清涼飲料水を毎日飲む女性、脳梗塞リスクが1.8倍に増える|各紙記事比較

清涼飲料水を毎日飲む女性の脳梗塞リスクがほとんど飲まない人の1.8倍に増えるという。 朝日の科学欄の電子版で記事を見かけた。 ウーン、気になる。 そこで毎日、日経、産経の電子版記事を探して読み比べてみた。 こうして比較してみると面白い。 もう一つ、ナゼか朝日の記事がツイート数もフェースブックのいいねの数もダントツで多い。 不思議でしょうがないな~。 毎日も産経の記事もいいのに。 あなたはどう思いますかね――

● 清涼飲料飲みすぎ、脳梗塞リスク増 毎日の女性1.8倍
(朝日 2012年12月26日13時59分)

清涼飲料で脳梗塞リスク増(朝日)清涼飲料水を毎日飲む女性は、脳梗塞(こうそく)になるリスクが、ほとんど飲まない女性より1.8倍高いとする調査結果を、国立がん研究センターや大阪大などがまとめた。過度に飲むと、糖尿病になりやすく、動脈硬化が進んで、脳梗塞のリスクも高まると分析している。▼研究班は、岩手や東京、沖縄など5都県に住む40~59歳の男女約4万人を、約18年追跡調査した。甘味料が入った飲み物を飲む頻度で「ほぼ毎日」「週3、4回」「週1、2回」「ほとんど飲まない」の4グループにわけ、脳卒中などになった人の割合を比べた。▼この結果、脳の血管がつまる脳梗塞になるリスクは、喫煙や日頃の運動といった他の生活習慣の影響を受けないよう調整しても、女性では飲む頻度が高いほど高い傾向が出た。ほぼ毎日飲む人は、ほとんど飲まない人の1.8倍だった。一方、男性では関連はみられなかった。脳の血管が破れるタイプの脳出血では、男女共に関連はなかった。▼清涼飲料水を過度に飲むと、血糖値や中性脂肪などが上昇し糖尿病になりやすい。糖尿病になると血液がどろどろになり、動脈硬化につながる。▼分析結果が男女で異なることについて、研究班は「女性は筋肉量が少なく、代謝が悪いため、炭水化物や糖分を含む清涼飲料水の影響を受けやすいのではないか」と指摘している。【辻外記子】 <http://www.asahi.com/science/update/1226/TKY201212260443.html&gt;

● 清涼飲料水:毎日飲む女性、脳梗塞の危険1.8倍 がん研が4万人調査
(毎日 2012年12月26日 東京夕刊)

清涼飲料で脳梗塞リスク増(毎日)コーラやジュースなどの清涼飲料水をほぼ毎日飲む女性は、ほとんど飲まない女性と比べて脳梗塞(こうそく)になる危険性が1.8倍高いとの研究結果を、国立がん研究センターが26日、発表。論文が米専門誌に掲載された。清涼飲料水に多く含まれる糖分の取りすぎが、脳梗塞の危険を高めているとみられる。▼調査は、90年に40?59歳だった男女3万9786人を平均18年間追跡。うち1047人(女性は377人)が脳梗塞になった。食事内容を聞き取って、甘味料を加えたカロリーのある市販の飲み物250ミリリットル程度を「ほぼ毎日飲む」「週に3、4回」「週に1、2回」「ほとんど飲まない」の4グループに分類。女性でほぼ毎日飲むグループは、ほとんど飲まないグループより、脳梗塞を発症するリスクが1.8倍高かった。男性には明らかな差がなかった。また、虚血性心疾患、出血性脳卒中についても調べたが、男女とも関連はなかった。▼脳梗塞は、動脈硬化などにより脳の血管が詰まって起こる。研究チームの磯博康・大阪大教授(公衆衛生学)は、清涼飲料水の糖分が血液中の糖や中性脂肪の濃度を上げて動脈硬化につながったと分析。男性は女性より運動量が多く、エネルギーとして代謝されやすいため、影響が出にくかったとみている。磯教授は「自分なりに清涼飲料水の飲み過ぎにブレーキをかけて、賢く付き合ってほしい」と話している。【久野華代】 <http://mainichi.jp/select/news/20121226dde041040009000c.html&gt;

● 清涼飲料水飲み過ぎ、女性の脳梗塞発症リスク1.8倍 阪大
(日経 2012/12/26 11:30)

清涼飲料で脳梗塞リスク増(日経)大阪大学の磯博康教授らの研究グループは、甘味料を加えた清涼飲料水や果汁飲料(100%果汁や野菜ジュースを除く)をほぼ毎日飲む日本人女性は、ほとんど飲まない女性に比べ、脳梗塞を発症するリスクが約1.8倍程度高くなることを約18年間の追跡調査で突き止めた。男性では差はなかった。成果は26日に臨床栄養に関する国際専門誌(電子版)に掲載される。▼磯教授は「女性は小柄で筋肉の量が少なく、血糖値や中性脂肪が上がりやすいことが原因のひとつと推測できる」と分析している。▼国立がん研究センターなどとの共同研究。岩手県や長野県、東京都、沖縄県などに住む40~59歳の男女約4万人を対象に1990年から追跡調査した。▼コップ1杯強に当たる約250ミリリットルを飲む回数を「ほとんど飲まない」「週に1~2回」「同3~4回」「ほぼ毎日飲む」の4グループに分類。脳梗塞と脳卒中、虚血性心疾患の発症のしやすさを比べた。ほぼ毎日飲むと回答した女性は、ほとんど飲まない人に比べ、脳梗塞の発症リスクが1.83倍に上がった。▼虚血性心疾患や脳卒中は、男女とも明らかな変化がなかった。もともと日本人女性は20~40代で悪玉コレステロールが少なく、心筋梗塞には影響が出にくいという。磯教授は「日本人は欧米人に比べて飲む量は少ないが、飲み過ぎれば影響が出るため注意が必要だ」と指摘する。 <http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG26012_W2A221C1CR0000/&gt;

● 清涼飲料で脳梗塞リスク増 女性で1・8倍と大阪大
(産経 2012.12.26 12:48)

清涼飲料で脳梗塞リスク増(産経)清涼飲料水をほぼ毎日飲む女性は、ほとんど飲まない女性に比べ、脳梗塞になる危険性が1・8倍高いとの研究結果を、大阪大の磯博康教授(公衆衛生学)らが26日発表した。甘味料入りの清涼飲料水を飲みすぎると、血糖やインスリンの濃度が上昇し、糖尿病になるなどし脳梗塞の危険が高まると考えられるという。▼男性では危険性は上がらなかった。磯教授は「一般に女性は男性に比べ筋肉や運動の量が少なく、過剰摂取で血中の脂質が増えたり、血糖値が正常に戻りにくくなったりするようだ」と話している。▼100%の果汁ジュースを除き、コーラ飲料など甘味料が添加されてカロリーのある飲み物250ミリリットルを、どれぐらいの頻度で飲むか聞いた。「ほとんど飲まない」「週に1~2回」など頻度に応じて4グループに分けると、「ほぼ毎日飲む」と回答した女性のグループでは、ほとんど飲まないグループに比べ、脳梗塞の発症リスクが1・8倍高かった。▼国内の清涼飲料水メーカーが加盟する「全国清涼飲料工業会」の渡辺健介技術部長は、「今回の研究は、相関関係があるかどうかについての疫学研究で、科学的に因果関係が示されたものではないと受け止めている。消費者は、清涼飲料の栄養成分表示を参考に、それぞれの生活習慣に合わせて上手に利用してほしい」と話している。 <http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/121226/wlf12122612500013-n1.htm&gt;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中