ノーベル賞、YouTubeでライブ発表、10/7より

【更新、10/10 17:52】 ノーベル賞の発表を、YouTubeライブ発表で視聴しよう~

2013年のノーベル賞の発表予定は日本時間で、
10月7日18時30分にノーベル生理学・医学賞発表
10月8日18時45分にノーベル物理学賞発表
10月9日18時45分にノーベル化学賞発表
10月10日20時00分ににノーベル文学賞発表
10月11日18時45分にノーベル平和賞発表
10月14日20時にノーベル経済学賞発表

ライブ発表の他に録画された動画を視聴できる。

10月7日、ノーベル生理学・医学賞のYouTubeライブ発表
ノベール財団が配信しているが、時間通りの発表とはなるとは限らないので、動画画面をスタートさせても待機画面がでた時はガマン、ガマン。

ノーベル生理学・医学賞18:35発表されたが残念ながら日本人の受賞はなかった。 受賞したのはアメリカの学者2人とドイツの学者1人、計三人の共同受賞。 以下のキャプチャ画面参照(画像クリックで拡大)。

ノーベル生理学・医学賞2013 1ノーベル生理学・医学賞2013 02スウェーデンのカロリンスカ研究所は7日、2013年のノーベル医学生理学賞を、▽米エール大のジェームズ・ロスマン教授▽米カリフォルニア大のランディ・シェクマン教授▽米スタンフォード大のトーマス・スードフ教授の3氏に授与すると発表した。細胞の中で、作られたたんぱく質を細胞核や細胞外など目的の場所まで運ぶ「小胞輸送」のしくみを解明した。 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金800万スウェーデン・クローナ(約1億2100万円)が贈られる。

残念ながら、日本人の受賞はなかった。

明日に続く……

10月8日18時45分 ノーベル物理学賞発表予定 YouTubeライブ発表

残念、ノーベル物理学賞も日本人の受賞はなかった….

ノーベル物理学賞発表スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2013年のノーベル物理学賞を、万物に質量を与える「ヒッグス粒子」の存在を提唱した英エディンバラ大のピーター・ヒッグス名誉教授(84)とベルギーのブリュッセル自由大のフランソワ・アングレール名誉教授(80)に授与すると発表した。ヒッグス粒子を発見したスイスの欧州合同原子核研究所(CERN)の実験には、多数の日本人研究者が貢献した。 ヒッグス氏らは1964年、宇宙のあらゆる所を満たしている素粒子によって他の素粒子の動きが邪魔され、動きにくくなることで質量が生じるとの理論を発表した。土台になったのは、08年にノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎米シカゴ大名誉教授(92)が60年に提唱した理論だった。 この素粒子はヒッグス粒子と呼ばれ、半世紀にわたって探索が続けられてきた。南部氏らが構築した物理学の標準理論で存在が予測された素粒子の中で唯一見つからず、「神の粒子」とも言われた。

10月9日18時45分 ノーベル化学賞表予定 YouTubeライブ発表

またまた残念、日本人の受賞はなかった(19:23) ….アメリカの学者3人がノーベル化学賞を共同受賞した――

10月9日18時45分 ノーベル化学賞表


10月10日20時00分 ノーベル文学賞発表予定 YouTubeライブ発表・中継


ざんね~ん、またまた日本人の受賞なし…..

10月11日18時45分 ノーベル平和賞発表予定 YouTubeライブ発表・中継

10月14日20時 ノーベル経済学賞発表予定 YouTubeライブ発表・中継

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中