力をかけたことについては否定している。

http://www.j-cast.com/2013/12/16191870.html?p=all

「これで堂々とやれるかも」立花胡桃を“ゴリ押し”しまくったストーカー報道・谷口元一氏にテレビ界が熱視線 (日刊サイゾー 2013.12.16)

ミス・インターナショナル吉松育美_ストーカー報道・谷口元一氏にテレビ界が熱視線(日刊サイゾー)昨年、日本人初のミス・インターナショナルに選ばれた吉松育美が、大手芸能プロ、ケイダッシュの幹部である谷口元一氏を威力業務妨害で警視庁に刑事告訴、さらに東京地裁に民事提訴したことが報じられた。

吉松は、谷口氏が仕事先や実家に脅迫とも取れる電話をかけたり、探偵を使って自宅を撮影されるなどしてイベントに出演できなくなったとしている。

これに俄然、注目しているのはテレビ関係者だ。谷口氏は2008年に自殺した元TBSアナウンサー、川田亜子さんの元恋人として知られるが、テレビ関係者の間では川田さんが生前、谷口氏となんらかのトラブルを抱えていたことがささやかれてきた。それが原因で命を絶ったかどうかは分からないが、交際中に谷口氏絡みでかなり頭を悩ませていたことを耳にした関係者は少なくない。

「特に川田さんを育てたTBSの元同僚や、最後のレギュラー番組となったテレビ朝日『サタデースクランブル』の関係者は、谷口氏に対していい感情を抱いていない」と芸能プロ関係者)

ただ、業界で大きな力を持つ谷口氏とあって、テレビ界ではその嫌悪感も“陰口”にとどまり、谷口氏の推すタレントを使い続けなくてはならない現状もあった。

「谷口氏の妻である元キャバ嬢のタレント、立花胡桃をTBSは『サンデージャポン』で、テレ朝は『モーニングバード』でゴリ押し出演させられている。現場ディレクターからは“亜子ちゃんのことがあったのに、なぜ”という声が何度も上がっていた」(同)

今回、吉松の刑事告訴は芸能界を揺るがす話だが、現時点では各局の情報番組では取り上げられず、一様に無視されており、谷口氏への配慮が感じられる。しかし、あるテレビディレクターはこう話す。

「もし、谷口さんが逮捕される事態になったら話は別。犯罪者となれば、谷口容疑者として堂々と報じられるので、そのために今から彼の映像などをこっそり集めているところ。できれば若い女性タレントへの高圧的な態度が、これまでにも常習的にあったことを示す証言なども出てくれば、大きく取り上げられる」

谷口氏はこの件を報じた「週刊文春」(文藝春秋)に対し、ストーカー疑惑を完全否定。真実は司法に委ねられることになったが、その行方はテレビ界から異様な注目を集めている。

(文=鈴木雅久)

http://www.cyzo.com/2013/12/post_15478.html

■ ミス・インターナショナル吉松育美さんの事を報じた週刊文春の12月11号とはこれです――

ミス・インターナショナル吉松育美、涙の告白(週刊文春の記事)以下は週刊文春Webが掲載している抜粋記事です――

吉松育美が“ストーカー被害”で大手芸能事務所幹部を訴えた!
(週刊文春Web 2013.12.11 18:00)

日本人初の世界一になった吉松育美さん昨年、日本人初のミス・インターナショナルに選ばれた吉松育美(26)が、大手芸能事務所ケイダッシュの幹部で、関連会社パールダッシュ社長の谷口元一氏を12月11日、威力業務妨害で警視庁に刑事告訴、あわせて東京地裁に民事提訴したことがわかった。

吉松によれば、谷口氏は収録現場に押しかけて吉松を追いかける、実家に電話をかける、探偵を使って自宅を撮影させる、仕事関係先に電話をかけるなどの、執拗につきまとう“ストーカー行為”で業務を妨害したという。

谷口氏は、吉松の海外エージェントであるマット・テイラー氏と以前からトラブルになっており、テイラー氏に1000万円の借金返済を求めていた。

谷口元一・パールダッシュ社長週刊文春の取材に対し、谷口氏は「私は、マットさんにだまし取られたお金が戻ってこなくて困っている。弁護士を通じてマットに連絡をとろうとしたが、全くリターンがなかった。それで、吉松さんのご自宅(実家)の番号がわかったので『娘さんからマットさんに言って、連絡をしてくれ』と言ったまで。収録現場で彼女を追いかけたことはないし、探偵を使ったこともない。仕事関係先に電話をかけていない」と回答した。

吉松は、録音や写真を証拠として提出する予定で、今後が注目される。

文「週刊文春」編集部 (※この記事の公開期間は、2016年12月11日までです。)

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3441

最後の役目奪われた 吉松さんブログで告白(佐賀新聞 2013年12月13日)■ 「佐賀新聞」の記事に関しては――

記事の見出しは「最後の役目奪われた 吉松さんブログで告白」でした。また、その記事へのリンクは⇒ http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2595685.article.html

念のためキャプチャしてアーカイブ。

ちなみに、吉松育美さんがブログで告白した投稿へのリンクは
⇒ http://ameblo.jp/ikumi-621/entry-11730562968.html

12月17日の2013年のミス・インターナショナル世界大会はどうなったか? スポーツ報知はこう報道している――

前年のミス、吉松育美さん不在のままミス・インターナショナル世界大会開催
(スポーツ報知 2013年12月17日22時40分)

2013年のミス・インターナショナル世界大会2013年のミス・インターナショナル世界大会が17日、東京都内で開かれ、フィリピン代表のベア・ローズ・サンチャゴさん(23)が優勝した。新ミスへ王冠を渡して祝福するはずの前年ミス、吉松育美さん(26)が欠席する異例の大会となった。

主催の国際文化協会(東京)は今回、王冠を渡す役を08年のミス(スペイン代表)に任せた。吉松さんは16日に東京都内で記者会見し、「私が脅迫などの被害に遭っているため、不安を感じた協会から『体調不良を理由に自粛してくれ』と告げられた」と説明した。

2013年のミス・インターナショナル世界大会_日本代表の高橋有紀子さん(25)協会関係者は「大会以外のことで騒ぎになると予想されたので、吉松さんに相談した。今回の事態は残念です」と話した。

大会には世界67か国・地域の代表が参加した。日本代表の高橋有紀子さん(25)は入賞を逃した。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20131217-OHT1T00134.htm

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中