誤算のウィンドウズ8、マイクロソフトに迫る落日 (日経「コンフィデンシャル」記事クリップ)

米MS(マイクロソフト)の最新の基本ソフト(OS)Windows8(ウィンドウズ8)、私の予想通り売れていない。 「周囲の期待を裏切り、さっそく改良版の投入を迫られた」などと報道されているが、売れると期待していたのは関係者の独りよがりと言うものだ。 マイクロソフトのやる事はすべからく、ユーザーを無視した開発・押し売りしているだけに過ぎない。 クリップ掲載した日経・コンフィデンシャルの記事は「ユーザーのウィンドウズ離れの先には、マイクロソフト自身の落日が迫る」と書いているが、ユーザーはとっくの昔にウィンドウズ失敗の連続に辟易(へきえき)としているのだが…. 以下、クリップ記事――

誤算のウィンドウズ8 マイクロソフトに迫る落日
(日経「コンフィデンシャル」 2013/6/3)

米マイクロソフトがもがいている。最新の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」の出足は周囲の期待を裏切り、さっそく改良版の投入を迫られた。ハイテク業界はもちろん、パソコンの使い手にも強大な影響力を及ぼした姿は、もはや遠い過去だ。ユーザーのウィンドウズ離れの先には、マイクロソフト自身の落日が迫る。

「8」の工場で「7」をつくる

誤算のウィンドウズ8 マイクロソフトに迫る落日1そのパソコン工場の製造ラインでは、最新型のノートパソコンが組み立てられているはずだった。ところが、現場を見た中堅システム開発会社の幹部は、違和感が拭えなかったという。

「最後のチェック工程でパソコンを起動させているんです。そのとき、画面上に、窓のようなデザインの旗マークがはためいているんですよ。8の画面ではなかった」

最新型のパソコンなのに、1世代前のOS「ウィンドウズ7」がわざわざインストールされていた。

8用に設計したパソコンに7を組み込む作業は、「ダウングレード」と呼ばれている。対象のパソコンには、8の使用ライセンスが付与されており、契約違反ではない。マイクロソフトも認めている。

ダウングレード機は、販売集計上は8として数えられるが、実際に顧客が手にするのは7がインストールされているパソコンだ。ある大手情報機器販売会社の場合、企業向けの販売台数に占める8はわずか5%。実に95%がダウングレードされている。今までもOSが変わるたびに一定数のダウングレードが発生したが、「今回の8は異常に多い」(同社幹部)という。

マイクロソフトは昨年10月に8を発売して以降、順調な売れ行きをアピールし続けてきた。5月7日には累計販売本数が1億本を超えたと発表。ウィンドウズ部門の最高マーケティング責任者(CMO)で、最高財務責任者(CFO)でもあるタミ・レラーは「発売以来の進捗に満足している」と自賛した。

「IT景気のけん引役」だったが……

販売ペースは過去最速のペースで売れた7とほぼ同じ勢いともいう。しかし、別の数字は、違う現実を物語る。

ついに過去最大の減少率に陥った――。米調査会社IDCが4月にまとめた今年1~3月のパソコン世界出荷台数は前年同期比13.9%減の7629万4000台。IDCのプログラムバイスプレジデントのボブ・オドンネルは、「8はパソコン市場の活性化に失敗した。むしろ、足を引っ張っている」と嘆く。

いったい8は好調なのか。不振なのか。「ダウングレードの広がりなどは日本特有の動きではない」(外資系IT企業幹部)。マイクロソフトがまとめた数字自体は好調に見えたとしても、企業ユーザーも個人ユーザーも、今までのようにおとなしく最新OSへ更新していないようだ。

それは、マイクロソフトにとって異常事態にほかならない。

誤算のウィンドウズ8 マイクロソフトに迫る落日21995年に大ヒットした「ウィンドウズ95」以来、新型OSを出すたび、パソコン市場は大きく成長してきた。その波に、パソコンメーカーから部品メーカーまで多くの企業が乗った。マイクロソフトが「IT(情報技術)景気のけん引役」とまで言われたゆえんだ。

