俳優・石田太郎さん(69)急死、収録中に倒れ搬送先病院で

更新9/23、18:49 続報追加】 俳優・石田太郎さんがフジテレビのドラマ「木曜劇場独身貴族」の収録中に倒れ搬送先の病院で亡くなれた。69歳だった。「新・刑事コロンボ」の声優や「ルパン三世カリオストロの城」(宮崎駿監督)ではカリオストロ伯爵役の声優も務めた。 産経電子版の続報によると―「独身貴族」収録中、異変が起きたのは午後1時ごろ。主役の映画製作会社社長を演じるSMAP・草なぎ剛(39)が、石田さん演じる映画脚本の執筆を断り続ける脚本家を見つけてプールに飛び込み、水中で「書いてください」と懇願するシーン(約2分間)の後だった。監督から「カット!」の声がかかった直後、石田さんは水中を歩いてプールサイドに上がろうとした際に、意識を失った―(この記事本文と木曜劇場・「独身貴族」に関しては後段に記載)。 石田さんは来年1月スタートのNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で官兵衛と同じ主君・小寺政職(こでら・まさもと)に仕える武将・小河良利(おごう・よしとし)役で出演が決まっていたのだったが…以下、クリップ記事――

俳優の石田太郎さん急死 収録中に倒れる
(産経 2013.9.21 21:54)

フジテレビ21日、神奈川県相模原市内のスタジオでドラマ収録中だった俳優、石田太郎さん(69)が倒れ、搬送先の病院で亡くなったと発表した。 同局広報部によると、石田さんは10月放送予定のドラマ「木曜劇場 独身貴族」の収録中だったが、同日午後1時ごろに倒れた。特に激しい動きはしていなかったという。 石田さんは京都市出身。ドラマや映画の脇役として活躍、「新・刑事コロンボ」のコロンボ役の声優も担当していた。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/photos/130921/ent13092121550012-p2.htm

 石田太郎さん1  石田太郎さん2  石田太郎さん3

俳優・石田太郎さん、収録中に急死 声優でコロンボ役も
(朝日 2013年9月21日22時50分)

21日午後1時ごろ、神奈川県相模原市緑区の城山スタジオにある屋外プールで、フジテレビで10月から始まるドラマ「木曜劇場独身貴族」の収録中に、俳優・声優の石田太郎さん(69)が倒れた。病院に搬送されたが、死亡した。神奈川県警津久井署は病死の可能性が高いとみて死因を調べている。

津久井署やフジテレビによると、石田さんはドラマの1話にゲスト出演し、脚本家を演じていた。プールの中で他の俳優と絡む演技をしていたという。1ショットを撮影して休憩に入る際、関係者の目の前で倒れたという。

石田さんは「新・刑事コロンボ」で、故小池朝雄さんにかわってコロンボ役の声優を務めたほか、1979年公開のアニメ映画「ルパン三世カリオストロの城」(宮崎駿監督)ではカリオストロ伯爵役の声優も務めた。

http://www.asahi.com/obituaries/update/0921/TKY201309210315.html?ref=com_top6

続報

“名脇役”石田太郎さん急死、草なぎとのシーン「カット」の直後
(産経 2013.9.22 08:46)

数々のドラマで活躍した名脇役で、「新・刑事コロンボ」でピーター・フォーク演じる主人公の声も担当した俳優、石田太郎(いしだ・たろう)さんが21日午後4時24分、神奈川県相模原市内の病院で死去した。69歳だった。この日、ドラマの収録中に倒れ、帰らぬ人となった。死因は不明だが、病死とみられる。京都市出身。葬儀・告別式の日程や喪主は未定。

数々のドラマで活躍した名脇役で、「新・刑事コロンボ」でピーター・フォーク演じる主人公の声も担当した俳優、石田太郎(いしだ・たろう)さんが21日午後4時24分、神奈川県相模原市内の病院で死去した。69歳だった。この日、ドラマの収録中に倒れ、帰らぬ人となった。死因は不明だが、病死とみられる。京都市出身。葬儀・告別式の日程や喪主は未定。

NHKの朝ドラや大河ドラマの常連。あらゆる役で存在感を発揮し、浄土真宗の僧侶でもあった石田さんが急死した。

フジテレビによると、石田さんは21日昼前から、相模原市緑区のスタジオで、10月スタートの連続ドラマ「独身貴族」(木曜後10・0)の第1話のゲストとして収録に参加。石田さんは人気脚本家の役で、倒れる直前は水泳パンツ姿で、スタジオ内のプール(水深92センチ)に入っていた。

異変が起きたのは午後1時ごろ。主役の映画製作会社社長を演じるSMAP・草なぎ剛(39)が、石田さん演じる映画脚本の執筆を断り続ける脚本家を見つけてプールに飛び込み、水中で「書いてください」と懇願するシーン(約2分間)の後だった。監督から「カット!」の声がかかった直後、石田さんは水中を歩いてプールサイドに上がろうとした際に、意識を失った。

そばにいたスタッフ数人がすぐに石田さんを引き上げ、心臓マッサージなどの応急措置を取るとともに119番。石田さんは相模原市内の病院に運ばれ手当を受けたが、午後4時24分、息を引き取った。石田さんは準備運動をしたうえでプールに入り、気温は27度で水温も冷たくはなかったという。死因は不明だが、神奈川県警津久井署では事件や事故ではなく、病死の可能性が高いとみている。

フジテレビによると、石田さんが意識を失った直後に収録を中止。22日も中止する。ドラマの放送をどうするかについては21日時点で未定。また、担当プロデューサーから石田さんが亡くなったことが伝えられた草なぎは、大きなショックを受けていたという。

