イギリスのサッチャー元首相死去|「鉄の女」と呼ばれたサッチャー元首相なくしてイギリスの復活はなかったに違いない…

その強硬な政治姿勢から「鉄の女」(Iron Lady)と呼ばれたマーガレット・ヒルダ・サッチャー(Margaret Hilda Thatcher)元英国首相。 賛否両論はあったが、その指導力は敬服に値する。 87歳だったそうだ。 哀悼の意を表する。

サッチャー元首相死去1
以下、NHKニュース――

イギリスのサッチャー元首相死去 英メディア伝える
(NHKニュース 4月8日21時36分)

サッチャー元首相死去2サッチャー元首相死去3イギリスで初めての女性の首相として11年余りにわたって政権を率い、その強硬な政治姿勢から「鉄の女」とも呼ばれたサッチャー元首相が8日、死去しました。

87歳でした。

サッチャー元首相のスポークスマンによりますと、サッチャー元首相は、8日朝、脳卒中を起こしたあと、死去したということです。

サッチャー元首相はイギリス中東部グランサムの出身で、オックスフォード大学を卒業したあと、1959年に保守党から下院議員に初当選しました。 1975年には保守党党首となり、4年後の1979年の総選挙で、「小さな政府」への転換やイギリス経済の復活を公約に掲げて政権交代を実現し、イギリスで初めての女性の首相に就任しました。

在任中は一貫して市場経済を重視する政策をとり、国有企業の民営化を進めたほか、減税や金融の規制緩和を行い、「英国病」とも言われたイギリス経済の活性化に道筋をつけたとされています。 また、東西冷戦が続くなか、当時のアメリカのレーガン大統領と共に反共産主義の立場をとったほか、1982年には南大西洋のフォークランド諸島の領有権を巡って対立したアルゼンチンを軍事力で屈服させ、その強硬な政治姿勢から「鉄の女」とも呼ばれました。

しかし、ヨーロッパの統合に対して距離を置く政治姿勢が政府内や保守党内からの反発を招き、1990年、辞任に追い込まれました。

サッチャー元首相はその後も講演活動などを続けていましたが、2002年以降は健康上の理由から政治活動を控えるようになっていました。 おととしには、サッチャー元首相の首相時代や晩年の姿を描いた映画、「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」が公開され、世界的に大きな反響を呼びました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130408/k10013770101000.html

サッチャー元首相 「鉄の女」の生涯
(NHKニュース 4月8日21時36分)

サッチャー元首相は東西冷戦末期の時代にあってアメリカのレーガン大統領と歩調を合わせて反共産主義の旗振り役を務め、その強硬な政治姿勢から「鉄の女」とも称されました。

サッチャー元首相はイギリス中東部の町、グランサムの出身で、オックスフォード大学を卒業後、1959年、保守党から下院議会議員選挙に立候補し初当選を果たしました。

1975年に保守党の党首となり、1979年の総選挙では「小さな政府」による経済の回復を公約に掲げて労働党から政権を奪い、イギリスで最初の女性首相となりました。

サッチャー元首相は、市場経済を重視する政策を進め、電気や電話など、およそ40の国有企業の民営化に踏み切ったほか、金融の規制緩和や大幅な減税を断行し、「英国病」とも呼ばれた不況に陥っていたイギリス経済の活性化に道筋を付けたことが高く評価されています。

また、東西冷戦末期の時代にあってアメリカのレーガン大統領と歩調を合わせて反共産主義の旗振り役を務め、その強硬な政治姿勢から「鉄の女」とも称されました。

1982年には、イギリスが実効支配している南大西洋のフォークランド諸島に領有権を主張するアルゼンチンが軍事侵攻したことから、サッチャー元首相の指示でイギリスが艦隊を派遣し、「フォークランド紛争」が起きました。 74日間にわたる戦闘で合わせて900人を超える犠牲者を出した末、イギリスが島を奪還しました。

サッチャー元首相は3期、11年余りに渡って政権を率いましたが、ヨーロッパの経済統合に消極的な姿勢を示して当時のEC=ヨーロッパ共同体でイギリスの孤立を深めたことや国内の課税政策を巡って批判を招いたことなどから1990年、首相と党首を辞任し、後任をメージャー氏に譲りました。

サッチャー元首相は退任後も各地で演説や著書の出版など精力的な活動を行なって政界への影響を持ち続けていましたが、ここ数年は健康問題を理由に公の場での活動を控えていました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130408/k10013770411000.html

だれが「鉄の女」と呼び始めたのか?――

「鉄の女」はソ連軍機関紙「赤い星」が命名
(産経 2013.4.8 22:59)

サッチャー氏は、東西冷戦時の最中に英首相に就任しただけに、対ソ連外交の舞台でもその存在感を遺憾なく発揮した。

そもそも、サッチャー氏の代名詞となった「鉄の女」は、1976年に保守党党首として英政界を率い、「(ソ連は)歴史上最も強大な帝国国家」などと歯にきぬ着せぬ言い回しで非難していた姿に着目したソ連国防省機関紙「赤い星」が名づけたもの。 サッチャー氏は後に、敵対する国家に強い意志を持って対応する政治家のイメージが定着し、自身もこの呼び名が気に入っていたという。

80年にはソ連がアフガニスタンに侵攻した。81年に最高指導者のブレジネフ書記長が75歳の誕生日を迎え、英政府は外交儀礼にのっとり、記念電文を用意したが、サッチャー氏が固持し、送付しなかった。

昨年、公開された英公文書にはこの件の経緯がまとまられ、「首相はアフガン情勢が、祝意を送らないことに十分に足る理由と考えている」と記されていた。

一方、ペレストロイカを掲げて登場したゴルバチョフ氏に対しては、最高指導者に就任する前年の84年にBBCに「私は彼のことを気に入っている。彼となら一緒に仕事ができる」とコメント。これまでのソ連のリーダー像とは違う趣のゴルバチョフ氏の登場を歓迎するメッセージを送った。

その後、2人は米国のレーガン大統領とともに東西冷戦を平和裏に集結させた立役者となった。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130408/erp13040823010007-n1.htm

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中