義足の英雄⇒疑惑の英雄<ピストリウス選手>恋人射殺容疑|故意の殺害なのか、「バレンタインデーの悲劇」は「バレンタインデーの疑惑」となってきた…

2013-6-2更新】(「義足ランナー恋人・スティンカンプ射殺事件現場の写真が流出(AFPBB)>被告宅の血まみれのトイレを写した写真が、英TV局スカイ・ニュースによって公開された|英国サイトへ行ってその記事をあたってみた…」を別途投稿した。タイトルクリックで記事へジャンプ。)

ピストリウス選手の恋人誤射『バレンタインデーの悲劇は、恋人射殺という「バレンタインデーの疑惑」へと様相を呈してきた。 義足のピストリウスではなく「疑惑のピストリウス」となってきた、義足の英雄なのか疑惑の英雄なのか? 頭などに4発も銃で撃っているそうだ。 かなりの銃マニアだったことも報じられ、また、事件の2時間前にはピストリウス宅から口論が聞こえ近隣住民が警備員を呼んでいるという。 検察は故意の殺害と主張している。 それにしても、射殺された恋人・リーバ・スティーンカンプさんかなりの美人だった、人気モデルだったそうだが….美人なだけでなく法科大学院を卒業している才女だった。 いったい、二人のあいだに何があったのか?

義足ランナー|殺人で訴追4リーバ・スティーンカンプさん最後のツイートのス画像はこれ
ReevaSteenkamp_LastTweet
疑惑の英雄2月16日時点での最新記事(サンスポ電子版と朝日紙面版)をクリップ)を掲載。 その後に続くのは昨日までに掲載したブログ投稿記事――

ピストリウス法廷で涙、検察側は「計画的殺人」
(サンスポ 2013.2.16 05:03)

【プレトリア(南アフリカ)15日=共同ほか】 自宅で恋人の女性を射殺したとして14日に逮捕された両脚義足の五輪ランナー、オスカー・ピストリウス容疑者(26)=南アフリカ=が裁判所に出廷、殺人の容疑で訴追された。検察側は計画的殺人だったと主張する方針を示し、容疑者の家族らは「徹底的に争う」とする声明を出した。

“誤射”ではなかったのか-。昨夏のロンドンで史上初めてオリンピックとパラリンピックの両大会に出場し、障害者の希望の星として世界的スターになったピストリウスの事件は、一夜明けて新たな展開をみせた。

疑惑の英雄(AP)ピストリウスは地元のボシュコップ署を出て現地時間の午前9時に法廷に出頭した。裁判所はテレビの生中継を許可せず、法廷内は記者でぎっしり。傍聴席も満席となり、最前列にはピストリウスの家族が陣取った。

スーツ姿のピストリウスは神妙に頭を下げて入廷したが、検察側が罪状を読み上げて「計画的な殺人だった」と主張すると、手で顔を覆って泣き出した。銃撃の場面について、地元テレビ局のスカイ・ニュースは「被害者はピストリウス容疑者の豪邸内にある浴室のドア越しに4発撃たれた」と報じた。

ピストリウスは14日午前3時頃、首都プレトリアの高級住宅地にある自宅で自分の拳銃を4度発砲し、恋人でモデルのリーバ・スティンカンプさん(29)を殺害した疑いが持たれている。

当初は、スティンカンプさんがバレンタインデーの“サプライズ”でピストリウスを驚かせようとして未明に訪問し、強盗と間違われて撃たれたとの見方だった。一方、警察報道官は以前にも2人の間にトラブルがあった可能性を示唆していた。

今回、検察側が計画的殺人を主張する方針を示したことで、南アフリカのスター選手だった「ブレード・ランナー」の立場は一気に追いこまれたが、ピストリウスの家族らは閉廷後、殺人容疑について「徹底的に争う」とする声明を出した。保釈をめぐる審理は来週に延期され、ピストリウスはそれまでプレトリアの警察署に拘置されることになった。

