中国の日本人学校に採用内定の教員、3分の1辞退⇒尖閣、反日デモ、大気汚染の影響?

尖閣問題、中国の暴動まがいの反日デモ、PM2.5大気汚染などが影響しているのだろうか? 今春、赴任予定だった中国の日本人学校の採用内定教員が内定を辞退するケースが相次ぎ、辞退者は日本で募集した教員の3分の1に上ったという。 あの国の状況を目の当たりにすれば尻込みしてしまうのも無理からぬことと思わんでもないが、先生がいなくては中国在住の日本人児童・生徒らが困るのもまた事実――

中国の日本人学校内定教員、3分の1辞退
尖閣など影響
(日経 2013/3/20 23:20)

中国の日本人学校の採用内定を得て、今春赴任予定だった教員が、内定を辞退するケースが相次いでいる。沖縄県・尖閣諸島を巡る対日感情の悪化や大気汚染に不安を感じる人が多く、学校側が日本で募集した教員のうち、辞退者は3分の1に上った。予定数を確保できなかった学校は、教員が教科を掛け持ちするなど対策に追われた。

日本人学校の教員は文部科学省の派遣が6~8割程度を占め、残りは各校が独自に採用する。ただ、アジアなどでは各校が単独で採用活動するのは難しく、主に海外子女教育振興財団(東京)を通じて募集している。財団を通じた採用で、内定者は赴任地を選べない。

財団は1月下旬、2013年度に採用する計110人を内定。うち北京や上海など中国の9校が44人を占めた。しかし内定先を中国と伝えると、「親が心配している」などとして17人が辞退。いずれも20~30代の若手で、繰り上げ内定を出すなどしたものの、最終的に中国への赴任者は31人を確保するにとどまった。

中国以外に赴任する教員の内定辞退はほとんどないといい、財団の担当者は「尖閣問題で起きた大規模な反日デモや、微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染で、中国での勤務に不安を感じる人が多い」と話す。

このため中国の各校は、追加募集のほか、今いる教員が免許外の教科を掛け持ちしたり、経験の浅い教員が担任を受け持てるよう研修したりと対応に追われた。

赴任を決めた人の決意は固い。上海日本人学校に赴任する札幌市の小学校教員、小栗雄太さん(27)は「反日感情が強いのは一部。子供も暮らしており大丈夫」と親を説得したと話すが、こうした人ばかりではない。財団は不安を和らげるため、内定者向け研修会で日本人学校元教員との交流会を始めた。

日本人学校に詳しい東京学芸大の佐藤郡衛副学長は「断片的な情報で不安が広がっている。日本人学校は、緊急時の対応策を作り、赴任者の理解を得ることが必要だ」と指摘している。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG19050_Q3A320C1CR8000/

【関連記事】

「四日市ぜんそく」に匹敵 北京日本人学校で大気汚染説明会
(日経 2013/2/21 22:26)

北京の日本大使館は21日、北京日本人学校(多田賢一校長)で、北京市の大気汚染の状況に関して保護者向けの説明会を開催した。 平野加容子医務官は四大公害病の一つ、四日市ぜんそくが発生した1960年代から70年代の三重県四日市市に近い状況との認識を示し、室内での空気清浄器の使用や外出時のマスク着用をあらためて呼び掛けた。

また、平野氏は体育など屋外活動を制限する独自の学校基準をさらに厳しくした方が良いとの個人的見解も明らかにした。

日本人学校では大使館などと協議し、中国の大気汚染指数が300(微小粒子状物質「PM2.5」が1立方メートル当たり約250マイクログラム)以上になると屋外活動を禁止する基準を昨年から設けている。

日本の環境基準の35マイクログラム以下と比べてかなり緩いが、基準を厳しくすると体育の授業の日数が確保できなくなるという。現行基準ですら1月は15日間、屋外活動が禁止された。

多田校長は「全ての教室に空気清浄器を設置している。屋外活動を日本レベルで制限したら体育の授業はできなくなるのではないか」と述べた。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM21063_R20C13A2FF2000/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中