ジョブズ解任、スカリー氏が今になって語った真相 (Forbes)

スティーブン・ポール・ジョブズ(Steven Paul Jobs)が亡くなったのは2011年10月5日。 もうすぐ彼の命日10月5日だ。 そうかもう2年になろうとしている。 彼が生まれたのは1955年2月24日。 私は1955年1月2X生まれで彼と同じ時期に大学時代を過ごした。 「だからどうした」と言わるのが落ちだが…..かたや「世界を変えた男」、かたや「世界に翻弄された男」。 うーん、人生とは生きてみないと分からない。 さて、ジョブズの命日がやってくるが、日本式に言えば3回忌だ。 Forbesに、かつてジョブズを解任したジョン・スカリーが語る「ジョブズ解任、スカリー氏が今になって語った真相」が掲載されていた。 日経が翻訳版を配信していたので、クリップして掲載したい――

ジョブズ解任
ジョブズ解任、スカリー氏が今になって語った真相
(日経 2013/9/19 Forbes翻訳版)

長年の沈黙を経て、米アップルの元最高経営責任者(CEO)、ジョン・スカリー氏は過去にさらに分け入る心境にある。9月5日、スカリー氏は8分間にわたりメモを見ることもなく途切れることもなく、アップルによるスティーブ・ジョブズ氏解雇というビジネス史上最も悪名高い「人事」の当時の状況について、おそらくこれまでで最も完全な説明をした。

独演となった発言と同じく、その舞台も異例だった。インドネシア・バリ島で開かれた第13回フォーブス・グローバルCEO会議の席上。アジアから50人以上の富豪を含む、世界的に影響力を誇る400人が集まった会議だ。香港の不動産業界の大物、ロニー・チャン氏やロックフェラー財団のジュディス・ロディン会長らと共にリーダーシップをテーマにした公開討論会に出席していたスカリー氏に対し、聴衆からジョブズ氏解雇劇についての質問が発せられた。スカリー氏が非難の言葉を発したり、どのような教訓を得たかを思い返したりするにつれ、聞き漏らすまいと居ずまいをただした会場は静寂に包まれた。

衝突を避ける方法はあったはず

「誰も質問してこないのがいつも不思議だ。スティーブ・ジョブズと私は、分裂することなどありえないほどいつも一緒に行動し、個人的な大親友だったのに、なぜあのような驚異的な、世にも名高い衝突という結末を迎えたのか」

答えは? 「当時の取締役会に責任があると心から思う」とスカリー氏は言った。1983年、飲料大手ペプシコにいたスカリー氏はアップル立て直しのために、そしてジョブズ氏立て直しのために引き抜かれた。「私が思うに、アップルの取締役会のメンバーは私が来る以前からアップルをよく知り、スティーブのこともよく理解していたはずだ。私の経歴も、私が何を経験していないかも、知っていた。さらに、私とスティーブが会社にとどまり共に働くための道筋はあったはずだと私は信じている。なにしろ、あの時まで、私たちは本当によい友人同士だったのだから」。

さらにスカリー氏はジョブズの解任に至った状況について詳細に語った。スカリー氏によると、事の発端はマッキントッシュ・オフィスの発売だという。1985年に発売されたこの製品群は「まるでおもちゃ」とからかわれたとスカリー氏は回顧する。当時のコンピューターの比較的小さな演算能力にしては欲張りすぎた(「そんなにいろいろできなかったということだ」)。

「Macintoshの価格を下げたい」ジョブズ氏に反対

「スティーブはひどく落ち込んだ」とスカリー氏は言う。この結果、「スティーブは私のところへ来てこう言った。『Macintoshの価格を下げ、アップルIIから広告費の大部分を引き上げてMacに移行したい』」。

「『スティーブ、そんなことをしても何も変わらない。Macが売れないのは、価格や広告のせいではない。実行したらアップルを損失のリスクにさらすことになる』。スティーブは私の意見に全く賛成しなかった」

