台風18号接近⇒16日にかけ大雨に、16日午前には上陸のおそれ

台風18号接近⇒16日にかけ大雨に、16日午前には上陸のおそれ> 大型の台風18号は四国沖を北上し、西日本を中心に局地的に激しい雨が降っている。 16日にかけて関東甲信と東海、それに近畿では雨量が500ミリ前後の大雨となる見込みで、気象庁は土砂災害などに警戒するよう呼びかけている。

台風18号接近⇒16日にかけ大雨に、16日午前には上陸のおそれ

台風18号接近⇒16日にかけ大雨に、16日午前には上陸のおそれ

気象庁の観測によりると、大型の台風18号は15日午後3時には四国沖の海上にあって、1時間に25キロの速さで北へ進んでいる――

● 中心の気圧は980ヘクトパスカル、
● 中心付近の最大風速は25メートル、
● 最大瞬間風速は35メートルで、
● 中心の東側650キロ以内と西側460キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている

台風は勢力を強めながら進路を次第に東寄りに変え、暴風域を伴って西日本と東日本の太平洋側に近づく見込みで、16日午前には東海や関東にかなり接近し、上陸するおそれがある

台風の接近に伴って暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本から東北にかけての太平洋側を中心に雨雲が発達している。

15日午後5時半までの1時間には和歌山県古座川町の西川で31ミリの激しい雨を観測したほか、午後3時までの1時間には宮城県女川町の江島で42ミリの激しい雨が降った。

これまでの雨で、兵庫県と徳島県では土砂災害の危険性が非常に高まっている地域がある

⇒ 16日にかけて、四国から東北にかけての広い範囲で雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みで、局地的には1時間に80ミリから100ミリの猛烈な雨が降るおそれがある

⇒ 16日夕方までに降る雨の量はいずれも多いところで

関東甲信と東海、近畿で500ミリ
東北で300ミリ、
四国と北陸で250ミリと予想されている。

⇒ 台風の接近に伴って西日本から東北では、16日にかけて非常に強い風が吹き、関東と東海では猛烈な風が吹く見込み

最大風速は
関東と東海で30メートル
近畿で28メートル
東北で25メートル
四国で23メートル
北陸で22メートル
最大瞬間風速は35メートルから40メートルに達すると予想されている。

⇒ また、九州南部から東北にかけての太平洋沿岸では16日にかけて大しけとなり、関東と東海では波の高さが9メートルの猛烈なしけになる見込み。

気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、それに暴風や高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。
また、地元の市町村や気象台の情報に注意して状況が悪化する前に早めに避難するよう呼びかけている。

(参照: NHKニュース 9月15日18時10分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130915/k10014554751000.html)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中