タロ・ジロよ、行くところはあるのか?東京タワー下の南極観測隊・カラフト犬の銅像が撤去される!東京五輪招致キャンペーンがからんでいるというが…

南極から奇跡の生還をしたたタロ・ジロの話を知っているだろうか? 第一次南極観測隊(1956~1957年)に同行した15頭の樺太(からふと)犬の中の2頭だ。観測隊はやむにやまれぬ状況下の撤退で、15頭の樺太(からふと)犬を南極に置き去りにせざるを得なくなる。 一年南極物語・映画後、次の南極観測隊が南極・昭和基地に到着したとき15頭のうちタロとジロは生存していたのだ。 この話は高倉健さん主演で「南極物語」として1983年(昭和58年)に映画化、公開され観客1200万人を動員し、当時の日本映画の歴代映画興行成績(配給収入)1位を記録した。 この記録は1997年公開の宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」に抜かれるまで14年間破られなかった。 また、この映画はディズニーがリメイクして『南極物語』(英語題名 Eight Below)として2006年に公開された。

その第一次南極観測隊の15頭の樺太(からふと)犬の銅像を日本動物愛護協会が寄付を募って作り、1959年に東京タワーの足元に設置した。 しかし、東京五輪招致キャンペーンにからんで撤去されるという。 朝日新聞と東京新聞の記事では撤去の背景が微妙に違うが、どちらにしても5月15日には撤去が始まるようだ。 東京タワー運営会社の日本電波塔さん、何とかならんのか! 猪瀬東京都知事さん、何とかならんのか! 銅像とはいえ、行き場所がない15頭の樺太(からふと)犬が不憫でならない…. 多くの人が反発するに違いないことをして「東京五輪誘致に貢献する訳がない」という事が分からないのだろうか?

15頭の樺太犬銅像・東京タワー01 15頭の樺太犬銅像・東京タワー02

ところで、奇跡の生還をしたジロと「忠犬ハチ公」とは縁がある。 どちらも亡骸(なきがら)は剥製(はくせい)にされて、上野の国立博物館に2匹が上下段で並んで展示されている。 見たことある方もいると思うが… 以下、朝日と東京新聞の記事――

タロ・ジロより五輪招致 東京タワー下の像、撤去へ
(朝日 2013年05月11日16時31分)

15頭の樺太(からふと)犬銅像50年以上前、第1次南極観測隊に同行したタロ・ジロなど15頭の樺太犬をたたえて東京タワーの足元に建てた像が、周辺の改修工事のため15日から撤去されることになった。1958年にタワーができた翌年、日本動物愛護協会が建てたもの。協会は移転費用が工面できず頭を抱えている。

15頭は57年、1次隊とともに南極に入り、そりをひいて活躍した。だが翌58年2月、物資を運ぶ観測船が昭和基地にたどり着けず、観測隊は一人残らず引き揚げた。15頭は無人の基地に置き去りに。1年後、タロとジロの2頭だけが生きて見つかった。像はその年、協会が募金を呼びかけて製作。東京・渋谷駅前の忠犬ハチ公像を造った彫刻家、安藤士(たけし)が手がけた。

像の撤去が急に必要になったのは、2020年の東京五輪招致を応援するため、像の場所を使って招致のシンボルマークを花で描くことになったからだ。

今年12月の東京タワー55周年を前に施設や周辺を全面改修するため、タワー運営会社の日本電波塔(東京都港区)は昨年夏、協会に像の移転を要請。そのときは期限を示さなかったが、今月9日になって至急撤去するよう求めた。五輪開催地決定まで100日となる30日に間に合わせるためという。

ただ、像を傷つけずに撤去して移転するには、解体処分するよりも850万~600万円程度多く費用がかかりそうだという。協会の内山晶事務局長は「すぐ払える額ではない。寄付を呼びかけるか何かしなければ」と困惑する。

日本電波塔は1頭ずつ土台から切り離し、移転可能な状態で敷地内の建物に保管したうえで協会と話し合う方針だ。移転先には国立極地研究所(東京都立川市)が挙がっているが、協会が費用負担することが前提となっている。 【中山由美】

http://www.asahi.com/olympics/articles/TKY201305110054.html

東京タワー下緑化 15日から撤去 タロ、ジロ像どこへ行く
(東京新聞 2013年5月12日 朝刊)

