南鳥島沖のレアアースは高濃度、中国鉱山の30倍の濃度!

南鳥島沖の海底の泥に、極めて高い濃度のレアアースが含まれていることが現地調査の結果わかった。 元素によっては、中国の鉱山で採掘されるものと比べて30倍上回る濃度だ。

南鳥島レアアース1昨年6月に、東京大学・加藤泰浩教授の研究チームが南鳥島沖の海底に日本の消費量の230年分のレアアースが存在すると発表。 それを受け、 去年12月に経産省の独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構(=JOGMEC)」が海底を調査し、今年1月には文科省の独立行政法人「海洋研究開発機構(=JAMSTEC)」の調査船が南鳥島沖で水深5600メートルの泥を採取した。 15の地点で泥を採取した結果、濃度は最大で6000ppmで、レアアースの含有率が0.6%だったという。

このブログでは、レアアースに関し過去3回以下の記事を投稿している。 日本の海洋海底資源は大いなる可能性を秘めいている。 国家戦略としてこれを開発しなければ日本の存続をも左右する海洋海底資源はままならない。 国家戦略が皆無だった民主党政権の時はこの問題は惨憺たるものだったが、自民・安倍政権になって積極的にことが動き出した。 沈没寸前だった船「日本丸」のエンジンがようやく動き出した――

● 「<南鳥島周辺EEZ内の海底に大量のレアアース! やった~!> 民主党よ、下らん茶番の政争なんぞはとっとと止めて即開発に力をそそげ!」 2012年6月29日

● 「南鳥島沖レアアース採掘、3年で商業化可能!」 2012年7月20日

● 「<南鳥島付近の海底レアアース調査へ>調査船「かいれい」出動、1月下旬!」  2013年1月2日

以下、NHKニュースクリップ――

南鳥島沖のレアアースは高濃度
(NHK 2月27日18時15分)

南鳥島レアアース2南鳥島レアアース3南鳥島レアアース4南鳥島レアアース5南鳥島レアアース6南鳥島レアアース7

日本の排他的経済水域である南鳥島沖の海底には、去年、大量のレアアースが存在することが明らかになりましたが、その濃度は、元素によっては中国の鉱山の30倍余りに上っていることが、現地調査の結果、分かりました。 深い海からの引き上げ技術の確立や、採算がとれるかといった課題がありますが、専門家は「資源として開発できる可能性が高まった」と期待しています。

日本の排他的経済水域である南鳥島沖の海底の泥には、去年、大量のレアアースが存在することが、東京大学の研究で明らかになり、先月には船舶による現地調査が行われました。 調査では、水深5000メートルを超える海底から泥が採取され、分析の結果、レアアースは6000PPMという高い濃度で含まれていることが確認されました。

濃度は海域や深さによって異なっていたということですが、濃度の高い場所では、レアアースの中でも特に重要とされ、ハイブリッド車の製造などに欠かせない「ジスプロシウム」が、中国南部の鉱山のおよそ20倍の濃度で含まれていたということです。 また、この泥の中には、LED照明などに利用される「ユウロピウム」が35倍、IT機器に必要な「テルビウム」も16倍の濃度で含まれていたということです。 泥の分析を行った東京大学の加藤泰浩教授は、「レアアースが高い濃度で含まれる泥が、海底面に近いところで見つかったので、資源として開発できる可能性が高まった」と話しています。

ただ、今回レアアースが見つかった、5000メートルを超える深海では、世界的にもこれまでに資源開発が行われた実績はなく、経済産業省などは今後、引き上げ技術の開発や、採算がとれるかといった課題について、検討を進めることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130227/t10015828671000.html

5000メートルを超える深海でも、日本という国はレアアースを吸い上げて実用化するという意気込みを示さなければならない。 それをしなければレアアースの価格は中国に牛耳られるだけだ。あらゆる知恵と意気込みをを示してやっていかなければ日本の生き残る道はない。

「2番じゃダメなんですか?」という平和ボケした認識では国家もその国民の生存も成り立たない….聞こえますか….聞こえますか….レンホー君….まだ会えぬ君に伝えたい…君のパフォーマンスを….国民は….見抜いているいると….聞こえますか…聞こえますか….レンホー君…..国民は….襟をたてる大臣ではなく….襟をただす大臣を….望んでいるのです…..

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中