親父はセクハラ、息子は泥棒⇒「みのもんた」とその次男

9月13日更新、後段に記事追加】 取り上げる価値もない事件だが……⇒タレントのみのもんたさん(69)の次男で、日本テレビ社員の男が、他人のキャッシュカードで現金を引き出そうとした事件で、警視庁の調べに対して、男は「疲れた」と話し、調書への署名を拒否していることがわかった。御法川 雄斗(みのりかわ・ゆうと)容疑者(31)は、逮捕直後は「話すことはありません。弁護士が来てから話します」と話していて、その後の調べでも、容疑について否認を続け、「疲れた」と述べ、調書への署名を拒否しているという。御法川容疑者は8月13日、港区新橋のコンビニのATM(現金自動預払機)で、男性会社員のキャッシュカードで現金を引き出そうとした窃盗未遂の疑いが持たれていて、現金を引き出そうとした直後に、警視庁に任意同行された際、「自分の財布をなくしたので探していた。何も盗んでいない」などと説明していたことが新たにわかった。警視庁は今後、御法川容疑者の自宅などの家宅捜索を行い、裏づけを進める方針。 (FNN 09/12 12:09)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00253688.html

親父はセクハラ、息子は泥棒⇒「みのもんた」とその次男1 親父はセクハラ、息子は泥棒⇒「みのもんた」とその次男2 親父はセクハラ、息子は泥棒⇒「みのもんた」とその次男3

「親父はセクハラ、息子は泥棒」みのもんた、スキャンダルによる進退の行方
(Cyzo Woman 2013.09.12)

親父はセクハラ、息子は泥棒⇒「みのもんた」とその次男4生放送中のセクハラ疑惑をかけられているみのもんたに、またしてもある事件が勃発した。日本テレビに勤務する次男が、窃盗容疑で逮捕されてしまったのだ。ネット上では、「親父はセクハラ、息子は泥棒」など大騒ぎとなっている。現在みのは、セクハラの舞台にもなったレギュラー番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)を“不可解な”夏休み中だが、今後どんな形での復帰を想定しているのだろうか。

みのの次男である御法川(みのりかわ)雄斗容疑者は、8月13日深夜、道に酔って眠り込んでいた男性会社員のキャッシュカードを盗み取り、ATMから現金を引き出そうとしたという。

「みのが今週、今年2回めとなる夏休みを取り、1週間『朝ズバッ!』を休むのは、明らかに不自然だと見られていました。吉田明世アナへのセクハラ疑惑を収束させる対応とも思われましたが、TBSは雄斗容疑者の犯行の事実を捜査段階から把握し、急きょみのを夏休みにするという処置を取った可能性が高いです。夏休みという“隠れみの”を用いたということですね」(週刊誌記者)

みのが通常通り出演を続けていれば、「息子の逮捕翌日に番組出演することの可否を問われるなど、問題はさらに複雑化しただろう」(同)というが、視聴者からの非難の声は止みそうにない。

「ネット上では、セクハラ被害者であるはずの吉田アナが『レギュラーを降板する可能性も』と言われていますが、そんなはずない。ずっと以前から、TBSはみののセクハラを問題視していましたし、責任を追及されるのは当然みのの方。今回の不祥事は、今後の進退に不利になるのは間違いありません」(同)

みのの息子をめぐっては、かつてTBSに務める長男に“薬物疑惑“が取り沙汰されたことも。

「『兄弟そろってテレビ局にコネ入社』と騒がれたものですが、長男に続いて次男までもスキャンダルに見舞われることに。現在のみのの立場を考えても、これまで通りの活動を続けていくことは難しいのでは」(テレビ局関係者)

父親がセクハラ騒動の渦中に、置き引きで逮捕されてしまった実の息子。世論的に批判が巻き起こることは必至だが、みのはこれからもテレビに出続けるのだろうか?