15頭の樺太(からふと)犬銅像撤去(東京新聞)第一次南極観測隊(一九五六~五七年)に同行し越冬したエピソードで知られるタロ、ジロなど十五頭の樺太犬を記念し、東京タワーのふもとに設置された銅像が、周辺の改修工事で十五日から撤去される。銅像を建てた日本動物愛護協会は「急なことで残念だが、移転を目指して寄付を呼び掛ける」としている。

十五頭は観測隊に同行して五七年に南極に上陸したが、翌年の悪天候で隊員が引き揚げ、無人の基地に置き去りにされた。一年後にタロとジロの二頭だけが奇跡的に生きて見つかった。

像は二頭の生存と他の犬への慰霊の意を込めて協会が五九年、東京タワーの敷地約三十平方メートルに設置。JR渋谷駅前の忠犬ハチ公像を造った彫刻家、安藤士(たけし)が制作した。

しかしタワーを運営する日本電波塔(港区)が昨年夏、緑地計画の一環でこの場所を花壇にしようと、協会に銅像を撤去する意向を伝えた。さらに今月九日には「二〇二〇年東京五輪招致のキャンペーンに使いたい」と急きょ、撤去することを決めた。

同社は十五日から一頭ずつコンクリートの土台ごと外す形で撤去し、一時保管して協会に引き渡す。六百万~八百五十万円の撤去費用を求められた協会は「予想以上の金額。親しまれてきた銅像なので、周知する時間もほしかった」と話す。

同社は跡地に花で五輪招致のシンボルマークを描き、招致決定日の百日前に当たる今月末に間に合わせる計画だった。しかし招致委員会から今月十日、使用権やデザインの面から難しいと回答があったため、「通常の花壇として整備する」(広報担当者)という。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013051202000113.html

広告

使われない復興予算1兆2673億円余り、今年度に繰り越し|この異例の事態の原因は「人手不足」、工事業者や被災地行政機関の人手不足は深刻だ…

東日本大震災の復旧・復興関連事業の予算が昨年度使われないまま今年度に繰り越された総額は1兆2673億円余りに上っている。 震災と原発事故で大きな被害を受けた東北の3つの県と市町村、45自治体中44自治体が繰り越しているという。 その最大の原因は「人手不足」だ。人手を確保できない工事業者は応札せず、復興事業の入札が成立しない例が後を絶たない。

また、被災地自治体の職員不足は深刻で、復興事業を思うように進めれない状況だ。 自民党政権、安倍内閣が本腰を入れて国のテコ入れをし打開することを切に望む。 民主党政権がやった単なる復興予算バラマキの弊害を一刻も早く正さねば、被災地は復興どころか疲弊して行くだけだ。 以下、この関連のクリップ記事を掲載――

使われない復興予算1兆2600億円(NHK)01使われない復興予算 1兆2600億円余りに
(NHK 5月11日 17時45分)

震災と原発事故で大きな被害を受けた東北の3つの県と市町村では、昨年度使われないまま今年度に繰り越された復旧・復興関連事業の予算が合わせて1兆2600億円余りに上る、異例の事態となったことがNHKの取材で分かりました。 工事を請け負う業者や行政機関の人手不足が主な原因で、専門家は国の支援の強化が必要だと指摘しています

使われない復興予算1兆2600億円(NHK)02 使われない復興予算1兆2600億円(NHK)03 使われない復興予算1兆2600億円(NHK)04 使われない復興予算1兆2600億円(NHK)05NHKは岩手・宮城・福島の3県と津波や原発事故による被害を受けた42の市町村について、復旧・復興関連事業の予算の執行状況を取材しました。 その結果、福島県大熊町をのぞく3県と41の市町村で、復旧・復興関連事業の予算が昨年度使われないまま今年度に繰り越され、その総額は1兆2673億円余りに上っていることが分かりました。

