ローマ法王退位のナゾ|<バチカンの醜聞>権力闘争、汚職、同性愛…

ローマ法王退位|バチカンの醜聞2ローマ法王ベネディクト16世(85)は27日、バチカン市国のサンピエトロ広場で、退位前の最後の一般謁見を行った。一般謁見にはローマ内外から約15万人の信者らが集い、ここ数年で最も多かったという。 法王はスピーチの中で、「喜びと光明の時もあったが、しけや逆風の時もあった」と述べた。

法王の「しけや逆風の時」という言葉は、近年の揺らぐローマ法王退位|バチカンの醜聞3カトリック教会を指していると思われる。カトリック教会は、実は近年、聖職者による未成年者ヘの性的虐待問題の発覚、法王庁の内部文書流出事件、バチカンの階層構造をめぐる権力闘争などで揺れていた。 これらの騒動は後継者選びに影響し、教会の肥大化した階層構造を抑制できるかが焦点になると報じられている。 ローマ法王退位表明と相前後して「バチカンの醜聞」(バチカンのスキャンダル)が噴出し始めた。

約600年ぶりとなる存命中の退位には多くの謎が残る。 高齢と健康問題の他に、異例の決断に至ったバチカンの抱える数々の問題…今日の朝日朝刊のクリップ記事より(後段に関連情報とリンク掲載)――

ローマ法王退位|バチカンの醜聞バチカン 醜聞噴出
幹部の同性愛・権力闘争・汚職
(朝日新聞紙面版 2013-3-2 11面「国際」)

約11億人の信徒を擁するカトリックの総本山、バチカン(ローマ法王庁)のトップ、法王ベネディクト16世が退位した。教義に厳格で保守的であるがゆえ、約600年ぶりとなる存命中の退位には多くの謎が残る。異例の決断を機に、枢機卿による権力闘争、聖職者による子どもへの性的虐待問題といった退位の「真相」が噴出している。

法王退位きっかけ

「対立心と分裂が教会をおとしめた」。ベネディクト16世は2月11日の退位表明後、バチカンの現状に対して苦言を呈し続けた。激しい「権力闘争」の存在を認めたものだった。

欧米メディアでは、ドロドロした醜聞が連日のように報じられている。退位表明の直前、バチカンに衝撃的な「告発」がもたらされていた、と伝えたのは英紙オブザーバーだ。

英国のカトリックで最高位の聖職者であるスコットランド・エディンバラ大司教のオブライエン枢機卿が1980年代から神学生に「不適切な行為」を強要していた、というものだった。オブライエン氏は性的虐待疑惑を否定しながらも大司教を辞し、「ローマで、新法王ではなく私に注目が集まることは望まない」と法王選挙(コンクラーベ)の欠席を決めた。

また、米ロサンゼルス名誉大司教のマホニー枢機卿らも、聖職者による子どもへの性的虐待の発覚を隠蔽(いんぺい)していた、としてコンクラーベへの出席を疑問視されている。

さらにイタリアの主要紙レプブリカは「同性愛で固く結ばれた聖職者たちがバチカンの要職を占めていることが発覚し、法王に退位を決断させた」と報じた。バチカンから機密文書が流出した事件に関する調査委員会がこれを把握し、法王に伝えていたという。事実なら「社会を破壊する」と同性愛を厳しく批判してきた法王にとって、耐えられないことにほかならない。

そもそも機密文書流出事件の背景には、ベネディクト16世の最側近で、次期法王候補の一人であるベルトーネ国務長官(首相に相当)とほかのイタリア人枢機卿との権力争いがあるとされる。

ベルトーネ氏は前法王のヨハネ・パウロ2世に近い勢力を排除しようとして多くの枢機卿と対立。バチカンの資金を管理・運用し、通称「バチカン銀行」と呼ばれる宗教事業協会の情報公開にも、「バチカンの力を失わせる」と反対したとされる。ベルトーネ氏をめぐる汚職や縁故主義を告発する文書も次々と明るみに出た。だが「学者肌」のベネディクト16世には政争を鎮める力はなかった。

85歳となったベネディクト16世は今年に入ってから、バチカン内で散歩していて倒れたところを複数の人に目撃されたという。自らがさらに老いた時、教会がいかに揺らぐか――。その恐れが、異例の退位に踏み切らせた可能性は高い。

退位3日前となる先月25日、内部文書流出事件に関する報告書がベネディクト16世に提出された。報告書は、枢機卿に対してすら公開を禁じられた。読むことができるのはベネディクト16世と、近く行われるコンクラーベで選出される次期法王だけという。

上記の記事に出てくる渦中の「スコットランド・エディンバラ大司教のオブライエン枢機卿(Cardinal Keith O’Brien)」とはこの人なのだが――

ローマ法王退位|バチカンの醜聞4ワシントン・ポスト(Washington Post)はこのような記事を掲載していた――

Vatican shifts tone on cardinals linked to sex scandals
(Washington Post|February 25, 2013)

ROME ― Before the election of Pope Benedict XVI, the Vatican circled the wagons around cardinals ensnared in sex abuse scandals. As the church prepares to pick Benedict’s successor, those embattled cardinals increasingly find themselves under the wagon wheels.

