アップル・特許出願、腕時計型端末(iWatch)開発か?|iPod ⇒ iPad ⇒ iPhone ⇒ iWatch ナントいう事だ、私は「愛」がない生活を送っている

アメリカのIT企業アップルが、腕に巻いて使うブレスレット型の端末の特許を申請していることが明らかになり、アメリカのメディアの間では、アップルが腕時計型のコンピューターの実用化を本格的に目指しているという見方が強まっている。 腕時計型のコンピューター……アイ・ウォッチ(iWatch)?

iPod ⇒ iPad ⇒ iPhone ⇒ iWatch  私は何も持っていない、ナントいう事だ、「愛」のない生活を送っているのか。 スマホを使っている妻は、「ガラケーで十分!」と私に言う。 私は「哀、哀」と嘆く。 私と妻のあいだには「アイ」の壁がある。 「アイのある生活」を送ることができる日は来るだろうか?――

アップルが腕時計型端末開発

アップルが腕時計型端末開発か
(NHK 2月22日16時46分)

アメリカのIT企業アップルが、腕に巻いて使うブレスレット型の端末の特許を申請していることが明らかになり、アメリカのメディアの間では、アップルが腕時計型のコンピューターの実用化を本格的に目指しているという見方が強まっています。

これはアメリカの特許商標庁が21日、公開したものです。

アップルが腕時計型端末開発1アップルが腕時計型端末開発2アップルが腕時計型端末開発3アップルが申請している特許は、帯状のディスプレーを腕に巻いて使えるようにしたブレスレット型の端末に関するもので、ディスプレーには文字や映像を表示することができ、端末を曲げた状態でも内蔵したセンサーが働いて、形に応じた最適な表示ができるとしています。 また、ディスプレーはタッチパネル方式で操作できるようになっており、無線を通じてスマートフォンなどと情報をやり取りできるということです。 アメリカのメディアでは先週、アップルが腕時計型のコンピューターの開発を進めているのではないかという報道が相次いでいました。 今回、特許の申請資料が公開されたことで、アップルが腕時計型のコンピューターの実用化を本格的に目指しているという見方が一段と強まっています。 アメリカではIT企業のグーグルもメガネ型の端末の開発を進めており、体に身に着けるタイプの端末の開発競争が激しさを増しています。

アップルが腕時計型端末開発4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130222/t10015713301000.html

アップルの特許出願、「iWatch」を示唆か
(CNN日本語版 2013/02/22 08:51)

米国時間2月21日に公開された特許出願書類によると、Appleはやはり、スマート腕時計を計画しているようだ。

米国特許商標庁に2011年8月に提出され、今回初めて公開されたその特許出願書類のタイトルは、「Bi-Stable Spring With Flexible Display」(フレキシブルディスプレイ付きの双安定バネ)だ。情報を表示できるフレキシブルなタッチスクリーンデバイスについて書かれている。同特許によると、このデバイスはどの位置にも装着できるとのことだが、ある図の中では腕に装着された様子が示されている。

アップルが腕時計型端末開発5同特許は、そのデバイスを具体的にスマート腕時計として言及してはおらず、電子タイプのスラップブレスレットであると表現している。ブレスレットには双安定バネが装備されており、ユーザーの腕にしっかりと装着できるようになっている。しかし、同特許で説明されているいくつかの特徴は、スマート腕時計に見られるであろうものと一致する。

「タッチスクリーンによって、ユーザーは現在のプレイリストの順序を調整したり最近の通話履歴を表示したりといった、複数の異なる作業を実施することができる」と同特許には記されている。「現在のテキストメッセージに対する返信を、フレキシブルディスプレイの表面に表示されるシンプルな仮想キーボード構成によって行うこともできる」

デバイス自体は、Wi-FiまたはBluetoothを使用して他のポータブルデバイス(おそらくはスマートフォン)と通信し、リアルタイムな情報を画面上に表示する。内蔵するジャイロスコープまたは加速度センサーによって、どのような状態でデバイスを装着しているかにかかわらず、ユーザーに対して正しい方向で情報が表示されるように調整される。

Appleがスマート腕時計、または「iWatch」を開発中といううわさが最近過熱していた。Bloombergは最近の記事で、Appleが100人からなるチームを結成して同デバイスの開発に取り組んでいると報じた。

http://japan.cnet.com/apple/35028590/

Appleの“iWatch的な”端末の出願書、米特許商標局が公開
(Itmedia 2013年02月22日 11時08分)

Appleが腕時計タイプのウェアラブル端末を開発中といううわさを裏付けるような特許出願書類が公開された。

米Appleが腕時計タイプのウェアラブル端末を開発中といううわさを裏付けるような特許出願書類を2月21日(現地時間)、米特許商標局が公開した。Appleはこの端末の特許を2011年8月に申請しており、特許番号は20130044215。

アップルが腕時計型端末開発6出願書の件名は「フレキシブルディスプレイ付きの双安定スプリング」となっており、説明によると、スラップブレスレット(80年代に流行した帯状のブレスレット)状の端末で、腕に巻いて留める部分が“双安定スプリング”になるという。米AppleInsiderが出願書類付属のイラストを紹介している。

アップルが腕時計型端末開発7このブレスレット端末は無線アンテナ、バッテリー、ICチップ、データと電力のためのコネクタを搭載し、腕に巻いたままディスプレイにさまざまな情報を表示でき、ブレスレット端末同士や他の端末(iPhoneなどだろう)と交信できる。ディスプレイはタッチ対応で、内蔵センサーでディスプレイの状態(腕に装着しているのか平面に置かれているのかなど)を判断し、表示方法を最適化する。自動巻(キネティック)機能とソーラーパネルも備える。

2月11日付のReutersの記事によると、AppleはiOSで動作する腕時計のような形状の端末を試作中で、台湾Hon Hai Precision Industry(鴻海精密工業、通称Foxconn)とこの端末について協議したという。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1302/22/news047.html

【動画】 Apple’s ‘iWatch’ concept uncovered by AppleInsider ― Bloomberg TV

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中