トラブルが多く、不評だった「ウィンドウズ・ビスタ」ですら、パソコン需要を押し上げた。しかし、8のスタートは、雑音混じりの立ち上がりだった。

「彼は次の最高経営責任者(CEO)の有力候補だった。なぜ辞めたんだ」。昨年11月12日、マイクロソフトの1人の幹部が退職すると、米国メディアは騒ぎ立てた。

巻き返しに誤算

退職した幹部は、スティーブン・シノフスキー。ウィンドウズ部門のプレジデントで、8では事業全体の責任者を務めていた。業務ソフトの「オフィス」部門で活躍、7を成功に導いた実績もある。それなのに、8の発売から間もなく、マイクロソフトを去った。

「そもそも他部門との不協和音があったのではないか」「8がうまくいっておらず、不振の責任をとった」……。電撃辞任は様々な臆測を呼んだ。

そもそも、8の発売前からマイクロソフトは苦しかった。

当時のマイクロソフトはスマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)で大きく出遅れていた。タッチパネルで操作できる8は、先行する米アップルや米グーグルへの巻き返しの第一歩だった。

ユーザーが触れる画面も従来のデザインを一新、「タイル状」のアイコンを使うように変えた。急増するタブレットユーザーを意識した設計だったが、発売から日がたつにつれ、むしろ誤算が目立つようになった。

「我々はタッチパネルを必要としていない」

「ウィンドウズにはパソコンらしさを求めている」

「今までのシステムと7は親和性が高い。わざわざ8に切り替える必要はない」

個人ユーザーだけではなく、ウィンドウズのお得意様だった法人顧客の「8は不要」という声がいたるところから聞こえてきたのだった。

誤算のウィンドウズ8 マイクロソフトに迫る落日3全日本空輸8900台、東日本旅客鉄道7000台、みずほ銀行4400台、三菱東京UFJ銀行2300台――。大口ユーザーの間では、アップルの「iPad」や韓国サムスン電子の「ギャラクシータブ」を大量導入する動きが続く。マイクロソフトと親密な企業も例外ではない。

「きょうは営業で遅くなった。ここから報告をして直帰だ!」。システム販売大手、大塚商会の営業マンのAさんは、外出先からiPadで社内システムにアクセスし、1日の仕事を終えた。

大塚商会はマイクロソフトのビジネスに最も貢献した企業に贈られる「カントリー・パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたこともある会社だ。それなのに、選んだのはiPad。営業マンを中心に2600人が外出先でiPadを使っている。

個人でも法人でも歯止めがかからないパソコン離れ、それは、マイクロソフト離れとも言える。このまま指をくわえてみているのだろうか。

5月14日、ボストン。ウィンドウズ部門のレラーは、投資家向け説明会で、8の改良版「8.1」を年末商戦より前に無償で配布すると明らかにした。

ブルーで「昔」に逆戻り?

8.1はそもそも、「ウィンドウズ・ブルー」の開発コードで呼ばれていたOSのことだ。ユーザーの要望を受け、8でなくした「スタート」ボタンを復活させる見方が浮上。これに対し、「昔に逆戻りするのか」などといぶかる声も広がったこともある。

マイクロソフトは結局、8.1で「スタート」に似たボタンを復活させ、使い勝手も見直そうとしている。しかし、パソコン離れは8のデビュー時より一段と進んでいる。8.1投入が起死回生の一策になる保証はない。

マイクロソフト自身、まったく違う分野に活路を求めているフシもある。

誤算のウィンドウズ8 マイクロソフトに迫る落日4それから1週間後の5月21日。マイクロソフトはワシントン州レッドモンド市の本社で、家庭用ゲーム機「Xbox」の新型機をお披露目した。ゲームで遊びながら、ニュースや映画などを楽しむため、OSを3種類も搭載した。

あるマイクロソフト幹部社員は「かつてはOSが大切だったが、ネットでつながるクラウド時代に大切なのは、お客さんがストレスなく使えるプラットホームだ」と言い切る。そこには「マイクロソフトはもはや、ウィンドウズの会社ではない」というニュアンスも込められている。

実際、決算をみると、ウィンドウズ部門はすでに稼ぎ頭ではない。それでも、今まではウィンドウズが更新されると、売上高が必ず伸びた。ところが、今回の8では、発売後にウィンドウズ部門の売上高がわずかながら実質的に減少したこともある。

マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマーも異変に気づき、最近は「ソフト会社から、デバイス(機器)とサービスの会社に変わる」と繰り返している。例えば、表計算やワープロなどの業務ソフト「オフィス」。今年1月から、定額料金で使えるクラウドサービスで提供する。手慣れたパッケージソフト単品売り切りから脱却し、オフィスで長く安定的に稼ぐビジネスモデルをつくろうとしている。

■命運は12カ月で決まる

足元の業績は堅調だ。2013年1~3月期は売上高が前年同期比18%増の204億ドル(約2兆円)、純利益も19%増の60億ドルだった。だが、オフィスなどで稼げるうちに、ウィンドウズをテコ入れできるのだろうか。バルマーに残された時間は想像以上に少ないかもしれない。

「生死は12カ月後にどれだけアプリ開発者をひき付けられているかにかかっている」。IDCチーフアナリストのフランク・ジェンスは、こんな過激な宣告をウィンドウズに下している。マイクロソフトが今後1年以内に、8ビジネスの「エコシステム(生態系)」をつくることを再生の条件に挙げたわけだが、それは一朝一夕にできる話ではない。

前途の険しさを示すような統計がある。

IDCが世界中のアプリ開発者に「興味があるプラットホーム」を聞いたところ、スマホの「iPhone」やiPadが使うアップルの「iOS」向けは80%を超え、グーグルの「アンドロイド」向けも70%前後。それらに対し、8は30%にとどまる。

マイクロソフトはアップルやグーグルに対抗しようとアプリを充実させようとしているが、先行2社のアプリの数はケタ違いだ。開発者の支持を集める作業に一発逆転はなく、後発のマイクロソフトは苦しい立場が続いている。

誤算のウィンドウズ8 マイクロソフトに迫る落日5二人三脚でウィンドウズを育ててきたパソコン大手とも「一枚岩」ではなくなりつつある。きっかけは、8の普及にはずみをつけるために発売したマイクロソフトの自社製端末「サーフェス」だった。

「端末も自分たちでやりたい」。マイクロソフトと20年以上付き合ってきた国内パソコン大手幹部によると、マイクロソフトはサーフェス発表前、事前通告してきたという。

結果的に当初は日本投入を見送ったため、「OSがマイクロソフト、ハードはパソコンメーカー」という役割分担を崩すことにマイクロソフトが配慮したようにも思えた。しかし、この幹部はマイクロソフトの変心を感じ取っていた。「彼らは甘くないよ。必ずやる」

「ウィンドウズ」の世界へカンフル剤

そんな悪い予感は1年もたたないうちに的中した。

マイクロソフトは、2013年3月に8の簡易版といえるOS「ウィンドウズRT」を搭載した機種を日本でも発売。そして、5月29日には「8プロ」を載せた上位機種「サーフェス・プロ」を6月7日に発売すると発表した。

「狭い視点に立てば、(パートナーだったメーカーが)シェアを奪われる、といった考え方も出てくるかもしれない。ただし、『ウィンドウズ・ワールド』全体を盛り上げるためのカンフル剤にしたいんです」

日本マイクロソフト社長の樋口泰行は29日の発表会の席上、サーフェス投入の背景をこう説明した。もはやウィンドウズへの危機感を隠すこともない。

継続か、撤退か。日本勢はパソコン事業のあり方を問われ続けている。デルやヒューレット・パッカード(HP)など米国勢もウィンドウズの停滞と軌を一にして業績が低迷。デルの創業者であるマイケル・デルは、マイクロソフトに資金面で手助けしてもらって再生を進めるシナリオを温めている。

収益力で見て優良企業である「マイクロソフト」という会社が残ったとしても、ウィンドウズそのものの力は、このまま衰えていくのだろうか。その強さにすがってきたIT企業は、さらなる経営改革や事業再編を迫られるのだろうか。ウィンドウズの世界は、ブルー(憂鬱)に染まりつつある。

(深尾幸生、鈴木壮太郎、シリコンバレー=岡田信行)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK31036_R30C13A5000000/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中