<空駆ける少女・高梨沙羅>帰国後初の地元大会で優勝

ノルディックスキーの世界選手権で2つのメダルを獲得したジャンプ女子の高梨沙羅選手が、帰国後初めて地元・北海道で開かれている大会に出場して優勝した。

高梨 帰国後初の地元大会で優勝1高梨選手は、イタリアで開かれている世界選手権のジャンプ女子のノーマルヒルで銀メダルを、混合団体で金メダルを獲得して、先月27日に帰国した。 高梨選手は1日、札幌市で開かれている宮様スキー大会のノーマルヒルに出場し、会場の宮の森ジャンプ競技場には、地元に戻った高梨選手を一目見ようと熱心なファンが集まった。

高梨 帰国後初の地元大会で優勝2風向きが目まぐるしく変わる難しいコンディションのなか、高梨選手は1回目、出場した女子選手の中で最も遠い97メートル50を飛んでトップに立った。 2回目は84メートルと距離を伸ばせなかったが、今シーズン、課題にしている着地を決め、ほかの選手を大きく引き離して優勝した。
高梨 帰国後初の地元大会で優勝3高梨 帰国後初の地元大会で優勝4高梨選手は「2回目の着地はしっかりできたと思うので満足です。イタリアでの反省点をここで直せたと思います」と話していた。 高梨選手は3日に開かれる宮様スキー大会のラージヒルにも出場する予定。

高梨 帰国後初の地元大会で優勝5(NHKニュース 3月1日16時19分クリップ <http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130301/k10015886341000.html>)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中