空自スクランブル22年ぶり500回超、中国機最多の306回|中国機に対するスクランブルは12年9月の尖閣諸島国有化後に急増、初めてロシア機へのスクランブル(248回)を上回った!

防衛省は17日、領空侵犯の恐れがある国籍不明機に対し、航空自衛隊が2012年度に緊急発進(スクランブル)した回数は、前年度より142回多い567回に上ったと発表した。500回を超えたのは1990年度以来22年ぶり。中国機へのスクランブルは306回で、国・地域別回数を公表した01年度以降過去最多を記録。初めてロシア機へのスクランブル(248回)を上回った。中国機に対するスクランブルは、12年9月の尖閣諸島国有化後に急増。12年4~9月は69回だったが、同10月~13年3月は237回に上った。

聞け、瑞穂クン、これが現実だ! 護憲で日本を守れるか! 現実を直視しない「護憲」は「誤憲」でしかない――

自衛隊機の緊急発進 中国機が最多に1自衛隊機の緊急発進 中国機が最多に
(NHK 4月17日17時59分)

日本の領空に近づき侵犯するおそれがあるとして自衛隊機が外国機に対して行うスクランブル=緊急発進で、中国機が初めてロシア機を上回り、最も多くなったことが防衛省のまとめで分かりました。

自衛隊機の緊急発進 中国機が最多に2自衛隊機の緊急発進 中国機が最多に3 自衛隊機の緊急発進 中国機が最多に5自衛隊機の緊急発進 中国機が最多に4防衛省は、昨年度1年間に航空自衛隊の戦闘機が行ったスクランブル=緊急発進の回数をまとめ、17日、発表しました。 それによりますと、緊急発進はこの20年で最も多い567回に上り、中でも中国機は306回と、248回だったロシア機を初めて上回り、最も多くなりました。

中国機に対する緊急発進は、去年9月に尖閣諸島が国有化されて以降、急増していて、昨年度は9月までの半年間に69回だったのが、ことし3月までの半年間は237回と、3倍を超えています。 また、年度別で見ても前の年度の156回のほぼ倍となっています。 さらに、去年12月、中国の国家海洋局のプロペラ機が尖閣諸島沖の上空で日本の領空を初めて侵犯するなど、活動はより活発になっていて、防衛省によりますと、去年は情報収集のための軍用機が多かったのに対し、ことしは戦闘機の接近が増えているということです。

航空自衛隊で司令官を務めた元空将の永岩俊道さんは「尖閣諸島周辺で、みずからの存在を示すねらいがあると考えられる。中国側も日本との衝突を望んでいないと思うが、不測の事態が起きる懸念もあり、冷静にきぜんと対応することが重要だ」と話しています。

中国機の機種とルート

防衛省がまとめた、中国機の主な飛行ルートのうち、尖閣諸島に監視船を派遣している国家海洋局所属のプロペラ機、「Y12」は、尖閣諸島に北西から接近し、その後、Uターンして遠ざかるコースをとることが多いといいます。 去年12月、魚釣島付近の上空で日本の領空を侵犯したあとも、領空侵犯はないものの、8回にわたって島への接近を繰り返しています。 一方、戦闘機などの軍用機は、Y12より北のエリアを飛行することが多いとみられます。 領空近くまで接近したケースはありませんが、東シナ海上空で飛行訓練中に、日中中間線を越えて日本側に入り込むことがたびたびあるといいます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130417/t10013982691000.html

中国軍艦 尖閣周辺海域を航行1中国軍艦  尖閣周辺海域を航行
(NHK 4月17日17時59分)

中国のミサイル駆逐艦などが17日、訓練の一環だとして沖縄県尖閣諸島の周辺海域を航行し、記者を同行取材させている国営通信が「島は中国の領土だ」と主張する記事を配信するなど、中国として領有権を内外にアピールしています。

中国軍艦 尖閣周辺海域を航行2中国軍艦 尖閣周辺海域を航行3 中国軍艦 尖閣周辺海域を航行4中国の国営メディアによりますと、尖閣諸島の周辺海域を航行したのは、中国海軍の南海艦隊に所属するミサイル駆逐艦「蘭州」とミサイルフリゲート艦「衡水」などからなる訓練編隊です。 ミサイル駆逐艦などは、不審な船への立ち入り検査や拿捕(だほ)などを想定した訓練を西太平洋で行ったあと、16日夜から17日未明にかけて尖閣諸島の周辺海域に入ったということです。

駆逐艦には国営の新華社通信などの記者も乗っており、「南海艦隊の幹部は『中国固有の領土である島の周辺海域を航行することは完全に正当かつ合法で、非難されることではない』と述べた」と新華社通信は伝えています。

中国のメディアは、4月17日は1895年に日清戦争の講和条約、下関条約が締結された日であることを指摘しています。 中国は、「日清戦争の末期に日本が中国から島を盗んだ」と主張しており、下関条約締結の日に合わせて尖閣諸島の周辺を航行することで、領有権を改めて内外にアピールしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130417/k10013985761000.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中