「『そうか。ならば私は取締役会に諮る』と言った。『君がそんなことをするとは思わない』と彼が言ったのでこう返したのです。『見てろ』と」

ウォルター・アイザックソン著の伝記に描かれたように、ジョブズ氏とスカリー氏は別々に議案を提出した。スカリー氏は聴衆に対し、アップルのマイク・マークラ副会長(当時)が内容を検討し議案を提出することになっていたと説明した。「1週間ほどのち、マークラ氏は取締役会に戻ってきてこう言ったのです。『私はジョンに賛成だ。スティーブには賛成しない』」。

「スティーブはそのころ、会社経営についてあまり詳しくなかった。アップルはLisaで失敗し、さらにアップルIIIでも失敗していた。アップルIIも商品としての寿命の終わりが近く、会社としては、Macintoshの開発資金のためにキャッシュフローが必要だった」

Mac部門のトップであり、アップル創業者、会長でもあるジョブズ氏が盛んに持論を言い続けるにつれ、取締役会はスカリー氏に対し、ジョブズ氏を外す権限を委任した。「こんな形での対決がもしもなかったら、どうなっていただろうか……。そのころの私には、ビル・ゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏のような、一つの産業を作り上げる人物がどれだけ特異なリーダーシップをもっているのかを、真の意味で評価するだけの経験の幅が欠けていた。これに対して、既に上場している競合企業にいる人間ならば、(リスクは取らず)ミスはしない。負けたら終わりなのだから」。

「もっと違う結果もあったはずだと、私は思う」

「スティーブは創業間もないそのころ、優れた経営者ではなかった。現在私たちが知る、あの偉大なスティーブ・ジョブズは、同世代のおそらく世界で最も偉大なCEOだけれど、彼はきっと、解任後の曲折した年月の中でたくさんのことを学んだのだと思う」

スカリーさん、あなたの最大の後悔は? 「じくじたる思いを感じているのは、その後10年間、私は出身地のニューヨークに戻りたいと思っていたことだ。なぜ私はスティーブのところに行ってこう言わなかったのか。『スティーブ、君がアップルに戻ってもう一度会社を引っ張っていく方法を考えよう』。私はそうしなかった。これは私が犯したひどい過ちだ。なぜ自分にそういう知恵がなかったか答えを出せないが、私はそうしなかった。そして時はたち、ご存じのとおり、ほどなくして、私自身が解雇された」

「当時、一連の出来事を通じて得た教訓が、その後の20年の私の人生を形作っているといっていい」

年を取り「抑制がきかなくなる」

何がスカリー氏を突き動かして、このような長く思索的な説明をさせたのか。スカリー氏は明らかに、アシュトン・カッチャー主演の伝記映画「スティーブ・ジョブズ」を気に入っていなかった。(「スティーブのことをよく知っている人たちなら、この映画の筋書きを書いた人たちは一体何を考えていたのかと、不満に思っている」と述べた)。ジョブズ氏の死がノスタルジーをかき立てているという面もあるだろう。(「彼が泣きそうなとき、私は彼と一緒にいた。彼が恐怖を感じているときも、私は彼と一緒にいた」)。

時が流れたのだということにしておこう。「年を取ると、抑制がきかなくなるものですよ」といって、74歳のスカリー氏は公開討論会の後、私に肩をすくめてみせた。いずれにしても、聴衆は彼の率直さを評価した。スティーブ・ジョブズを解雇した男は、大きな喝采を受けたのだった。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK17050_X10C13A9000000/

以下、Forbesの英文原文記事――

John Sculley Just Gave His Most Detailed Account Ever Of How Steve Jobs Got Fired From Apple
(Forbes 9/09/2013)

John Sculley Just Gave His Most Detailed Account Ever Of How Steve Jobs Got Fired From Apple (Forbes2013-9-9)After years of silence, former Apple AAPL -0.36% CEO John Sculley has recently been moving more into retrospective mode.  On Thursday, Sculley gave perhaps his fullest public account ever of the circumstances surrounding Apple’s firing of Steve Jobs, spending eight extemporaneous and uninterrupted minutes on the most infamous human resource decision in business history.

The setting was as unusual as the soliloquy: Bali, Indonesia, where 400 of the most powerful people in the world, including over 50 Asian billionaires, had gathered for 13th annual Forbes Global CEO Conference. Sculley was sitting on a panel on leadership, along with the likes of Hong Kong real estate tycoon Ronnie Chan and Rockefeller Foundation president Judith Rodin, when an audience member asked Sculley about the firing. The ballroom then sat in rapt silence as Sculley delved into details, cast blame and reflected on lessons learned.

