兵庫・淡路市で震度6弱 余震に注意を (NHK4月13日6時5分)

13日朝5時33分ごろ、兵庫県淡路市で震度6弱の激しい揺れを観測する地震がありました。 震源は淡路島付近、東経134.8度、北緯34.4度、マグニチュード、震源の深さ10km。 兵庫県で震度6弱以上の激しい揺れを観測したのは、今から18年前の平成7年1月の阪神・淡路大震災以来です。 阪神大震災では兵庫県の淡路島や神戸市内の直下を走る活断層が動いてマグニチュード7.3の地震が発生し、現在の淡路市の一部や神戸市、宝塚市、芦屋市、西宮市などで、震度7の揺れを観測しました。

================================================
追加情報】 淡路市、地震で液状化現象、地面に亀裂も(NHKニュース4月13日12時17分、クリップ)
================================================

各地の震度は以下の通り――

兵庫・淡路市で震度6弱1 兵庫・淡路市で震度6弱3 兵庫・淡路市で震度6弱2

震度6弱: 淡路市

震度5強: 南あわじ市

震度4: 福知山市 南丹市 大阪旭区 堺区 堺中区 堺南区 岸和田市 泉大津市 泉佐野市 富田林市 河内長野市 和泉市 高石市 泉南市 大阪狭山市 阪南市 忠岡町 田尻町 河南町 千早赤阪村 神戸兵庫区 神戸長田区 神戸垂水区 神戸北区 姫路市 尼崎市 明石市 芦屋市 豊岡市 加古川市 赤穂市 三木市 高砂市 三田市 加東市 たつの市 稲美町 播磨町 上郡町 大和高田市 広陵町 和歌山市 海南市 有田市 田辺市 湯浅町 和歌山広川町 和歌山日高町 印南町 みなべ町 日高川町 岡山南区 倉敷市 瀬戸内市 真庭市 里庄町 徳島市 小松島市 阿南市 阿波市 牟岐町 美波町 海陽町 松茂町 北島町 藍住町 板野町 高松市 さぬき市 土庄町 綾川町

http://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/index.html?id=JSA0130413053320_20130413054831

兵庫・淡路市で震度6弱 余震に注意を
(NHKニュース 4月13日6時5分)

兵庫・淡路市で震度6弱4 兵庫・淡路市で震度6弱513日朝早く、兵庫県淡路市で震度6弱の激しい揺れを観測する地震がありました。
気象庁の長谷川洋平地震津波監視課長は、午前7時半から記者会見を開き、「揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがある。今後、震度5弱程度の余震が起きるおそれがある」と述べ、揺れの強かった地域では余震に十分注意するよう呼びかけています。

淡路市で震度6弱

13日午前5時33分ごろ、兵庫県淡路島付近を震源とするマグニチュード6.0の地震があり、▽淡路市で、震度6弱の激しい揺れを観測しました。 また、▽震度5強を、兵庫県南あわじ市、▽震度5弱を、兵庫県洲本市、大阪府大阪岬町、徳島県鳴門市、香川県東かがわ市、小豆島町、▽震度4を、兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、岡山県、徳島県、香川県の各地で観測しました。
このほか、▽西日本と東海、北陸、長野県の各地で、震度3から1の揺れを観測しました。 気象庁の観測によりますと、震源地は淡路島付近、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.0と推定されています。

淡路島で液状化現象か

兵庫県淡路島の南あわじ市役所では、庁舎の瓦が崩れ落ち、地面に多数、散乱していました。 また、瓦の一部が、駐車場の車の上に落ちてフロントガラスが割れる被害も出ています。 庁舎の1階と2階の階段の壁には地震の揺れで縦およそ2メートルの亀裂が入っていました。 震度6弱の揺れを観測した兵庫県淡路市内の駐車場では、地面のコンクリートに亀裂が入り、水が湧き出しているのが確認されているということです。 淡路市は、地震による液状化の影響ではないかとみて調べています。

余震に注意を

この地震のあと、余震とみられる体に感じる地震が相次いでいます。 午前5時41分には、淡路島付近でマグニチュードは3.8の余震があり、淡路島の洲本市と淡路市でいずれも震度3を観測しました。 気象庁は「揺れの強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがある。今後1週間程度は震度5弱程度の余震が起きるおそれがあり注意してほしい」と述べ、揺れが強かった地域では余震に十分注意を続けるよう呼びかけています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130413/k10013887681000.html

気象庁会見「余震に十分注意」
(NHKニュース 4月13日8時14分)

兵庫・淡路市で震度6弱6今回の地震について、気象庁の長谷川洋平地震津波監視課長は記者会見で、「揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっていて、今後1週間程度は、震度5弱程度の余震が起きるおそれがあり、十分、注意して欲しい」と述べました。

また、「今回の地震は、平成7年の阪神・淡路大震災を引き起こした兵庫県南部地震の余震が起きた範囲の南の端にあたる。地震のメカニズムは、今回は逆断層タイプで、兵庫県南部地震の横ずれタイプと異なるため、関連については詳しいことはよく分からない」と説明しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130413/k10013889891000.html

