10月1日から変わるものは何か?⇒年金減額、食品値上げ、自動車保険料10月改定…

ごま油や清酒、乳飲料の出荷価格が10月1日に引き上げられる。 政府が製粉会社などに輸入小麦を売り渡す価格も上がるため、パンや麺が値上がりするのでは? 年金の給付額は1%引き下げられ、児童扶養手当は0.7%減額される。 自動車の保険料も10月改定され「事故」に厳しくなり、値上げが相次ぐ… 10月1日から変わるのもは何か? リストアップしてみた、ジェジェジェ――

10月1日から変わるのもは何か01■ 牛乳、日本酒など⇒10月1日から一斉に値上げとなる。 明治、森永乳業、雪印メグミルクの乳業大手3社は、10月1日から牛乳などの出荷価格を1%から4%程度値上げする。

10月1日から変わるのもは何か02■ 輸入小麦の政府売り渡し価格⇒10月から平均4.1%アップする。 小麦は、これで3期連続の値上げとなり、牛乳とのダブル値上げで、パンやお菓子などの価格アップは必至となっている。

10月1日から変わるのもは何か03■ 白鶴酒造や菊正宗酒造など大手清酒メーカー⇒10月1日出荷分から日本酒などの価格をおよそ2%から7%引き上げる。

10月1日から変わるのもは何か04■ 秋の行楽シーズンを迎える中、海外旅行にも値上げの波⇒ JTBや日本旅行など旅行会社では、10月以降に出発する海外へのパック旅行の価格を、前年比で3%から10%値上げする。 JTBの場合、中国やミクロネシア方面では、4%から5%の値上げだが、ヨーロッパやアメリカ方面では、6%から10%の値上げ幅になる。

10月1日から変わるのもは何か0510月1日から変わるのもは何か06■ 食生活に欠かせない卵 ⇒ 2013年夏からぐんぐん値段が上がり、1kgあたりの相場は220円以上に達した。 物価の優等生といわれる卵の価格が上昇した原因は、国の奨励金にあるという――「卵の値段が大変安くなったものですから、ニワトリ(親鳥)の数を減らして、減らしたところには補助金を出しましょうと」という事になったのだ。 2013年の5月、卵の価格が下がりすぎたため、「成鶏更新・空舎延長事業」の適用が始まった。 これは、卵を産ませるニワトリを処分した生産者に、奨励金が支払われるシステムで、卵を産むニワトリを減らすことで、卵の価格を安定させようというもの。 この制度に、生産者が殺到した。 そのうえ、7月・8月の猛暑で、ニワトリが卵を産まなくなった影響も重なり、今度は相場が220円にまで上昇するなど、高値が続いている。

10月1日から変わるのもは何か(卵)01  10月1日から変わるのもは何か(卵)02  10月1日から変わるのもは何か(卵)03
10月1日から変わるのもは何か(卵)04   10月1日から変わるのもは何か(卵)05

10月1日から変わるのもは何か(卵)06
■ 10月からは、厚生年金保険料の負担額も増える、一方で、年金の給付額は基礎年金、厚生年金ともに月額で1%、引き下げられる児童扶養手当は0.7%減額される。 (年金引け下げに関しては、当ブログ記事<年金支給額 10月から減額へ>を参照。)

10月1日から変わるのもは何か(年金)
■ 自動車の保険料も、値上げが相次ぐ。 東京海上日動火災保険では、平均1.9%と小幅だが、いったん事故を起こし、保険の給付を受けた場合、その後の保険料の負担が大きく増えることになる。

10月1日から変わるのもは何か(自動車保険)110月1日から変わるのもは何か(自動車保険)210月1日から変わるのもは何か(自動車保険)3

では、自動車保険はどう上がるのか? 日経の記事に詳しいのがあったのでクリップして掲載。読んでみた方がいいようです――

自動車保険料、「事故」に厳しく 10月改定に注意
保険金もらわない方が得な場合も
(日経 2013/9/30 7:00)

10月から自動車保険が変わる。保険金を受け取った場合は翌年から3年間、より割高な保険料となる等級制度を開始。従来に比べ事故後の保険料の負担が重くなる。どんなに注意を払っても事故は完全に避けることは難しい。制度を踏まえて保険を見直し、家計への負担を抑えたい。

「保険料が上がった顧客から不満の電話が殺到しないだろうか」。大手損害保険の営業担当者は新制度の開始に不安を隠せない。

■ リスクで等級付け

自動車保険料、「事故」に厳しく 10月改定に注意1大手損保の制度改定は昨年10月。1年間の周知期間を経て、大手損保では今年10月以降に契約を更新する顧客は順次、新しい保険料を適用する。前年度に保険金を受け取った顧客に対し、大幅な値上げになることは予告済み。それでも契約更新の知らせを見て「値上げ幅に驚く人は多いはず」とみる。