英の男性誌で活躍、トヨタCMにも出演

射殺されたリーバ・スティンカンプさんは1983年8月19日、ケープタウン生まれの29歳。法科大学院を卒業している才女だ。大手化粧品会社エイボンに起用されたのをはじめとして、英国の人気男性誌「FHM」などでも活躍。南アではトヨタ自動車や多くのファッションブランドのCMに起用され、テレビ番組にも多数出演していた。

http://www.sanspo.com/geino/news/20130216/tro13021605050001-n1.html

義足の英雄転落_朝日義足の英雄、転落
恋人射殺 ピストリウス容疑者、「銃マニア」暗部報道も
(朝日紙面版34面 2013-2-16)

恋人を射殺したとして殺人容疑で逮捕された南アフリカの両足義足ランナーのオスカー・ピストリウス容疑者(26)が15日、首都プレトリアの裁判所に出廷し、検察側は「計画的な殺人」と主張した。ピストリウス容疑者の関係者は「殺人容疑には異議がある」との声明を出した。ピストリウス容疑者側は19日に開かれる審理で主張を展開する。

現地からの報道によると、法廷でピストリウス容疑者は背筋を丸め、両手で頭を抱えて大声でむせび泣いていた。

ピストリウス容疑者は14日未明、プレトリアの自宅の浴室で、恋人でモデルのリーバ・スティーンカンプさん(29)を拳銃で頭などを4発撃って死亡させた疑いがある。銃弾は浴室のドア越しに発射された。当初、バレンタインデーに驚かせようと家に入ったスティーンカンプさんをピストリウス容疑者が強盗と間違えた可能性が指摘された。しかし、地元紙によると近隣住民が事件の約2時間前に口論の声を聞き、警備員を呼んでいるという。警察は2人にトラブルがあったという見方を示した。

逮捕後、ピストリウス容疑者の暗部が次々とあぶり出され、南アの「英雄」から一夜にして転落した様相だ。「成功が問題を覆い隠してきた」との指摘もある。ピストリウス容疑者はスポーツメーカーなどとの契約で年間200万ドル(約1億8千万円)の収入がある。

報道によると、以前から拳銃マニアだったという。AFP通信によると、ピストリウス容疑者は昨年、新聞社の取材に「拳銃とマシンガンなどを置いて寝る」と発言。記者を射撃場に連れて行ったという。また、2009年にはパーティーで19歳の女性に暴行したとして警察に一時勾留されたこともあるという。

被害者のスティーンカンプさんはテレビ番組やCMなどで活躍していた人気モデルで、事件前、ツイッターにバレンタインデーに際し、「愛する人のために用意していることは?」とつぶやいていた。 (ナイロビ=杉山正)

日本選手ショック

ロンドン・パラリンピヅクの日本代表選手たちは驚きの声を上げた。 義足ジャンパーの佐藤真海さん(30)は「いらだっところを見たことがなく、みんなの人気者。何かの間違いと思った」。 車いす陸上の伊藤智也選手(49)ま「スポーツ界の宝が銃を手にする状況は悲しい」と嘆いた。

「義足のランナー・ピストリウス容疑者、恋人射殺」事件に関しより早く、詳しくしたければ英文電子版記事を読むのが一番だ、何せ日本の報道は外電に頼っているから時間的に遅くなる。 されに、外電の翻訳記事には得てして誤訳があるので要注意。 ピストリウス容疑者は世界的に有名なので英名「Pistorius」で検索しただけで一杯ヒットする。 フルネームはOscar Leonard Carl Pistorius。 また、射殺された恋人、リーバ・スティンカンプさんのフルネームの英名はReeva Steenkamp。 Reevaだから正確にはリーバではなくリーヴァが正しいのだが、既にリーバで広く報道されているので仕方がない。

英文記事をチョット紹介。 ニューヨーク・タイムズ(New York Times) はこのように報道していた――

Tearful in Court, Pistorius Later Disputes Murder Charge
(NYT Published: February 15, 2013)

JOHANNESBURG ? The prosecution in the case against Oscar Pistorius, the double-amputee track star accused of fatally shooting his girlfriend, said Friday that it planned to charge him with “premeditated murder,” the most serious murder charge under South African criminal law, as Mr. Pistorius made a tearful appearance at a courtroom in the South African capital, Pretoria.

