53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕…なんで、53歳のナマグサ坊主と付き合うの、女子大生? 訳が分からん、どうなってる日本!?

<交際中の22歳女子大生に暴行の疑いで、53際の住職を逮捕> 広島県庄原市東城町小奴可にある「見性寺」の住職・田辺芳樹容疑者(53)は、不倫相手の女子大生(22)を殴る蹴るなどして、けがをさせたとして逮捕された。

53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕_01  53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕_02

広島東署の調べによると、田辺容疑者は11月24日午前10時頃、広島市東区牛田本町のマンション居室内で不倫相手の女子大生を殴る蹴るなどして、全身打撲のけがをさせた疑いが持たれている。 マンションは田辺容疑者が事務所として使っていた。
53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕_03 53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕_04 53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕_05

田辺容疑者は、飲食店でアルバイトをしていた女子大生と知り合い、去年6月ごろから不倫関係になっていた。 知人によると、田辺容疑者は、貿易会社の社長を名乗っていたという。

53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕_06 53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕_07 53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕_08

「『スイス銀行に口座がある』とか、『本籍がイギリスだ』とか、『世界中に傘下の会社がある』とか、『日本中に社員がいっぱいいる』とか言っていた」(田辺容疑者を知る人)

女子大学生は顔を殴られたほか包丁で足を切り付けられたり、背中にタバコの火を押し付けられたりして全身に無数の傷を負い骨折の可能性もあるとい。 また、古い傷跡もあったことから、警察は田辺容疑者が、常習的に女子大生に暴行(デートDV)を加えていた可能性もあるとみて、調べを進めている。

53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕_09 53歳住職⇒交際中の23歳女子大生暴行で逮捕_10

広島東署によると、田辺容疑者は「社会人としてきちんとしてほしかったのでやった」と容疑を認めている。女性の母親が県警に届けて発覚した。

なんで、53歳のナマグサ坊主と付き合うの、女子大生? 訳が分からん、どうなってる日本!?

=============================================================
交際の女子大生に暴行の疑い、僧侶を逮捕(TBSニュース)ニュース・ソース

☛ TBSニュース
交際の女子大生に暴行の疑い、僧侶を逮捕
(2013/12/2 17:28) http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2070517.html

住職、交際中の女子大生暴行「過去気に入らぬ」(読売)☛ Yomiuri Online
住職、交際中の女子大生暴行「過去気に入らぬ」
(2013/11/ 15時01分) http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131130-OYT1T00496.htm

☛ スボニチ
53歳住職が殴る、蹴る 交際中の22歳女子学生に暴行(スポニチ)53歳住職が殴る、蹴る 交際中の22歳女子学生に暴行
(2013/11/ 15時01分) http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/11/29/kiji/K20131129007106370.html

住職が女子大生に暴力(RCC 中国放送)☛ RCC 中国放送
住職が女子大生に暴力
(2013.11.29 17:14) http://news.rcc.jp/?i=21899
=============================================================

いつまで視られるかは分からないが…..
【動画ニュース|TBS】  交際の女子大生に暴行の疑い、僧侶を逮捕

動画ニュース/FNN】  交際相手の女子大学生に暴行加えた疑い 53歳住職逮捕 広島
(12/03追加 これはかなり詳しい

交際相手の女子大学生に暴行加えた疑い 53歳住職逮捕 広島
(FNN/テレビ新広島 (12/03 18:20) 以下、記事本文のクリップ――

31歳年下の交際相手の女子大学生に暴行を加えた疑いで、53歳の住職が逮捕された。 けさを身に着け、ほほ笑む男は、11月29日に傷害容疑で逮捕された、住職・田辺芳樹容疑者(53)。

田辺容疑者は11月24日、広島市内にあるマンションの一室で、交際中の22歳の女子大学生の全身を殴ったり、けったりするなどの暴行を加えた疑いが持たれている。 妻子ある53歳の住職が、年の差31歳、交際中の22歳の女子大生を暴行。

警察によると、田辺容疑者は、女子大学生をフライパンで殴り、たばこの火を背中や手に押しつけたほか、髪の毛を引っ張り、引きずり回すなどして、3週間のけがをさせたという。

田辺容疑者が住職を務める寺は、広島市からおよそ90km離れた、広島・庄原市にある。 田辺容疑者は、この寺で、十数年前から住職を務めていた。 妻子がおり、田辺芳樹容疑者の父親は、よき家庭人であったと話している。

田辺容疑者の父親は「(普段、家ではどんな父親?)いいお父さんよ、いいお父さん。真面目、真面目。本当に残念至極よ、わしは。涙が出るよ、俺は」と話した。

一方、田辺容疑者を知る人は、「朝・晩のお勤めをせんのよ。葬式やなんか、金になるときじゃないと、顔を出さないような坊さんだった。今までの先代の坊さんは、全部ずっと、朝・晩拝むよ。わしら年寄りは、気に入らなかった」、「(寺に)戻ってみたら、『金(お布施)が少ない』と、寺から電話したって聞いた。1軒や2軒じゃない、その話は。(住職がお布施が足りないと?)うん」などと話した。

取材で浮かび上がってきたのは、金への執着だった。

田辺容疑者は、広島市内にマンションを借りていて、たびたび出かけていたという。 田辺容疑者を知る人は「広島(市)の方も、檀家(だんか)が多いから、マンションも借りてるんだと、おじいちゃんからも聞いた」と話した。

田辺容疑者は2012年5月、広島市内のスナックで、被害者の女子大学生と出会い、交際がスタートした。 そこでは、住職とは別の顔を見せていた。 田辺容疑者は、自分のことを「貿易商の社長」と名乗り、女子大学生と飲食店などを訪れていた。

そして、店の人の話によると、金遣いが荒いことで評判だったという。 田辺容疑者から渡されたという名刺には、田辺容疑者の名前と貿易という文字があった。 田辺容疑者が訪れていた飲食店では、「イギリスに本社があって、世界中に傘下の企業があって。だいたい有名企業は自分の子会社だって言っていました」という話が聞かれた。

広島市内では出入り禁止になっている飲食店もあり、「田辺容疑者には気をつけた方がいい」と、うわさになっていたという。

田辺容疑者が訪れていた飲食店では、「田辺容疑者が(女子大学生に)説教をするような感じの場面の方が多かったです。『このバカ女、帰れ』みたいな感じの言葉も、見え始めていたので。女性が泣くとか」という話が聞かれた。

今回、田辺容疑者による女子大学生への暴行は、女子大学生の母親が、警察に通報したことで明らかになった。

女子大学生の体には、古い傷も多数あったということで、警察は、暴行が常習的に行われていた疑いがあるとみて調べている。 警察の調べに対し、田辺容疑者は「過去の男性関係を聞いて、感情的になった。しっかりしてほしいという思いでたたいた」と容疑を認めているという。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00259026.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中