<世界最高性能>海自US-2飛行試験を公開、尖閣周辺の活動に期待

海上自衛隊に配備されている水陸両用の救難飛行艇US-2の飛行試験が2月13日、新明和工業甲南工場(神戸市)で行れた。現在は海上遭難者の救出などが主な任務だが、約4700キロに及ぶ航続距離と滑走路を必要としない特性を生かし、沖縄・尖閣諸島周辺での活動も期待されている。 US-2は平成8年に開発。通常の飛行機同様に車輪を使った離着陸もできるが、とりわけ波高約3メートルの荒波でも低速度で離着水できる性能が世界最高水準として注目されており、民間転用も検討されている。▽新明和工業が製造し、海自岩国航空基地(山口県岩国市)などに計5機が配備済み。この日は約2年ぶりに定期修理が行われた1号機が、神戸市沖から約2時間にわたるフライトを行い、関係者が離着水や飛行時の性能などを確認した。 (産経 http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2013/02/13airplane/

飛行艇は日本が世界に誇る航空機だ。 海自US-2飛行艇は、旧帝国海軍が世界最高の性能を誇った傑作機「二式飛行艇」(通称、二式大艇(にしきだいてい))の技術を伝承する世界最高水準の飛行艇だ、4700㌔の航続距離はスゴイ。 活躍が期待される。

● US-2 ☛ Wikipedia US-2
● 二式飛行艇 ☛ Wikipedia 二式飛行艇

海自US-2 飛行試験 画像

海自US-2、飛行試験画像1海自US-2、飛行試験画像2 海自US-2、飛行試験画像4 海自US-2、飛行試験画像5 海自US-2、飛行試験画像6 海自US-2、飛行試験画像3

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中