Dressed in a gray suit and a blue shirt, Mr. Pistorius struggled to maintain his composure. He repeatedly wept, at times sobbing and holding his face in his hands. Mr. Pistorius did not speak or enter a plea. But later on Friday a statement released by his agent said that he disputed the murder charge …. (リンクに続く http://www.nytimes.com/2013/02/16/sports/oscar-pistorius-reeva-steenkamp-court-bail.html?_r=0#h[])

また、射殺された恋人、リーバ・スティンカンプに関しては南アフリカの24時間TV放送局 「Who was Reeva Steenkamp?」(リーバ・スティンカンプはどんな人だったのか?)と題して彼女を紹介する動画をユーチューブにアップロードしている。 これだ――



リーバ・スティンカンプさんの動画や画像をお探しの場合は
● ユーチューブで「Reeva Steenkamp」で検索すると一杯動画が出てくる。
● 画像をお探しの場合も「Reeva Steenkamp」でグーグルで画像検索すると一杯動画が出てくる。
● 動画・画像検索のキーワードを「Reeva Steenkam FHM」としてみた方がいいかもしれない。 FHMは彼女がモデルをしていた雑誌名。 モデルの仕事系のものがヒットするでしょう。

============= 以下は2月15日以前に掲載していたブログ投稿記事=============

義足ランナー|殺人で訴追2-7撮影続報2/15、義足の「ブレードランナー」…オスカー・ピストリウス選手はモデルをしていた恋人・リーバ・スティーンカンプさん射殺の疑いで訴追され。また、ロイターは自宅で家庭内暴力(DV)に関する通報が以前あったと報じている。後段に続報掲載。)

ブレードランナー、恋人を誤射 南アの英雄にバレンタインデーの悲劇
(産経 2013.2.14 19:10)

ブレードランナーの悲劇南アフリカの警察当局は14日、昨年夏のロンドン五輪・パラリンピックで活躍した「ブレードランナー」として世界に知られる南アの英雄、オスカー・ピストリウス氏(26)を、同国の首都プレトリア東部にある自宅で恋人を殺害した容疑で逮捕した。ロイター通信などが報じた。

報道によると、ピストリウス容疑者は14日未明、物音で目を覚まし、強盗が自宅に侵入したものと勘違いして恋人を射殺した。女性は頭部と腕の2カ所を撃たれて死亡した。

女性は、バレンタインデーの日にピストリウス容疑者を驚かせようとしたものとみられており、「バレンタインデーの悲劇」として伝えられている。

ピストリウス容疑者は、先天性の障害から生後まもなく両足を切断したが、両足義足の陸上選手として世界記録を次々更新。2012年のロンドン五輪では、史上初めて義足の選手として健常選手とともに出場して世界から注目を浴びた。

南アでは、強盗・殺人などの犯罪が増加しており、特に富裕層は自宅の警備を強化したり、護身用の銃を保有したりするなどして身を守っている。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130214/mds13021419150003-n1.htm


【関連ブログ投稿記事】

■ 「義足ランナーのピストリウス選手、陸上男子400m準決勝へ!」 Posted on 2012/08/04

義足のピストリウスを訴追、交際相手を射殺した容疑 (ロイター 2013/2/15)

昨年のロンドン五輪で両足義足の選手として史上初めて夏季大会に出場したオスカー・ピストリウス容疑者(26)が14日、首都プレトリアの自宅で交際相手の女性(30)を射殺した疑いで逮捕された。殺人事件として捜査が行われている――