内訳をみてみますと、
▽道路や漁港などのインフラ復旧費が2613億円
▽除染費用が1909億円、
▽漁港のかさ上げなど水産業関連費用が940億円
▽内陸や高台への集団移転費用が426億円などでした。

■ 理由は「建設資材と人手」の不足

繰り越した理由について複数回答で尋ねたところ、31の県と市町村が、工事を請け負う業者で作業員や資材が不足しているため入札が成立せず、契約に結びついていないとしています。 さらに27の県と市町村が、職員の不足が続いているため、集団移転や災害公営住宅の事業で用地確保の交渉などが進まず、業者と契約もできないとしています。

使われない復興予算1兆2600億円(NHK)06 使われない復興予算1兆2600億円(NHK)07 使われない復興予算1兆2600億円(NHK)08■ 国の対応届かず

被災地では、復旧・復興関連の事業が集中している影響で業者の作業員が確保できなかったり、堤防や道路の建設に欠かせない生コンクリートなどの資材が不足していたりして、業者が入札に集まらないケースが相次いでいます。

このため国は、
▽原則、業者が負担することになっている作業員の宿泊費用や交通費などを国が代わりに負担することで、被災地以外からも作業員が確保できるよう促すこと、
▽被災地に生コンクリートを生産する工場を建設して資材の供給量を増やすことを決めています。
しかし、去年1年間に東北3県で発注された工事で、業者が集まらず入札が成立しなかった事業は、
▽宮城県で28%
▽福島県で20%
▽岩手県で12%で、
依然事業が進まない状況となっています。

■ 自治体も職員不足

また自治体の職員不足も深刻で、東北3県と津波被災地や原発事故の避難区域を持つ39の市町村では、今年度合わせて1991人の職員が足りないとして、国に支援を求めています。 これに対し国などでは、都道府県や市町村に呼びかけて被災地に職員を派遣していますが、総務省などによりますと、ことし3月末の時点で派遣が決まったのは1409人で、582人が不足しているということです。 被災地の多くでは復興に向けた事業が本格化していて、職員の確保などの支援が急がれます。

■ 専門家「国の支援の強化が必要」

地方財政に詳しい東北大学の増田聡教授は、改めて復興の遅れが裏付けられたとしたうえで、「この状態が続くと復興に向けたプロジェクトが効率的に行われるかどうかといった問題が出てくるおそれがある」と指摘しました。 そのうえで、業者が入札に集まらないことについては、「国はさまざまな対策を導入しているが、うまく復興につながるようにはなっておらず、なかなか特効薬はない。今後事業が本格化するなかでひとつひとつの自治体ごとではなく、広域でどの事業を優先して行うかといった議論も必要だ」と指摘しました。 また、自治体の職員が足りないことについて、増田教授は「民間の方が豊富にノウハウをもっていることもあるので、行政と民間企業との役割分担を検討したうえで、やれるものについては業務を委託すべきだ」として、国の支援の強化とともに職員の負担を減らす工夫が求められていると指摘しています。

使われない復興予算1兆2600億円(NHK)09http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130511/k10014507381000.html


復興増税をし公務員に給与を減らして復興予算を何とか掻き集めた民主党政権は行政能力の無い烏合集団だった。 やったことは単なるバラマキ、チェック機能などという概念のない政治家の集まりだった。 結果として震災復旧・復興の遅れになんら手を打たず、また、省庁の復興予算転用・流用さえ許してしまったのだ――

復興予算1.2兆円、基金化し流用 被災地外にも
(朝日 2013年05月09日)

東日本大震災の復興予算のうち約1・2兆円が公益法人や自治体が管理する「基金」に配られ、今も被災地以外で使われていることがわかった。全国で林道を約1900キロもつくるなど、約20基金が復興とあまり関係のない事業に使っている。政府は昨年、復興予算を被災地以外で使わないことにしたが、基金の使い道をチェックしていないため、抜け道になっている。

政府は被災地の公共事業や雇用支援のため、2011~12年度に約17兆円の復興予算をつけた。しかし、沖縄県の国道整備や反捕鯨団体「シー・シェパード」の対策費などに使われていることがわかり、今年度からは原則として被災地以外では使えないことにした。