石田さんは俳優として活躍する一方、「刑事コロンボ」の声を務めた劇団雲時代からの先輩俳優、小池朝雄さん(1985年死去、享年54)のものまねが得意だった。このため、コロンボの声も引き継ぎ、93年の「新・刑事コロンボ」から俳優のピーター・フォーク(2011年死去、享年83)が演じる主人公の声を担当し、声優としても人気を博した。

来年の「軍師官兵衛」急きょ代役へ

石田さんは来年1月スタートのNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(V6・岡田准一主演)に、戦国時代の武将、官兵衛と同じ主君、小寺政職(こでら・まさもと)に仕える武将、小河良利(おごう・よしとし)役で出演が決まっていた。第1回から出演するため来月から撮影に入る予定だったという。NHKはサンケイスポーツの取材に「今後の対応はこれからです」とコメント。 急きょ代役を立てることになりそうだ。

■石田 太郎(いしだ・たろう)

1944年3月16日、京都市出身。俳優、声優。上智大中退。学生時代から演劇をはじめ、劇団雲(後に昴)に入団。57年に退団後は舞台のほか、テレビドラマ、映画にも進出。声優としても活躍し、ショーン・コネリー、マーロン・ブランド、ピーター・フォークらの吹き替えを担当。浄土真宗の僧侶でもあり、石川県金沢市にある乗敬寺の住職も務める。一時期、芸名を石田弦太郎としていた。夫人は昴の女優、立花房子さん。父は俳優の故石田茂樹さん。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130922/ent13092208540011-n1.htm

続報

急死から一夜、石田太郎さん心臓に持病の証言も
(産経 2013.9.23 09:25)

俳優、石田太郎さんが神奈川県相模原市内でドラマの撮影中に倒れ、69歳で急死してから一夜明けた22日、周囲は今後の対応に追われた。

関係者によると、東京都内で近く密葬が営まれ、石田さんが住職を務めた金沢市の乗敬寺で本葬が営まれるという。

石田さんは最近は元気だったが、以前は心臓に持病があったという証言も。ある関係者は「7年以上前に親族から聞いた話ですが、当時は狭心症の治療薬ニトログリセリンを携帯していたそうです」と話した。神奈川県警津久井署では事件や事故ではなく、病死の可能性が高いとみている。

石田さんは21日午後1時ごろ、相模原市のスタジオ内のプールで、10月スタートのフジテレビ系ドラマ「独身貴族」の第1話撮影中に倒れ、救急搬送された病院で息を引き取った。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130923/ent13092310190002-n1.htm

フジテレビ「独身貴族」2■ フジテレビ・ドラマ 木曜劇場「独身貴族
2013年10月10日より放送される予定、毎週木曜日22:00 – 22:54。 主演は草彅剛。他に北川景子、伊藤英明の出演が決まっている。

フジテレビの番組・イベント最新情報「とれたてフジテレビ」によると――

☛ 主演・草なぎ剛!北川景子、伊藤英明の豪華キャスト3人が甘く切ないトライアングルラブコメディをお届け!『独身貴族』

フジテレビ「独身貴族」草なぎ剛が4年ぶりにフジテレビ系10月期木10枠ドラマで主演をつとめる!共演は北川景子と伊藤英明。 この豪華キャスト3人が 「独身貴族」をテーマに甘く切ないトライアングルラブコメディをお届けする

草なぎ剛はフジテレビの連続ドラマ出演は2009年7月期の『任侠ヘルパー』以来で、北川、伊藤とは初共演となる。

『独身貴族』はオリジナル作品。ただ今日本の30~34歳男性の未婚率は47%を突破し、20代後半女性の未婚率はなんとおよそ60%と、「独身貴族」が増殖中!結婚できないのではなく、結婚よりも「大切なものがある」「独身生活を謳歌する」花の独身貴族たち。このドラマでは、時流を捉える男女の結婚観の壮絶なバトルが展開されていく。

教師や医師そしてヘルパーなど過去多くの役柄を演じてきた草なぎ剛、今回は結婚が必要ない男「独身貴族」を演じる。父の代から続く映画制作会社の社長をつめとる草なぎ剛演じる主人公。クリエイティブな能力に秀でた映画作りのプロフェッショナル。人にペースを乱されることを好まず、独身をであることに満足する。いつからか人は彼を「独身貴族」と呼ぶ。

主人公の実の弟を演じるのは伊藤英明。離婚調停中の妻によって家も追い出された。兄と同じ映画制作会社で働き、高交渉能力と営業センスを活かして兄を支える。持ち前のルックスのよさで恋愛に忙しい。人はそんな彼を「離婚勇者」と呼ぶ。

そして、映画の脚本を書くことを夢見ているヒロインを演じるのが北川景子。恋も仕事も上手くいかず、男の結婚観にも幻滅。「結婚難民」となる。結婚に目もくれず夢のために邁進してきたが、なかなか芽が出ず最近では夢を諦めかけている。現在は生活のために家事代行のアルバイトをしているが、そこで思わぬ事が起こる……。

そんな3人が、偶然か?はたまた運命か?出逢いそして人生を大きく動かすことに。40歳を目前に結婚が必要ない男「独身貴族」と結婚に打ちのめされた男「離婚勇者」。そして、彼らの前に現れた結婚に絶望した女「結婚難民」。果たしてこの3人に“決断の時”はやってくるのか?!また演出はドラマ『電車男』、『のだめカンタービレ』、映画『テルマエ・ロマエ』など数々のコメディ作品を手がけてきた武内英樹。コメディタッチで描かれる『独身貴族』をいかに料理するかも見どころの一つとなる。なぜ「独身貴族」は結婚を決断しないのか?! このドラマを見れば実態は明らかになる!

http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2013/i/130827-i147.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中