手抜き除染「日本人とは思えない」 外国メディアに驚き|朝日⇔NYT、相互乗り入れ新聞社…手抜き除染は許せぬが、記事タイトルは全くのミスリード!NYTもそのブログにもそんな話は出ていない。

[1/27更新]   朝日新聞の記事『手抜き除染「日本人とは思えない」、外国メディアに驚き』(電子版1月26日10時23分)に物申したい。手抜き除染のことではない。手抜き除染は許されざる行為だ。 物申したいのは記事タイトルの「….『日本人とは思えない』 外国メディアに驚き 」の部分に隠れている誤誘導、意図的情報操作といったほうがいいかもしれないが、それに関してである――

【要旨】

1. 朝日の記事で引き合いに出されているニューヨーク・タイムズ(NYT)の記事は「遅々として進まぬ除染」に関してであり、後から追加してごく短い文章で若干「手抜き除染」に触れているだけで、「『日本人とは思えない』 外国メディアに驚き」のタイトルとは全く関連性がない。

2. 朝日の記事で引き合いに出されている「NYTに開設されているブログ」の記事は朝日の英文記事の「Crocked Cleanup(歪んだ除染)」を紹介してはいるが、「『日本人とは思えない』 外国メディアに驚き」のタイトルとは全く関連性がない。

3. また、朝日の記事に書いてあるそのNYTブログによせられた意見、コメントの中にも「『日本人とは思えない』 外国メディアに驚き」のタイトルと関連するものは皆無だ。 寄せられたコメントの数も14個であり、とても世界中から注目が集まっていると言えるものではない。 さらに、コメントで最も支持されたものを除外して記事を書いている。 もっとも支持を集めたコメントは朝日の記事にとっては「不都合な事実」といえるコメントだ。

4. ウエッブ上確認しうる海外メディアの報道に「『日本人とは思えない』 外国メディアに驚き」に相当するものはない。

5.   朝日の記事で参照されいる東京駐在の海外特派員は3名しかいない。 その3名の何れかが「『日本人とは思えない』 外国メディアに驚き」のような報道をした事実は朝日の記事上からもない。 3人の内2名は社名と姓名が明記されているが、1名は不特定となっており、その記者の発言として「勤勉なはずの日本人がすることとは思えない」と紹介しているだけだ。 その特定されていない1名の記者の発言をもってして「『日本人とは思えない』 外国メディアに驚き」という記事タイトルの根拠にするのであれば、公正さと合理性を欠いている。

▼ 上記の要旨に列記したことを以下で証明する――

朝日の記事記事へのリンクは http://www.asahi.com/national/update/0126/TKY201301260020.html。 出来ればリンクをクリックして直に読んで見て欲しいのだが…とにかく、以下のように掲載されている(クリップ画像クリックで拡大)――

『手抜き除染「日本人とは思えない」、外国メディアに驚きCaptture1掲載されているのは記事概要で、全文は会員でないと読めないのだが、その概要を書きだすとこうである――

手抜き除染「日本人とは思えない」 外国メディアに驚き

【鬼原民幸】 福島第一原発周辺で手抜き除染が横行していることを伝えた朝日新聞の記事は海外に配信され、外国メディアでも紹介された。インターネットのブログには各国の読者から書き込みもある。日本の原発事故対応は大丈夫か。世界の関心はなお高い。

米 紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は現地時間の8日、「A Painfully Slow Sweep(遅々として進まない除染)」と題した記事を掲載 した。同紙の田淵広子記者が自ら福島県楢葉町で除染の実態を追い、効果に疑問を投げかける内容。朝日新聞の報道を受け、「日本のメディアが最近、土や葉を 川に捨てるずさんな除染を報じた」と加筆したという。

NYTが開設しているブロ グには、朝日新聞の英語ニュースサイトAJW(Asia & Japan Watch)が英訳して配信した記事が紹介された。タイトルは「CROOKED  CLEANUP(ゆがんだ除染)」。その記事で手抜き除染を知った世界各地の読者が意見や感想を寄せている。

さて、この記事を読み、左側に掲載されている写真(ニューヨーク・タイムズ紙面版、田淵広子記者の記事「A Painfully Slow Sweep」)を見て、ほとんどの閲覧者はこのような「早とちり」または錯誤を起こしたようだ――