ところが、朝日新聞の調べでは、約17兆円からいろいろな基金に配られた約2兆円のうち、約20基金に配られた約1・2兆円分が被災地以外でも使えるままになっている。

農林水産省が所管する「森林整備加速化・林業再生基金」には復興予算から約1400億円がついた。「被災地の住宅再建などのために材木が必要になる」という理由だ。

朝日新聞が岩手、宮城、福島の被災3県をのぞく42道府県(東京都と神奈川県には配られていない)に使い道を聞いたところ、12年度末までに約400億円が約1900キロの林道整備などに使われた。残る920億円でさらに数千キロの林道整備や間伐(木を間引くこと)を進めるという。

全国で学校を卒業して3年以内の人を雇った企業に補助金を出す「新卒者就職実現プロジェクト」には、復興予算から235億円がついた。この事業は、厚生労働省の局長級が天下りしている中央職業能力開発協会の基金で進めている。

ほかにも、震災後に失業した人などの再就職を支援する「重点分野雇用創造事業」(厚労省)に2千億円、「住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策基金」(経済産業省)に323億円などがついている。

基金は各省庁や自治体が数年かかる事業を進めるため、予算などから配られたお金をためておく「財布」として使っている。毎年の決算がなく、財務省のチェックも届きにくい。基金を管理する公益法人には、各省庁の官僚が天下りすることも多い。

このため、財務省も基金に配った復興予算の実態を把握しておらず、各省庁に説明を求めている。今後、被災地以外への流用が確認されれば、事業をストップしたり予算を返すよう求めたりする方針だ。  【座小田英史、古城博隆】

========================================================
〈「基金」による事業〉 基金は各省庁が所管する公益法人や都道府県などが管理・運営している。いったんお金をためておき、何年かかかる事業を進めていく。必要に応じて事業を進められる一方、毎年の決算がないのでチェックが行き届かない。また、公益法人には各省庁から官僚が天下りすることも多い。
========================================================

http://www.asahi.com/national/update/0509/TKY201305080686.html

米原子力空母ニミッツ釜山入港、米韓合同軍事演習5/13まで行なわれる|北朝鮮は沈黙を続けるが、反発行動はあるのか?

米海軍の原子力空母ニミッツが韓国・釜山(プサン)港に5月11日入港した。米韓合同洋上軍事演習が5月13日まで日本海洋上で行われる。 中国4大銀行の送金停止が影響しているのか今のところ北朝鮮はこれといった動きをしていないが、朝鮮中央通信によると「北朝鮮の祖国平和統一委員会は11日、ニミッツの合同訓練参加を非難し、「(米韓が)襲いかかってくれば、敵を砲火で徹底的に攻撃し、原子力空母をはじめ、すべての侵略武力を水に沈める」と警告している。 洋上訓練開始にともなって何らかの反発行動を起こすのか? 訳のわからん国だから、誰にも先が読めないことだが… (釜山(プサン)港に入港した原子力空母ニミッツの写真(下)の後に関連記事をクリップして掲載)――

米韓合同洋上軍事演習(ニミッツ釜山入港)

クリップ記事は下記インデックスの順序で掲載――

■ 米原子力空母 韓国軍と合同軍事演習へ (NHK 5月10日16時3分)
■ 米原子力空母など 韓国に到着 (NHK 5月11日17時45分)
■ 米空母の演習参加 「北朝鮮への抑止力に」 (NHK 5月12日15時30分)

米原子力空母 韓国軍と合同軍事演習へ
(NHK 5月10日16時3分)

アメリカ海軍の原子力空母などが11日に韓国南部のプサンに到着して、13日まで韓国海軍と合同で軍事演習を行うことになり、北朝鮮の挑発を抑え込むねらいがあるとみられます。

米韓合同洋上軍事演習(NHK13-5-10)これは、韓国に駐留するアメリカ軍が10日、明らかにしたものです。 それによりますと、アメリカ海軍の原子力空母「ニミッツ」をはじめ、誘導ミサイル駆逐艦などが11日に韓国南部のプサンに到着し、13日まで韓国海軍と合同で作戦能力を高めるための機動訓練や兵士の救難訓練からなる演習を実施します。

