ケニア・ナイロビ襲撃事件⇒「白い未亡人」サマンサ・ルースウェイト容疑者、国際手配|白い未亡人を追え!

白い未亡人を追え!> ケニアの首都ナイロビでショッピングモールが武装集団に襲撃され、300人以上が死傷した事件で、「白い未亡人」と呼ばれるイギリス人の女が国際手配された。 ICPO(国際刑事警察機構)が国際手配したのは、イギリス人のサマンサ・ルースウェイト容疑者(29)。ルースウェイト容疑者は、夫が自爆テロを起こして死亡した際、犯行を批判する声明を出していた。しかし、その後、3人の子どもとともにソマリアへ渡り、イスラム過激派のテロに関わったとされている。今回の事件では、実行犯に女がいたという情報があり、ケニア政府は、イギリスなどと協力して事件の解明にあたっている。 同容疑者は黒い毒グモの一種「Black Widow(黒い未亡人)」と重ね合わせて「白い未亡人(White Widow)」の異名で知られる。――

白い未亡人を追え1

「白い未亡人」サマンサ・ルースウェイト容疑者、国際手配|白い未亡人を追え!

白い未亡人を追え2

「白い未亡人」サマンサ・ルースウェイト容疑者、国際手配|白い未亡人を追え!

白い未亡人を追え3以下、産経と毎日の記事をクリップ――

危険な「白い未亡人」を追え ケニア襲撃関与疑惑で国際手配された英国女性の半生
(産経 2013.9.28 10:17)

白い未亡人を追え467人の死者と約60人の行方不明者が出たケニアの首都ナイロビでのイスラム過激派によるショッピングモール襲撃事件で、「白い未亡人」と呼ばれる英国籍の白人女性が注目されている。国際刑事警察機構(ICPO)は26日、2011年のケニアでのテロ未遂事件に関与したとして、彼女の身柄拘束を世界各国に求める国際逮捕手配書(赤手配書)を発行した。今回の襲撃事件でも犯行グループに白人女性がいたという目撃証言があり、彼女の関与が取り沙汰されている。ごく普通の内気な少女だったという彼女が過激なテロリストに変貌した足跡をたどると-。

欧米メディアによると、彼女はサマンサ・ルースウェイト容疑者(29)。父親は元英国軍人で、北アイルランドで生まれ、ロンドン北西の大都市アリスバーリーで育った。ごく普通の女子学生だったが、インターネットのチャットを通じて、2005年のロンドン同時テロの4実行犯の1人となるイスラム教徒の英国人、ジャーメイン・リンゼイ容疑者(19歳当時、同時テロで爆死)と知り合い、人生の急旋回が始まった。

サマンサは17歳でイスラム教に改宗。ロンドン大学アジア・アフリカ研究学院(SOAS)で宗教や政治を学び、イラク戦争反対デモに参加するなど政治活動にのめり込んだ。

しかし、サマンサと長年、家族ぐるみで付き合っていたアリスバーリーの地元議員、ラジ・カーン氏はAP通信に、「恥ずかしがり屋で自分に自信がない平均的な英国の女の子だった。熱心なイスラム教徒だったが過激思想を持つ様子はなかった」と振り返る。

サマンサとリンゼイ容疑者は2002年、イスラム式の結婚式を挙げた。3人の子供をもうけ、見た目はごく普通の若夫婦だったという。10年ぶりに結婚後のサマンサに会ったカーン氏も「立派な女性に成長していたが、昔と同じソフトな語り口の少女にみえた」と証言する。

■ 同成分の爆発物

サマンサがテロリストになった理由は謎だが、今回の襲撃事件とロンドンのテロの双方に関わっている可能性は高い。ロンドンのテロ発生後、彼女は「夫はこんな凶悪な罪を犯せる人には見えなかった」などと弁明したが、真っ赤な嘘だった。

2011年、ケニア南部モンバサでのテロ未遂事件に絡み、彼女のアパートを捜索したところ、爆発物が見つかったうえ、ロンドン同時テロで使われた爆発物と同じ成分が見つかったのだ。

さらに英紙デーリー・メール(電子版)は、サマンサが国際テロ組織アルカーイダの東アフリカでの主要リクルーターのひとりで、隣国ソマリアのイスラム過激派組織アルシャバーブの広報担当者であると報じた。

また、サマンサがケニアに入国する前、偽のパスポートで南アフリカに入国。首都ヨハネスブルクのミートパイ製造会社のIT担当として勤務していたことなど、前後の足取りも解明されつつある。

ケニア政府によると、今回の襲撃事件で武装集団の5人を殺害、容疑者11人を拘束。外国人が含まれるとされるが、全員の身元や11人のうち何人が実行犯かもわかっていない。実態解明には時間がかかりそうだ。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130928/mds13092810230001-n1.htm

「白い未亡人」サマンサ・ルースウェイト容疑者、国際手配|白い未亡人を追え! ケニア当局が行方を追うルスウェイト容疑者の偽造旅券。

「白い未亡人」サマンサ・ルースウェイト容疑者、国際手配|白い未亡人を追え! ケニア当局が行方を追うルスウェイト容疑者の偽造旅券。

ケニア: テロ襲撃 「白い未亡人」 今も国内に潜伏中
(毎日 2013年09月28日 02時30分)

