<ドラえもん> 観客動員数、 邦画史上初の1億人突破!|あの「ゴジラ」の9千9百万人を抜いてしまった…ドラえも~ん

<ドラえもん映画、1億人見た シリーズ34作目で突破> 東宝は25日、1980年から公開されている「映画ドラえもん」シリーズ34作の累計観客数が、1億人を超えたと発表した。 日本で公開されたシリーズ映画史上初めて合計で観客動員数を1億人を突破した。東宝によると、これまでの邦画シリーズの最高記録は「ゴジラ」28作の9900万人。また、松竹によると、「男はつらいよ」48作は約8千万人だという。
ドラえもん1億人突破1 ドラえもん1億人突破2ドラえもん1億人突破3配給会社の東宝の25日に発表によると、映画ドラえもんは、昭和55年に公開された1作目「のび太の恐竜」後、ほぼ毎年、新作が発表され、去年の33作目の「のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~」までの合計の観客動員数が、9849万人に上っていた。 今月9日からは、34作目となる「のび太のひみつ道具博物館(みゅーじあむ)」が公開され、今月22日の時点で、この作品の観客動員数が156万人になったという。 このため、シリーズ全体での合計が1億5万人となった。

これは、日本で公開されたシリーズ映画の中で、最も多くの観客動員数を記録していた「ゴジラ」シリーズ28作品の合計9900万人を超え、初めて1億人を突破した。 観客動員数はさらに伸びていて、25日の時点で、合計が1億30万人になっているという。

ドラえもんの作者で故藤子・F・不二雄さんの妻、藤本正子さんは、「うれしいです。こんなに大勢の方々にかわいがっていただいて。幸せね。ドラえもんは」とコメントしている。

 「ドラえもん」の主な作品の観客動員数

● 映画ドラえもんは、昭和55年にシリーズ1作目の「のび太の恐竜」が公開された。 この映画は、のび太と、のび太を親のように慕う恐竜「ピー助」との交流などを描いた作品で、320万人を動員するヒット作となった。
ドラえもん1億人突破4● 昭和57年に公開されたシリーズ4作目の「のび太の大魔境」は、独自の進化を遂げた犬の王国を舞台にした冒険物語で、250万人を動員した。

● 平成元年に公開されたシリーズ11作目の「のび太の日本誕生」は、ドラえもんやのび太たちがタイムトリップした7万年前の世界を舞台に、凶暴な「クラヤミ族」と戦う「ヒカリ族」を助けるという冒険物語で、ドラえもんのシリーズでは最も多い420万人の動員を記録した。
ドラえもん1億人突破5● 平成17年の4月に、アニメのドラえもんの声優陣が一新され、翌年、公開された「のび太の恐竜2006」は、新しい声優たちが1作目のリメイク版に臨み、297万人を動員した。

● 去年公開された、「のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~」は、絶滅動物が集められた島を舞台にドラえもんたちの冒険を描いた作品で、声優陣が一新されて以降、最も多い331万人を動員した。
ドラえもん1億人突破6● 今月9日から公開されている「のび太のひみつ道具博物館」は、すべてのひみつ道具が展示された博物館を舞台に、ドラえもんの鈴を盗んだ正体不明の怪盗を追うミステリー仕立ての物語で、25日までに181万人を動員している。
ドラえもん1億人突破7(参照: NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130326/k10013449791000.html

ドラえもん1億人突破8

ドラえもん1億人突破9

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中