猪瀬君、東京証券市場の開始時間を早めれば済むのではないか?太陽が南中した時が正午だ、日本人の体内時計を狂わせてまで金儲けに走るのか?

太陽が南中した時が正午だ、日本人の体内時計を狂わせてまで金儲けに走るのか? と、猪瀬君に問いたい。 東京証券市場の開始時間をを早めたいのであれば、標準時を変えなくてもできる話しではないか? 失言の汚点を、話題を変えることで隠そうとしてはいけない。 打ち上げ花火のようなすぐ消えてしまう話題提供はやめよう。 小さいのは背丈だけで十分だ、ビジョンまでその背丈に合わせることはないと思うのだが…

日本の標準時「2時間早く」 都知事が提案、政府検討へ
(2013年05月22日11時00分)

東京都の猪瀬直樹知事は、22日の政府の産業競争力会議で、日本の「標準時」を2時間早めることを提案する。東京の金融市場が始まる時間を世界で最も早くすることで、金融機関の拠点を日本に置く動きを促す狙いだ。政府は6月にまとめる成長戦略に盛り込むことを含めて検討に入る。

日本の標準時は1886(明治19)年に定めて以来、変更していない。しかし、海外ではシンガポールが1982年に標準時を早めるなど、政府の判断により標準時を変えた例はある。

東京の標準時が2時間早まれば、外国為替市場などが1日のうちで世界で最初に開くことになり、世界の金融市場で東京の存在感が高まるという。

また、いまは日本時間の夕方に欧州の金融市場が始まるが、標準時を2時間早めれば、東京、ロンドン、ニューヨークの三大市場で、市場が開いている時間を補完し合える。

サマータイムと似た効果も得られ、エネルギー消費の節約にもつながるという。

【福山亜希】

http://www.asahi.com/business/update/0522/TKY201305220005.html

猪瀬都知事「標準時2時間前倒しを」
(日経 2013/5/23 1:31)

猪瀬知事は22日の競争力会議で、日本の標準時を2時間前倒しすることを提言した。米ニューヨーク市場が終わる時にアジア最大の東京市場が開くようにして、外資系金融機関のアジア拠点を香港やシンガポールから日本に呼び戻す狙いだ。

2時間前倒しすると、東京と香港、シンガポールとの時差は1時間から3時間に広がる。東京の株式市場が開く午前9時は、香港やシンガポールではまだ6時で日本の株や国債担当者の出勤が間に合わず、日本に拠点を移すと計算している。

実現に向けたハードルは高い。新法が必要となるうえ「海外諸国の承認が必要かもしれない」(標準時を計算する情報通信研究機構)。甘利経財相も「金融だけのために2時間早くするのはどうなのか」と慎重な姿勢を見せた。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2203N_S3A520C1EE8000/

猪瀬君は所詮この程度の知事だったようだ….二期目はないね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中