ナイロビ服部正法】ケニアの首都ナイロビで起きたテロ襲撃事件で、ケニア情報当局関係者は26日、イスラム過激派を支援し「白い未亡人」の異名を持つ英国出身の白人女性、サマンサ・ルスウェイト容疑者(29)が事件に関与し、今も国内に潜伏中とみて捜査していると明らかにした。同容疑者は治安部隊の制圧作戦で死亡したとの情報もあるが、国際刑事警察機構(ICPO)はこの日、ケニア政府の要請を受けて別の事件でルスウェイト容疑者を国際逮捕手配した。

ケニアの情報当局関係者は、毎日新聞の取材に同容疑者が襲撃事件に関与した疑いが強いとの考えを示した上で「サマンサ(ルスウェイト容疑者)は生きており、ケニアにいる」と明言し「行方を全力で追っている」と述べた。

ICPOによると、国際手配の直接の容疑は爆発物の所持など。ケニア警察は昨年、ルスウェイト容疑者がケニアでテロ攻撃を企てたグループに関係していたとして、逮捕状を取っていた。このグループに資金提供していたらしい。

また、今回の事件では隣国ソマリアのイスラム過激派で国際テロ組織アルカイダと連携するアルシャバブが犯行声明を出したが、同容疑者はこの組織とも関係があるとみられている。

ルスウェイト容疑者は英南部で育ち、10代でキリスト教からイスラム教に改宗。夫は2005年のロンドン同時爆破テロの容疑者の一人で、テロの際に死亡した。アルカイダが犯行声明を出した。ルスウェイト容疑者はその後アフリカに渡り、専門家の分析では、ケニアなどでアルシャバブと他のイスラム過激派を結ぶネットワーク作りや過激派の資金作りを担った疑いがある。過激派ネットワークでは幹部と推定される。

ナイロビのテロは21日正午ごろ発生。武装集団が侵入し、銃を乱射し買い物客らを攻撃した。

http://mainichi.jp/select/news/20130928k0000m030130000c.html

黒い毒グモの一種「Black Widow(黒い未亡人)」と重ね合わせて「白い未亡人(White Widow)」の異名で知られるサマンサ・ルースウェイト(Samantha Lewthwaite)容疑者をイギリスの新聞・ミラーニュース(Mirror News)はこう報道している――

白い未亡人1白い未亡人2白い未亡人3White Widow Samantha Lewthwaite: Warning world’s most wanted woman could be planning ANOTHER atrocity
(Mirror News 26 Sep 2013 22:02)

Kenyan security officials issued a Red Notice asking for help to track down the Brit fanatic – who may be using her three kids to avoid detection

Security forces around the globe are locked in a desperate hunt to find British terrorist Samantha Lewthwaite as officials warned she could strike again.

Interpol issued a warrant for the 29-year-old Muslim convert, dubbed the White Widow, six days after she was suspected of playing a key role in the al-Shabaab massacre of at least 67 people, including Brits, at a shopping centre in Nairobi, Kenya ….. (リンクへ続く http://www.mirror.co.uk/news/world-news/white-widow-samantha-lewthwaite-warning-2308086)

White Widow Samantha Lewthwaite ‘plotted Nairobi mall massacre from secret lair just 100 yards away’
(Mirro News 28 Sep 2013 08:39)

She rented a house opposite the shopping centre where crazed Muslim fanatics later slaughtered up to 150 people, security forces say

he fugitive White Widow plotted the bloody Kenyan mall massacre from a secret lair just 100 yards away, security forces believe.

British mum-of-three Samantha Lewthwaite ? now the world’s most wanted woman ? rented a house opposite the shopping centre where crazed Muslim fanatics later slaughtered up to 150 people, they say.

Police sources said a “delicate operation” was now under way to search properties around the Westgate mall since the horrific four-day gun siege erupted in Nairobi a week ago.

Interpol has issued a worldwide alert to find 29-year-old Muslim convert Lewthwaite and sources revealed that a huge part of the probe centred on her being “ghosted” into Somalia ? base of terror group al-Shabaab, which has claimed r?esponsibility for the attack….(リンクに続く http://www.mirror.co.uk/news/world-news/white-widow-samantha-lewthwaite-plotted-2313421)

広告

ケニア・ナイロビ襲撃事件⇒「白い未亡人」サマンサ・ルースウェイト容疑者、国際手配|白い未亡人を追え!」への1件のフィードバック

  1. 「SNS」「ソーシャル・ネットワーク・サービス」怪しいですね。
    共有画面で「つい」同意したけど、意味や内容が後でわかり、
    「セキュリティー上」危ないと警告画面が提示されていました。

    「SNS」に頼らなくても・今のネット環境で、満足しています。

    解約手続きを取るにも「アクセスできません」

    今後の経過で・何かあれば・報告します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中