In a wide-ranging news conference on Monday, the Vatican struck a markedly blase tone when asked about the decision by British Cardinal Keith O’Brien not to attend the conclave to elect the next pope. Hours earlier, the Vatican had accepted O’Brien’s immediate resignation over sexual harassment accusations.

Whereas the Vatican made clear in 2005 that disgraced Cardinal Bernard Law of Boston was expected to report to the Sistine Chapel, on Monday it said it had nothing to do with O’Brien’s announcement.

In other words, he was on his own.

“The cardinal can say what he wants to say,” the Vatican spokesman, the Rev. Federico Lombardi, told a packed briefing room.

“There is a clear shift in rhetoric,” said John Allen, a leading Vatican observer and correspondent for the National Catholic Reporter. “In 2005, the Vatican stated that it was a clear duty for cardinals to participate in the conclave. It appears that they are now shifting the burden for making that decision onto the cardinals themselves.”

The Vatican officials focused Monday on a new amendment to Vatican rules governing papal succession. The new norms, issued by Benedict in an edict known as a Motu Proprio, stipulated that the two-thirds threshold required to elect a pope should take into account only those voting cardinals present, not the entire voting body of cardinals, which excludes those older than 80. It also put the burden on the College of Cardinals to select the opening date of the conclave.

“It can’t happen before the first of March because they won’t meet before the first of March,” Lombardi said of the cardinals. “And they probably won’t decide during their first meeting.”

But the Vatican press office again found itself in the uncomfortable position of discussing some of the church’s most painful episodes. Much of the news conference focused on secrets, past and present.

Benedict’s edict was fleshed out by Bishop Pier Luigi Celata, who explained that, while cardinals are immune from formal discipline for spilling any secrets from the conclave, other Catholics guilty of such a transgression now risk excommunication by the pope.

One reporter, noting that vote tallies of the conclave inevitably make their way into the media, asked if journalists too could be excommunicated for publishing the nominally secret results.

“A disciplinary intervention on the part of the pope” was possible, Lombardi responded.

The officials also commented on Benedict’s meeting that morning with three cardinals he had appointed to investigate a papal letter-leaking scandal that cast a shadow over his last year in office. The probe into the “VatiLeaks?” affair has prompted months of speculation, including thinly sourced recent reports in the Italian media claiming that the trio discovered a faction of gay Vatican priests who were being blackmailed by laymen with whom they had had “worldly” relations.

The Vatican’s top office, the Secretariat of State, over the weekend blasted those reports as “unverified, unverifiable or completely false news stories.”

On Monday morning, Benedict dissolved the investigative committee and, according to a Vatican statement, “expressed satisfaction for the results of the investigation. .?.?.The Holy Father has decided that the acts of this investigation, known only to himself, remain solely at the disposition of the new pope.”

While the report remains for the pope and his successor’s eyes only, the three cardinals are, the Rev. Tom Rosica said, “free to share ideas or answer questions” about their investigation, with the understanding that the information could prove germane to cardinals selecting the next pope.

Lombardi insisted that the development marked the stubborn scandal’s “conclusion.”

<http://articles.washingtonpost.com/2013-02-25/world/37290503_1_vatican-spokesman-cardinals-excommunication>

◇ 関連情報とリンク ◇

  • バチカンに渦巻くマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑 (Newsweek 2012年05月15日)|米大手銀行JPモルガン・チェースはバチカンの国家財政管理を担う宗教事業協会(通称バチカン銀行)がミラノ支店に保有する口座を閉鎖。 http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2012/05/post-2542.php
  • カトリックの総本山バチカン市国で、昨年12月31日以来、クレジットカードの利用が停止されている。同国のマネーロンダリング対策に問題があるとして、イタリアの中央銀行がカード決済業務を請け負う銀行の業務許可を取り消したため。 (税金と保険の情報サイト 2013年1月5日) http://www.tax-hoken.com/news_ataSJWXwFK.html

広告

ローマ法王退位のナゾ|<バチカンの醜聞>権力闘争、汚職、同性愛…」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: バチカン「性的虐待」「情報漏えい」等を受け刑法などを改正 | 社会 | カトちゃんニュース

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中