    • 第 一段落の「…. 外国メディアでも紹介された。インターネットのブログには各国の読者から書き込みもある。日本の原発事故対応は大丈夫か。世界の関心はなお高い。」を読ん で「そうか、手抜き除染は海外にも知れ渡っているのか~、海外のブログにも一杯意見が寄せられているのか~」と思ってしまった。
    • 第二段落を読んで、「そうか、世界的に影響力のあるNYTに記事が載ってるんだ~。世界が手抜き除染の問題を注目しているんだろう」と思ってしまった。
    • 第三段落を読んで、「NYTが開設しているブログに世界中から意見が寄せられているんだ~。その中には記事タイトルにある『日本人とは思えない』という意見も寄せられているんだろう。」などと思ってしまった。

と いう事が起こったようだ。 ツイッターではそのようなツイートが一杯あった。 この朝日の記事に関する26日の数百のツイートざっと見て、これは怖い事だ と思った。 やなぜなら、ウエッブ版英文記事や英文ブログを日常チェックしているが朝日の記事タイトルにある『…「日本人とは思えない」 外国メディ アに驚き』といういうようなことをとんと見かけていないからだ。 そこで、朝日電子版記事全文を読みまた記事に引用されている田淵広子記者のNYT記事全 文とNYTブログの記事と寄せられたコメントを読んで見た。 先ず、朝日電子版記事全文はこうである、紹介したい――

手抜き除染「日本人とは思えない」 外国メディアに驚き(朝日記事)手抜き除染「日本人とは思えない」 外国メディアに驚き
2013年01月26日10時23分

【鬼原民幸】 福島第一原発周辺で手抜き除染が横行していることを伝えた朝日新聞の記事は海外に配信され、外国メディアでも紹介された。インターネットのブログには各国の読者から書き込みもある。日本の原発事故対応は大丈夫か。世界の関心はなお高い。

米 紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は現地時間の8日、「A Painfully Slow Sweep(遅々として進まない除染)」と題した記事を掲載 した。同紙の田淵広子記者が自ら福島県楢葉町で除染の実態を追い、効果に疑問を投げかける内容。朝日新聞の報道を受け、「日本のメディアが最近、土や葉を 川に捨てるずさんな除染を報じた」と加筆したという。

NYTが開設しているブロ グには、朝日新聞の英語ニュースサイトAJW(Asia & Japan Watch)が英訳して配信した記事が紹介された。タイトルは「CROOKED  CLEANUP(ゆがんだ除染)」。その記事で手抜き除染を知った世界各地の読者が意見や感想を寄せている。

カ ナダの読者は「原子力は環境や次の世代を重んじなければ安全に使うことはできない」。米カリフォルニア州の読者は「我々は将来の資源を汚しながら生きてい る」と指摘し、別の読者も「核物質の半減期はとても長い。再生可能エネルギーの活用計画を立てることこそが解決策だ」と書き込んだ。

日 本で活動する外国人ジャーナリストも衝撃を受けた。韓国・東亜日報の●克仁(ベグギン、●は哀の口が非)東京支局長は「韓国では原発依存が進む。日本は高 度な社会モラルや安全基準を持ち、事故後の対応はお手本になるはずだった」と残念がった。ただ、調査報道で問題が発覚したことは「原発事故後の動きを日本 のメディアがしっかりウオッチしていることを世界に示した」と評価した。

豪紙 オーストラリアンのリック・ウォレス東京特派員は「除染を担う企業の選び方に問題があったのでは」と指摘。豪州に原発はないが、ウラン埋蔵量は世界最大 で、原発建設に賛成する国民は少なくない。「原発推進派は日本の事故対応に関心がある。今後の動き次第で取材したい」と話した。

震 災後、被災者の冷静な対処や大勢のボランティアの参加が「日本人の忍耐力と回復力は尊い」などと海外で報じられた。手抜き除染はこうしたイメージと落差が あり、驚きをもって受け止められたようだ。アジアの新聞の特派員は「勤勉なはずの日本人がすることとは思えない」。震災から丸2年を迎える3月11日に向 けて手抜き除染を取材する考えだ。欧州の新聞の特派員も「重大な関心を持っている」と話す。

この記事は、第一段落で意図的なレトリックを用 い「テーブルマジック」のように誘導している。第三段落で「….世界各地の読者が意見や感想を寄せている」と結び、あたかも世界中の関心の的にでも なっているような引っ掛けをしている、または錯誤を起こさせている。 いわゆるミスリード(mislead)記事である。 海外でも凄い関心があると日本 の読者に思わせる誤誘導記事といえるだろう。 なぜそんなことが言えるのか? それを説明したい――