義足ランナー|殺人で訴追1義足ランナー|殺人で訴追2義足ランナー|殺人で訴追3義足ランナー|殺人で訴追4義足ランナー|殺人で訴追5義足ランナー|殺人で訴追6義足ランナー|殺人で訴追7義足ランナー|殺人で訴追8

五輪=恋人射殺容疑のピストリウス、過去にDVで通報か
(ロイター 2013年02月15日08:41)
義足ランナー|殺人で訴追2-7撮影昨年のロンドン五輪で両足義足の選手として史上初めて夏季大会に出場したオスカー・ピストリウス容疑者(26)が14日、首都プレトリアの自宅で交際相手の女性(30)を射殺した疑いで逮捕された。殺人事件として捜査が行われている。

警察によると、死亡した女性はモデルのリーバ・スティーンカンプさん。14日早朝の事件発生当時、自宅にはピストリウス容疑者しかおらず、現場からピストルが発見された。

警察は、隣人のほか事件前夜と発生当時に物音などを聞いた人物から話を聞いていると説明。また、ピストリウス容疑者の自宅で家庭内暴力(DV)に関する通報が以前あったことも明らかにした。

ピストリウス容疑者は15日にプレトリアの裁判所に出廷する予定。

弁護士は同容疑者の様子について、地元テレビに「体調は良いが、非常に感情的になっている」と述べた。

ピストリウス容疑者は昨年のロンドン大会で、両足義足の選手として史上初となる五輪に出場。パラリンピックにも出場し、陸上男子400メートルでは2連覇を達成した。

http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPTYE91D07M20130214


ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ) の記事は更に詳しくこう報道している――

女性射殺容疑できょう裁判所出頭?義足のランナー、ピストリウス選手
(WSJ 2013年2月15日 10:12 )

両足義足の陸上ランナーとして知られる南アフリカ共和国のオスカー・ピストリウス選手(26)は15日、ガールフレンドのファッションモデルを射殺した容疑で裁判所に出頭する。同選手は義足のランナーとしてパラリンピックで優勝したほか、昨年ロンドン・オリンピック大会にも出場して論議を呼び、話題を集めた人物。今度は殺人容疑で注目を集めている。

ピストリウス容疑者はガールフレンドのリーバ・スティーンカンプさん(30)を殺害した容疑で15日にプレトリアの治安判事裁判所に出頭する。警察の広報担当官はこれを確認するとともに、以前の家庭内の出来事も審理対象に含まれていると述べた。

この射殺事件は、同選手がこれまで歩んできた厳しい人生に新たな暗い影を投げかけることになる。ピストリウス容疑者は歩くこともできないほど幼かったころ両足を切断した。しかし後年、陸上の400メートルで世界でも最も速い選手の1人となった。両足義足のランナーとして初めてオリンピック大会にも出場し、健常者選手と競った。

義足で堂々と世界の強豪選手と渡り合う姿が陸上ファンや企業スポンサーの人気を集め、J字型に曲がった炭素繊維製の義足から「ブレード(刃)ランナー」とのニックネームが付けられた。昨年のロンドン・オリンピック大会では、南ア選手団の旗手を務めた。

今回の射殺容疑を受けて、ピストリウス容疑者の華々しいキャリアが危機にさらされている。

警察によると、通報を受けた警察官が14日未明、同容疑者の自宅に着くと、スティーンカンプさんが射殺されているのを発見した。警察官は現場で9ミリ自動小銃を発見した。このピストルは現在、硝煙反応の検査が行われている。警察が駆けつけたのは、同容疑者の自宅で叫び声がしたのを隣人が聞いて警察に通報したためだった。

別の警察広報担当官によると、同容疑者の自宅では以前、「家庭内の」出来事があったという。2009年9月、南アのメディアは同容疑者が女性に暴力を振るった容疑で警察に逮捕されたと大々的に報じた。報道では、容疑はその後取り下げられた。警察広報担当官は14日、以前の各種報道をすべて確認はできないとしてコメントを控えた。