大幅値上げの根拠となったのは新しい等級制度だ。等級は被保険者一人ひとりが事故の履歴に応じて持つ事故を起こすリスクの大きさを示すといえる。保険料は基準となる金額に等級ごとに設定した割引率を適用して算出する。等級が高いほど事故を起こしにくく「その分保険料を安くするという考え方」(三井住友海上火災保険)だ。

等級は通常6等級からスタートし、1年間の無事故につき1つずつ上がる(図A)。等級が大きいほど割引率が大きくなる仕組みで、上限は20等級だ。逆に車同士の衝突などの事故で保険金を受け取ると3等級下がる。火災や洪水など一部のケースでは1等級下がり、事故にあっても保険を使わなければ「無事故」扱いとなる。

新制度では従来、等級ごとに1つだけだった割引率を「無事故」「事故あり」の2種類にする。事故で保険金を受け取ると3等級下がったうえで、翌年から3年間、より割引率が低い「事故あり」を適用する。その後3年間無事故なら無事故の割引率に戻る。

自動車保険料、「事故」に厳しく 10月改定に注意22種類の割引率を用意したのは、同じ等級なら統計的に「直近に事故を起こした人は無事故の人より再び起こしやすい」(東京海上日動火災保険)ためだ。リスクに合わせた保険料の増額分を3年間で支払うというのが新制度の特徴だ。

実際、事故の有無で保険料はどの程度違うのだろう。ある大手損保の試算によると、17等級で年5万6000円の保険料を払っていた人がその後3年間無事故だった場合保険料は合計15万1000円。事故を起こして保険料を受け取った場合の保険料は合計24万7000円と9万6000円の差になる(図B)。

保険代理店の東京プロビジョン(東京都立川市)の都倉健太代表取締役は「従来は事故後の負担増は3年で4万~6万円の例が多かったが、今後は10万円を超すケースが増える」とみる。事故後の保険料負担が重くなった結果、増えるとみられるのが事故に遭っても保険金をもらわない方が得になるケースだ。図Bの場合、事故の損害が9万6000円未満で今後3年間は事故に遭わないと考えれば保険金を受け取らない方が得だ。

事故に遭った場合、保険を使うべきかどうかの手掛かりは保険会社や代理店から提供される。損害保険ジャパンなど大手では契約者に保険金を支払う前に、文書で翌年以降の保険料を示すのを原則にしている。直販の損保でも電話で説明したり、問い合わせに対応しているので、よく確認したい。

もっとも、損害が大きい場合などは保険を使わざるを得ず、保険料は大幅に上がる。日ごろから必要に応じて補償内容を見直し、保険料を抑えておけば慌てる必要はなく、長い目でみれば家計の負担を抑えることも可能だ。

■ 免責額設定で減額

自動車保険料、「事故」に厳しく 10月改定に注意3自動車の保険は自分と相手のケガなどに対する補償と車やモノに対する補償をそれぞれ設定するのが基本。ただ相手のケガや車、自分や同乗者に対する補償を減らす余地は小さく、保険料の抑制も限られる。一方で自分の車の修理代を補償する車両保険は保険料に占める割合が大きく、選択肢も多い。

どんな事故でもカバーする「一般車両保険」で契約すれば修理代の心配はいらないが、保険料は高い。そこで積極的に検討したいのが免責額(自己負担額)の設定だ。

免責額とは事故を起こしたときに自分が負担する金額を示す。例えば10万円の免責を設定し、修理費が50万円かかった場合、10万円を自分で払い、保険金40万円を受け取る。一定額までは常に自己負担だがそれ以上の負担はない。大手損保の試算によれば、10万円の設定で「一般車両保険」に比べ保険料が3割近く下がることがある。

運転技術に自信はあるが、相手のある事故には備えたい場合は車同士の事故や災害などに限定する「車対車+A」や「エコノミー」契約も選択肢だ。自損事故などは補償の対象外だが免責の設定以上に保険料が下がることもある。

最も効果が大きいのは車両保険を外すことだ。小さな傷なら直さない、修理代がかさむなら買い替えると決めているなら問題は小さいだろう。ただし自損事故や衝突事故での自分の過失分は全額自己負担になるので気を付けたい。

意外と知られていないが、自動車保険の契約内容はいつでも変更できる。変更した際の保険料の試算は代理店やコールセンターが対応する。新制度は大手以外も導入する。事故を起こした場合の保険料の上がり幅や補償内容の見直しについて一度じっくり相談しておけば、万一の際に慌てずに済む。

(長岡良幸) [日本経済新聞朝刊2013年9月25日付]

http://www.nikkei.com/money/investment/mandi.aspx?g=DGXZZO6016014025092013000000

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中