■ 検証1. 『…「日本人とは思えない」、外国メディアに驚き』と朝日の記事は言っているが、外国メディアはそのように報道しているのか? 先ずは引用されているNYTの記事「A Painfully Slow Seep」を当たってみよう――

● Google検索画面で「ニュース」選ぶ、キーワード入力欄の下に「日本語版」とあるがプダウンで「U.S.」を選び英語版に切り替える。キーワード入力欄に冠詞を除いて「Painfully Slow Seep」(当然鍵「」は外す)とコピペして検索してみよう。 今のところ1100件ぐらいヒットするが最初の二つしか関係ない――

GGLsrc_NYT_SlowSweep
● 最初にヒットしているのはTaipe Times の記事 http://www.taipeitimes.com/News/feat/archives/2013/01/09/2003552093。これはNYTの記事の転載で内容はNYTと同じ。 二番目は朝日が引用しているNYTの田淵広子記者の記事 http://www.nytimes.com/2013/01/08/business/japans-cleanup-after-a-nuclear-accident-is-denounced.html?pagewanted=all。 以下のサムネイルをクリックして記事を読める。
Painfully Slow Sweep (NYT)1Painfully Slow Sweep (NYT)2Painfully Slow Sweep (NYT)3
この電子版記事は1月8日の紙面版ビジネス1面に掲載したものであると記事末尾に記載されている。 川への投機などの手抜き作業があると5段目に一文はいっているが、記事全体は遅々として進まぬ除染の取材記事であり。 「日本人とは思えない、手抜き除染が行われいる」などとはどこにも書いていない。 また、この電子版記事に対する読者のコメントは何も掲載されていない。 同一の記事を転載しているTaipei Timesの記事にも読者のコメントはない。

■ 検証2. では除染に関して海外メディアがどう報道しているのか、Google検索画面を英語版ニュースにしたままで検索してみる。 使うキーワードは「decontamination fukujima」か順序を入れ替えて「fukushima decontamination」、decontaminationとは除染の事である。 英語版ニュースを検索するとこういう結果になる――

GGL_src_Contamination-Fukushima1GGL_src_Contamination-Fukushima2

● 大体150前後ヒットするが、非常に多く出てくるのは「Asahi Shinbun」と表示のある朝日紙新聞の英字新聞記事、Japan Daily Express, Japan Times, Mainichi Dailyなどが出てくる。 つまり日本のメディアの英語版記事。 少しだけ海外メディアの記事が出てくるが、「先の見えぬ除染」、「遅々として進まぬ除染」の類の内容であり、中には朝日の記事を引用して「手抜き除染」の話が出てくるが、残念ながら「日本人がそんなことをするなんて」の類の海外メディア記事にはお目にかからない。

■ 検証3.朝日の記事3段、4段は「NYTが開設しているブロ グ」に、朝日新聞の英語ニュースサイトAJWの記事が紹介され、その記事で手抜き除染を知った世界各地の読者が意見や感想を寄せている、と伝えているが….果たして、手抜き除染に関して世界各地の読者が意見や感想を寄せているのだろうか? あたかも一杯コメントが寄せられて、そのなかに「日本人とは思えない…」の類のコメントがあるように思い込んでしまう人もでてきそうだが….それならば4段で紹介している3つのコメントにはそんな話は無いのはなぜなのか? 「NYTが開設しているブロ グ」を調べてみよう――

● NYT電子版を読む人なら知っている事だが、「NYTが開設しているブロ グ」は65ぐらいある。 記事を書いた記者はそれを知ってか知らずかどのブログか特定できるような書かい方をしていない。 捜されてはまずいことでもあるのか? まあ、とにかく、NYTのホーム・ページ http://www.nytimes.com/ に行って Search 欄に、朝日の記事に出てくる「Crocked Cleanup」をキーワードにして検索してみる。 こういう結果になる――

NYT_src_Crocked-Cleanup● この検索結果の最初のものは日付とライターの名があり概要もそれらしいので先ずこれを当たってみる、直リンクは http://thelede.blogs.nytimes.com/2013/01/04/cleanup-crews-near-fukushima-plant-dump-waste-in-rivers-newspaper-reports/。 当たり!――

The Lede
Blogging the News With Robert Mackey

January 4, 2013, 5:12 pm|14 Comments
Cleanup Crews Near Fukushima Plant Dump Waste in Rivers, Newspaper Reports
By ROBERT MACKEY