John Sculley Just Gave His Most Detailed Account Ever Of How Steve Jobs Got Fired From Apple (Forbes2013-9-9)2“I’m always surprised that people never ask the question: how could two individuals like Steve Jobs and I, who were supposedly inseparable ? we were together all the time, we were great personal friends ? how we could we end up in one of these amazing, celebrated clashes?”

The answer? “I really blame the board,” said Sculley, who was recruited from Pepsi in 1983 to bring order to Apple ? and Jobs. “Because I think the board understood Apple before I came, they understood Steve. They knew what my experience was and what it wasn’t. And I really believe there could have been a solution to keep me and Steve working together, because we were really good friends up until that point.”

Sculley went into great detail on the circumstances leading up to Jobs’ dismissal. It stemmed, he said, from the introduction of the second-generation Mac, the Macintosh Office.  The 1985 product launch, Sculley recalled, had been “ridiculed” as a “toy,” a victim of too much ambition for the relatively small amount of computing power then available (“it just couldn’t do very much”).

“Steve went into a deep depression,” Sculley said. As a result, “Steve came to me and he said, ‘I want to drop the price of the Macintosh and I want to move the advertising, shift a large portion of it away from the Apple 2 over to the Mac.”

“I said, ‘Steve, it’s not going to make any difference. The reason the Mac is not selling has nothing to do with the price or with the advertising. If you do that, we risk throwing the company into a loss.’ And he just totally disagreed with me.”

“And so I said, “Well, I’m gonna go to the board. And he said, ‘I don’t believe you’ll do it. And I said: Watch me.”

As outlined in Walter Isaacson’s biography, Jobs and Sculley presented their cases separately. Sculley told the crowd that Apple vice chairman Mike Markkula was assigned to study the issue and present a report. “Seven or eight days later, he came back to the board and said, ‘I agree with John, I don’t agree with Steve.’”

“Steve didn’t at that age know much about running companies. Apple had failed with Lisa, had failed with the Apple 3. The Apple 2 was near end of life, the company needed cash flow to fund development of the Macintosh.”

The board empowered Sculley to remove Jobs as head of the Mac division, and eventually, as the Apple founder continued to agitate, as chairman of the company. “What would have happened if we hadn’t have had that showdown?…I did not have the breadth of experience at that time to really appreciate just how different leadership is when you are shaping an industry, as Bill Gates did or Steve Jobs did, versus when you’re a competitor in an industry, in a public company, where you don’t make mistakes because if you lose, you’re out.”

“My sense is that there could have been a different outcome.”

“He was not a great executive back in those early days. The great Steve Jobs that we know today as maybe the world’s greatest CEO, certainly of our era, he learned a lot in those years in the wilderness.”

Sculley’s biggest regret? “I feel most badly, though, [because] after 10 years, I was at the company, I wanted to go back to New York where I was from. Why I didn’t go to Steve Jobs and say, ‘Steve, let’s figure out how you can come back and lead your company.’ I didn’t do that, it was a terrible mistake on my part. I can’t figure out why I didn’t have the wisdom to do that. But I didn’t. And as life has it, shortly after that, I was fired.”

“Those lessons that I got along the way are the ones that have shaped my life for the last 20 years.”

What prompted Sculley’s long, contemplative answer? Sculley clearly didn’t appreciate Ashton Kutcher’s recent Steve Jobs biopic. (“For those of us who knew him well, [we’re] scratching our heads what they were thinking of when they wrote this movie,” he said earlier in the day.) Nostalgia, fueled by Jobs’ passing, surely plays a role. (“I was with him when he would cry, I was with him when he was scared.”) Chalk it up mostly, though, to the passage of time.  “The older you get, the less inhibited you get,” the 74-year-old shrugged to me after the panel. Either way, the audience appreciated the candor. The man who fired Steve Jobs received a spontaneous wave of applause.

http://www.forbes.com/sites/randalllane/2013/09/09/john-sculley-just-gave-his-most-detailed-account-ever-of-how-steve-jobs-got-fired-from-apple/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中