兵庫・淡路市で震度6弱8 兵庫・淡路市で震度6弱9淡路地震・液状化

震度6弱はおととし4月以来
4月13日 10時19分

全国で震度6弱以上の揺れを観測したのはおととしの巨大地震の1か月後、4月12日に福島県中通りで起きたマグニチュード6.4の地震以来です。 このときは、福島県いわき市と茨城県北茨城市で震度6弱の激しい揺れを観測しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130413/t10013891061000.html

震源、「未知の活断層」原因か 淡路地震、研究者確認
(朝日 2013年4月14日5時55分)

13日早朝にあった兵庫県の淡路島付近を震源とする地震は、「未知の活断層」が引き起こした可能性が高い。震源の位置や余震の分布などが、既知の活断層と一致しないと複数の研究者が確認した。

淡路地震・震源地・未知の断層 周辺の活断層に詳しい岡田篤正・京都大名誉教授はこの日午前、本社ヘリで淡路島の震源域を上空から調べた。「気象庁が示す震源の位置や断層の向きなどから推定される場所に、活断層を示すような明瞭な地形は見あたらなかった。これまで知られている活断層ではなく、未知の活断層が動いた可能性がある」と指摘した。

また、遠田晋次・東北大教授(地震地質学)によると、淡路島中央部には今回の地震を起こした断層と向きが同じ既知の活断層が一つあるが、今回の余震分布はそこから5~6キロ離れていて、一致しなかった。

余震分布を解析したところ、淡路市江井にある江井崎から南へ約10キロの範囲内に、知られていない短い活断層が存在する可能性があるという。「六甲・淡路島断層帯」のうち、国の地震調査委員会が認定している活断層の中にはみあたらない。

一方、今回の地震について、多くの専門家が阪神大震災の「余震」の可能性があるとみている。震源が阪神大震災を起こした野島断層の南端の周辺にあり、ひずみが伝わるなどの影響が及んだとみられるからだ。過去には、大地震の数十年後にマグニチュード(M)6を超す余震が起きたこともある。

飯尾能久・京大教授(地震学)は「もともと、今回のようなM6の前半の地震は地表面にずれなどの地形変化を生じさせることはあまりない。地表面に出ていなくても、今回ぐらいの地震を引き起こすような断層はどこにあってもおかしくないという前提で、防災対策を考える必要がある」と指摘する。

http://www.asahi.com/national/update/0414/TKY201304130407.html?ref=com_rnavi_arank

淡路地震・震源地・未知の断層2

淡路地震 「未知の活断層で発生」 調査委 「阪神の余震」
(2013年4月14日17時3分)

淡路地震・震源地・未知の断層313日早朝に兵庫県淡路島で起きた地震について、政府の地震調査委員会は14日、臨時の委員会を開き、今回の地震は今まで知られていなかった活断層によって引き起こされたと発表した。広い意味で、阪神大震災の余震とみられるという。

今回の地震を引き起こした活断層は、淡路島中西部にある西傾斜の逆断層で、長さは南北方向に約10キロ。委員会は周辺のすでに知られている活断層とは断層の向きや位置が異なり、直接関係はないとした。

マグニチュード(M)6級の地震を引き起こす活断層は地表から見えることはあまりなく、委員会が把握していない活断層は多数ある。

南海トラフで繰り返し起きる巨大地震との関係については、M6級の地震は西日本で多数起こっているとしたうえで「今回の地震だけで南海トラフの切迫度を議論するのは難しい」とした。

本蔵義守委員長は「M6級の地震はどこで発生してもおかしくない。どこでも起こるものと考えてほしい」と話した。

http://www.asahi.com/national/update/0414/TKY201304140073.html

淡路島の建物被害 約2000棟に
(NHK 4月14日22時10分)

13日、震度6弱の地震があった兵庫県の淡路島で被害が大きかった地域を中心に自治体による調査が行われ、これまでに2000棟近い建物で被害が確認されました。

13日の早朝、震度6弱の地震があった兵庫県の淡路島では、14日、各地で被害の実態調査が行われました。 このうち震度5弱の揺れを観測した洲本市では、午前8時半から市の職員300人が出て、被害が大きかった炬口地区などを中心に調べました。 職員は1軒1軒住宅を回り、壁にひびが入っていないか住民から聞き取ったり、家の中に入って状況を確認したりしていました。 また市の中心部にある商店街では、店の店主などから建物の被害や営業に影響がないかどうか聞き取っていました。 この調査の結果、洲本市と淡路市、それに南あわじ市の3つの市で、合わせて1966棟の建物で被害が確認されました。

被害の大きかった地域では、地震の揺れで瓦が崩れ落ちた屋根を覆うためのブルーシートが住民に配布され、住民たちは屋根に上ってシートをかける作業に追われていました。 60代の男性は「地震で家が傾いて水が出なくなってしまった。 修理するお金もないので市に補助をしてほしい」と話していました。 一方、今回の地震でけがをした人は洲本市で2人増え、25人となりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130414/t10013909821000.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中