According to Japan’s Asahi Shimbun, cleanup crews working near the ruined Fukushima Daiichi nuclear plant, “dumped soil and leaves contaminated with radioactive fallout into rivers.” ….(サムネイルをクリックで記事と寄せられいる14個のコメントを読める。)

NYT-Blog_Crocked-Cleanup_ArticleNYT-Blog_Crocked-Cleanup_Cmt1NYT-Blog_Crocked-Cleanup_Cmt2

● 左端がブログ記事、右2つが14個のコメントの内容。 記事は朝日の英文記事を引用し て手抜き除染を伝えている。 コメントには「こういう事は世界中で起きている」と言うものが複数ある。 朝日の記事―「インターネットのブログには各国の 読者から書き込みもある。日本の原発事故対応は大丈夫か。世界の関心はなお高い。」、「その記事で手抜き除染を知った世界各地の読者が意見や感想を寄せて いる。」の印象から、世界中から何百も危惧するコメントが寄せられているのかと思ったが…..実は、わずか14個。

そして、『日本人とは思えない』のような意見などは一つもないのだ

14個のコメントの中で多くの支持を受けたのは2つある、と言ってもそれぞれ17人と9人の支持ではあるが。 以下の2つである――

最も支持のあったコメント

17人の支持を受けたものは「Privatize the “clean-up” process …..」というもので、要するに「民営化したらいいじゃないか..」という意見。 9人の支持を受けた2番目のコメントは「How about a NY Times expose revealing the hundreds of thousands of tons of nuclear wastes dumped into oceans by the US, Britain, France and the USSR…..」、要するに「ニューヨーク・タイムズよ、米国、英国、フランス、ロシアが何百何千トンもの核廃棄物を海洋投棄していることを暴露しないの かい….」というもの。 この2つの支持の高かったコメントを読んで私は笑ってしまった。 この2つは朝日の記事にとってまさに「不都合な事実」ではないか!

● 朝日の記者は『カナダの読者は「原子力は 環境や次の世代を重んじなければ安全に使うことはできない」。米カリフォルニア州の読者は「我々は将来の資源を汚しながら生きている」と指摘し、別の読者 も「核物質の半減期はとても長い。再生可能エネルギーの活用計画を立てることこそが解決策だ」と書き込んだ。』と書いている。 以下のコメントを指して いるのだろうが支持は無いコメントでる。 朝日の記者の好み、または記事に都合のいいコメントということか?

コメント カナダかコメント カリフォルニアかコメント 別の読者

● 検証4. 朝日全文記事最後の3段(5、6、7段)で海外メディア東京駐在特派員3名の言葉を伝えている。 「日本で活動する外国人ジャーナリストも衝撃を受けた」と朝日の記事に書かれているが、記事に出てくるのは3名。 1人は韓国・東亜日報のベグギン・東京支局長、1人は豪紙オーストラリアンのリック・ウォレス東京特派員、もう一人は「アジアの新聞の特派員」とだけ書いており…どこの新聞社の何という記者かは分からない。 朝日の記事のタイトル『手抜き除染「日本人とは思えない」 外国メディアに驚き』の「日本人とは思えない」の元にになったのはどうやらこの名前の出ていない「アジアの新聞の特派員」が言ったとされる「勤勉なはずの日本人がすることとは思えない」のようだ。

記事のタイトルの元にした思われる発言が何処の誰か分からないように書いているのは腑に落ちない。 果たしてその人間が実在するのか、また「勤勉なはずの日本人がすることとは思えない」と本当に言ったのだろうか?

また、『「日本人とは思えない」 外国メディアに驚き』に相当する記事が特派員によって本国に送られ配信されたとでもいうのだろうか? 「日本人とは思えない」、「外国メディアに驚き」という言葉をタイトルに使うには誇大広告も甚だしいのではないか。

何れにしても後の祭りである。 朝日の記事を読んで錯誤に陥った人達が次々とツイートした。 27日の紙面版には件(くだん)記事は載っていなかった。 電子版専用のツイターとかFBユーザーなどのSNS拡散読者をターゲットにした、情報操作記事だったのだろうか?

私は海外情報源、海外メディアを引き合いに出している日本の報道の場合、元ソースを英語で確認できる限りは自分で確認するようにしている。 今回のようなことが結構あるのだよ。


(朝日、NYT、東亜日報の話なんぞをこの後に付け足すと思います…只今、お出かけ中)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中