http://www.cyzowoman.com/2013/09/post_9854.html

みのもんた次男、周囲の評判と“二世の重圧” ライバル局の兄を意識か…
(Zakzak 2013.09.12)

親父はセクハラ、息子は泥棒⇒「みのもんた」とその次男5みのもんた(69)の次男で、窃盗未遂の疑いで警視庁に逮捕され12日に送検された日本テレビ社員の御法川雄斗(みのりかわ・ゆうと)容疑者(31)。テレビ界の超大物の息子として順風満帆の人生を送っていたはずが、何が道を狂わせたのか。

御法川容疑者は神奈川県逗子市で育った。慶応大学を卒業後、日本テレビに入局。現在は制作局に所属し、スポーツ担当。学生時代にはサッカーに打ち込んでいたということもあり、同局ではサッカーのクラブW杯などを担当している。「以前は派手っぽいところもあったが、最近はまじめに仕事していた。腰も低くて、ユーモアもあったが…」と局関係者は驚く。

兄はTBSのプロデューサーで、現在は深夜帯のバラエティー番組を担当。2010年に放送されたTBSのトーク番組「EXE」に登場して“顔出し”したこともある。

テレビ各局は関係強化を期待して、芸能界やスポンサーの大物二世が多く在籍する。それ自体は珍しくはないが、兄弟でそれぞれがライバル関係の民放キー局に就職というのは異例だ。

「みのにしてみれば、兄弟で切磋琢磨してほしい、という願いだろうが、裏目に出てしまった。兄の活躍を意識したのかどうかは分からないが、結果的に弟は七光りの重圧に負け、『バカ息子』のレッテルを貼られることになってしまった」(ベテラン放送作家)

おしどり夫婦といわれたみのは2012年5月、専属スタイリストだった愛妻、靖子さんをがんで亡くしている。大学教員だった長女は、妻の後を継ぎスタイリストを務めているという。

妻の葬儀でも家族の絆を見せた自慢の息子、娘たちだったが、なぜ次男だけが転落したのか。

「高校時代にヤンチャだった。周囲から『有名人の息子だから何にもできないんだろ?』とバカにされたことがきっかけで、ワルたちとつるんでいたようだ」と当時を知る関係者は話す。

育った逗子周辺でも「あいさつはあまりしない子だった」「トラブルがけっこうあった」というが、大人になりきれなかったのだろうか。

12日朝放送されたTBS系「みのもんたの朝ズバッ!」では、御法川容疑者逮捕を伝える新聞記事と、夏休み中のみのがマスコミ各社に送った直筆謝罪コメントの文面を出演者が読み上げたが、番組司会者としての、みののコメントはなかった。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130912/enn1309121540011-n1.htm

「親の七光のなれの果て」と言われても仕方のないほど幼稚な事件だ。 取り上げる価値もない事件だが…TVで「正義は我にあり」の如く振る舞う「みのもんた」氏を見ていて「つけ」はそのうち廻ってくるのではと思っていたが、あちらもこちらも綻(ほころ)びが出始めているようだ。

【続報9月13日】

みのもんた9月13日「せがれのことを信じたい」みのもんたさん、自宅前で報道陣に (産経 2013.9.13 19:33)

日本テレビ社員の次男が窃盗容疑で逮捕されたタレントのみのもんたさん(69)は13日夕、神奈川県鎌倉市内の自宅前で取材に応じ、「大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と頭を下げた。「父親としてせがれのことを信じたいし、今の日本の治安を守っている警察も信じている」と複雑な心情を吐露した。

「みのもんたの朝ズバッ!」と「みのもんたのサタデーずばっと」の出演を自粛することについて、「公明正大でいなければならないというキャスターという立場をいったん離れるべきと決意した」と説明した。期間は未定。みのさんは昨年5月に夫人を亡くしたばかりで、「正直いって、いてくれたらなあと思います」と言葉を詰まらせた。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130913/ent13091319360015-n1.htm

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中