韓国国防省の報道官も10日の記者会見で、「海上での捜索や救助の機動訓練などさまざまな訓練を行うことになっている」と説明しました。 北朝鮮は、このところアメリカや韓国に対する挑発的な言動は控える傾向を見せていますが、米韓両軍は軍事挑発に対する警戒態勢を緩めておらず、このうち韓国軍は今月6日から10日まで朝鮮半島西側の黄海で北朝鮮の潜水艦による攻撃や島への上陸を防ぐための訓練を行いました。 米韓両軍としては、先月末まで続いた大規模な演習のあとも、こうした訓練や合同演習を切れ目なく実施することで、北朝鮮の挑発を抑え込むねらいがあるとみられます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130510/k10014487241000.html

米原子力空母など 韓国に到着
(NHK 5月11日17時45分)

アメリカ海軍の原子力空母などが韓国海軍との演習のため韓国南部のプサンに到着し、船団を率いる司令官は「韓国軍と合同の運用能力の維持は極めて重要だ」と述べて米韓の結束をアピールし、北朝鮮をけん制しました。

米韓合同洋上軍事演習(NHK13-5-11)アメリカ海軍の原子力空母「ニミッツ」と誘導ミサイル巡洋艦や駆逐艦などからなる船団は、韓国海軍との定期的な演習のため、11日プサンにある韓国海軍の港に到着しました。 アメリカ海軍によりますと、船団はプサンに数日間停泊したあと、日本海の海域で、韓国海軍と合同で作戦能力を高めるための機動訓練や救難訓練などの演習を行う予定です。

船団を率いるアメリカ海軍のホワイト准将は、メディアの取材に対し、ニミッツが現在、FA18を中心に戦闘機など64機を搭載していることを明らかにし、攻撃力の高さを強調しました。 北朝鮮はアメリカや韓国に対する挑発的な姿勢は崩していませんが、このところ目立った言動は控える傾向をみせています。 ホワイト准将は今回アメリカ海軍が空母を韓国の海域に投入したことについて、北朝鮮の反応は予測できないとする一方、「韓国軍とアメリカ軍の合同の運用能力の維持は極めて重要だ」と述べ、米韓の軍事的結束の重要性を強調し、北朝鮮をけん制しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130511/k10014507161000.html

米韓合同洋上軍事演習(ニミッツ釜山入港)2米韓合同洋上軍事演習(ニミッツ釜山入港)4 米韓合同洋上軍事演習(ニミッツ釜山入港)3原子力空母「ニミッツ」ホワイト准将1 原子力空母「ニミッツ」ホワイト准将2

米空母の演習参加 「北朝鮮への抑止力に」
(NHK 5月12日15時30分)

小野寺防衛大臣は、北海道八雲町で記者団に対し、アメリカ海軍の原子力空母などが韓国海軍との定期的な演習を行うことについて、アメリカ軍が東アジア地域での存在感を高めることが、挑発的な姿勢を崩していない北朝鮮に対する抑止力になるという認識を示しました。

アメリカ海軍の原子力空母「ニミッツ」と誘導ミサイル巡洋艦や駆逐艦などからなる船団は、韓国海軍との定期的な演習のため、11日、プサンにある韓国海軍の港に到着しました。 これについて、小野寺防衛大臣は、北海道八雲町で記者団に対し、「アメリカの空母が韓国との演習を行い、この地域でアメリカ軍のプレゼンスを高めることはとても大事だ。 威嚇の発言をしている北朝鮮に対しての大きな抑止にもなる」と述べ、アメリカ軍が東アジア地域での存在感を高めることが、挑発的な姿勢を崩していない北朝鮮に対する抑止力になるという認識を示しました。

そのうえで、小野寺大臣は「北朝鮮はさまざまな反応を示しておりしっかりとした警戒態勢をとることが大事だ」と述べ、引き続き北朝鮮に対する警戒・監視に万全を期す考えを強調しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130512/t10014517391000.html