モデルで新進気鋭の女優でもあるスティーンカンプさんは、エイボン・プロダクツ、トヨタ自動車、KFCなどの広告に出演していた。

スティーンカンプさんのスポークスマンは、遺族を代弁して「彼女は極めて優しく、極めて魅力のある人だった。地上の天使のような人で、彼女が亡くなったことを残念に思う」と述べた。

スティーンカンプさんのツイッター・フィードの最後のメッセージは13日夜で、出席する予定の14日の集まりに関する会話の一部だった。

フィードには6000人以上のフォロワ?に送ったメッセージもあり、「あしたのバレンタインデーに、恋人のために何を密かにひそかに用意していますか」というくだりが含まれていた。

ピストリウス容疑者は1986年にヨハネスブルクで生まれた。生まれつき腓骨がなかった。11カ月後、両親は医師の助言を受けて、両膝から下を切断させた。15歳の時には、母親が抗生物質に対するアレルギー反応で死去した。

両足が不自由だったが、スポーツ競技に積極的に参加し、高校では熱心なラグビー選手だったが、両膝の負傷をきっかけに2004年に陸上に転じた。

地雷撲滅のための南ア非営利団体「地雷探知基金」の創立者マイク・ケンドリック氏は、ピストリウス容疑者は銃を保有していたが、暴力的な人物とは見られていなかったと述べた。同基金は、地雷で手足を失った子供たち向けの低コストの義足を開発する運動もしており、同容疑者はこれを支援していたという。ケンドリック氏は「彼は銃よりも、自分のペットであるクモザルについて話すことが多かった」と述べた。

昨年のロンドン・オリンピック大会の800メートル走で5位に入賞した米国のニック・サイモンズ氏は「オスカー(ピストリウス選手)を知っていて一緒に過ごしたことのあるどの人も、彼が本当に魅力ある人物で、最も親しみやすい人物の1人だと言うだろう」と述べ、「(事件を聞いて)心が痛む。彼は本当に良いやつなのだから」と語った。

しかし、ピストリウス容疑者に怒りっぽいところがあったと評する人もいる。業界誌レース・リザルツ・ウィークリーの発行人デービッド・モンティ氏は「彼がかんしゃく持ちであるのは誰も知っている。それは誰もが知っていることだ」と語った。

イタリア・パラリンピック委員会のルカ・パンチャリ会長は、「オスカーはビッグスターになる中で、自分を見失っていたかもしれない。スポーツ人生初期に持っていた自然さを失っていたのかもしれない」とい述べた。

ピストリウス容疑者はこれまでの幾つかのパラリンピック大会での偉業で知られていたが、歴史を作ったのはロンドン・オリンピック大会だった。

彼の装着しているハイテクブレードと、健常者アスリートへの競争心は、彼を有名にし、栄光をもたらし、そして論議を呼んだ。2008年、国際陸上競技連盟(IAAF)はピストリウス容疑者に対し、健常者との競技を禁止した。しかし同容疑者は弁護士を雇って法廷闘争を展開し、禁止を撤回させた。しかし2008年の北京のオリンピック大会には出場できなかった。

健常者の競技会への出場によって、ブレード装着がピストリウス容疑者を健常者よりも有利にしているかどうかについての長い論争が起きた。人工的な足がスプリングのような働きをし、速く走れるようにしていると主張する科学者もいた。

その後、競技用ブレードと好成績に人々のスポットライトが集まり、同容疑者にはナイキ、ブリティッシュ・テレコム(BT)、サングラスのオークリー、香水のテュエリ?ミュグレーといった広告への出演契約を結んだ。

ナイキの広報担当者は「この悲劇に伴い関係する家族の皆さんに深甚なる同情とお悔やみを申し上げる」とコメントし、それ以上については「警察の問題だ」としてコメントしなかった。

BTの広報担当者も「南ア警察の捜査を待つ」と語った。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323977704578304742280794714.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中