鳥インフル(H7N9)、台湾で初の感染者確認|中国本土以外で感染が確認されたのは初めて。要警戒、パンンデミック!

とうとう中国から飛び火して台湾で感染者が出た。 れまで中国で09人の感染が確認され、このうち22人が死亡している。 中国本土以外で感染が確認されたのは初めてなのだ。 要警戒、パンデミック!――

鳥インフル 台湾で初の感染者確認
(NHK 4月24日19時19分)

鳥インフル(H7N9)、台湾で初の感染者確認1 鳥インフル(H7N9)、台湾で初の感染者確認2 鳥インフル(H7N9)、台湾で初の感染者確認3中国で鳥インフルエンザへの感染が相次ぐなか、台湾で初めて男性1人がH7N9型の鳥インフルエンザウイルスに感染していたことが確認されました。

台湾の衛生当局が日本時間の24日午後6時半から行った記者会見によりますと、感染が確認されたのは台湾の53歳の男性で、先月28日から仕事のため、中国東部の江蘇省蘇州に滞在したあと、今月9日に上海を経由して台湾に戻ったということです。 その後この男性は12日に発熱し、倦怠感などを訴えて16日に病院に入院したということで、検査の結果24日、H7N9型の鳥インフルエンザウイルスへの感染が確認されました。

この男性が中国滞在中に生きた鳥に接触した形跡はないということです。 台湾でH7N9型の鳥インフルエンザウイルスに感染した人が確認されたのは初めてです。 台湾では、今月3日に、H7N9型の鳥インフルエンザを法定伝染病に指定し、感染が疑われる患者が見つかった場合は、医療機関で隔離するとしたほか、空港などで中国から訪れる旅行者への検疫を強化していました。 H7N9型の鳥インフルエンザは、これまで中国東部の上海や浙江省、江蘇省を中心に109人の感染が確認され、このうち22人が死亡しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130424/t10014163881000.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中