NHKスペシャル|日本国債 12/23(日)夜9時 国債の発行残高が、ついに700兆円を超える、対GDP比でみると先進国で最大…

今夜のNHKスペシャルは「日本国債」(JGB = Japanese Government Bond)。 国債の発行残高がついに700兆円を超える、対GDP比は先進国で最大。 借入金・短期証券を加えた残高合計(国の債務、要するに借金)は2012年度末に1千兆円を超えると予想されている。 国債の残高700兆円は現在の国家予算の8年分あたる。 一体、どうなるんだろう?

NHKスペシャル|日本国債

2012年12月23日(日)
午後9時00分~9時58分
再放送 2012年12月27日(木)午前1時10分~2時08分(26日深夜)
再放送 2013年1月12日(土)午前2時00分~2時58分(11日深夜)

NHKスペシャル|日本国債

Nスペ 日本国債2年々膨れ上がる“日本の借金”、日本国債の発行残高が、ついに700兆円を超える。 その額は、対GDP比でみると先進国では最も大きい。 莫大な国の借金は、ヨーロッパでは信用不安の原因となり、混乱が続いている。 その額の大きさから“薄氷の上にある”とも例えられる日本国債は「安全な資産」として資金が集まって連日高値を記録し、長期金利は10年ぶりの低水準で盤石にみえる。

これに対し、人々の預金を元手に国債を大量に保有する金融機関では、国債価格の下落に警戒を強めている。 デフレ対策のため、事実上、国債を買い支えている形になっている中央銀行「日銀」は、購入による副作用を意識しながらも、かつてない額の買い入れを行っている。 そして海外のヘッジファンドの中には、人口が減少し低成長が続く日本は、やがて苦境に陥ると予測し「次なるターゲットは日本国債」と公言しはばからないところまで出てきている。

Nスペ 日本国債3欧州の信用不安。アメリカの景気の先行き不安。こうした状況から、豊富な個人金融資産と対外資産を持つ日本の国債は、今のところ“安全”と見なされて買われている。しかし、ひとたびその安定が崩れれば、財政が悪化し、暮らしに直結する公共サービスが滞り、企業経営、個人の家計にも大きな影響が出るとの懸念もある。

日本国債に今何が起きているのか。番組では、安泰に見える現状の背景で進む大きな変化を、ドキュメンタリーとドラマで多角的に描く。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/1223/index.html


〈試写室〉NHKスペシャル「日本国債」

〈試写室〉NHKスペシャル「日本国債」■ニッポンの危うさ示す  日本国債の発行残高、つまり日本の借金の額は約700兆円。対GDP比で先進国最悪の水準だ。だが、国民の多くは漠然と「何とかなる」と思ってないか。取材班は穏やかに見える現状の裏で進む危機を描く。

番組は、ドキュメンタリーと伊武雅刀ら出演のドラマの二本立てで進行する。

買い支える側の金融機関が国債価格の下落(金利は上昇)に警戒を強め、海外ファンドは虎視眈々(こしたんたん)と日本売りのタイミングを待つ。人口減少で税収増も見込めず、国債の信認が失われて金利が急上昇すれば生活に大きな影響がでかねない。これまで細切れに報じられてきた危うさを、NHKが看板番組でまとめて取り上げたことに意義がある。不安をあおっているわけではない。これは事実なのだ。 http://www.asahi.com/culture/intro/TKY201212220821.html?id1=2&id2=cabcbccd

☛ NHKスペシャル「日本国債」の動画(59分)がDailyMotionで視聴できるようだ(12月29日08:00現在。 12月24日に埋め込んだ動画は29日早朝には削除されていた。 違う場所にこれがアップロードされたいた、いつまで視聴できるか分からないが…

【日本国債の概要】

日本国債(にほんこくさい)は、日本国政府が発行する国債(国家の公債)である。 国債ニ関スル法律(明治39年法律第34号)に基づいて発行されており、正式名称は「国庫債券」、法律上の名称は単なる「国債」だが、実務上、日本国債、またはJGB (Japanese Government Bond) ともいう。 国債は国の運営に必要な資金を集めるために発行される。 証券が発行されるもの(国債証券)と発行されないもの(登録国債及び振替国債)がある。

日本の国債には多くの種類がある。それらは発行の目的や償還期間の長短などにより分類される。国債の額面は、15年変動利付国債と物価連動国債が10万円、個人向け国債が1万円、そのほかは5万円である。物価連動国債と割引短期国債 (TB)、政府短期証券 (FB) は法人のみ購入が可能で、個人向け国債は個人のみ購入が可能である。

【国債の種類】

● 利払いや償還額による分類 ⇒ 固定利付債、変動利付債、物価連動債、割引債

● 目的による分類 ⇒ 普通国債 (建設国債、赤字国債)、交付国債、財政投融資特別会計国債(財投債)、借換国債、個人向け国債

● 償還期間による分類 ⇒ 超長期国債、長期国債、中期国債、短期国債、国庫短期証券

【国債残高の推移】

国債の推移(1982年4月以降)。
赤が内国債、黄色が短期証券、青が借入金、水色が一時借入金。
Nスペ 日本国債4-1国債残高の推移 (単位:兆円)
Nスペ 日本国債4-2(参考: Wikipedia 「日本国債」 http://ja.wikipedia.org/wiki/日本国債

Nスペ 日本国債5(朝日記事)

国債・借入金・短期証券の残高合計が2011年度末に959兆9503億円に上り、過去最大となった。 2012年度末にその残高合計が1千兆円を超えると予想されている。 http://www.asahi.com/business/update/0511/TKY201205110132.html

我々は日本の将来を担う次世代に借金地獄を 残すのか。 残してはいけない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中