落選8閣僚、敗戦の弁 田中文科相「自爆テロ解散」、下地幹郎郵政民営化相は『近いうち』解散に不満たらたら…アホ、落ちるべくして落ちたんだぞ! 救い難い無能閣僚達よ、サラバ~

自業自得なのに….野田総理の解散のせいにしてはいけない。 菅直人前総理の政権のときに民主党は既に瓦解していたのだ。 分からないのかな~、この人達は。

落選8閣僚、敗戦の弁 田中文科相「自爆テロ解散」
(朝日 2012年12月18日13時16分)

衆院選で落選した樽床伸二総務相(左)、藤村修官房長官(左から3人目)、下地幹郎郵政民営化相(右)の間を通り閣議に臨む野田佳彦首相=18日午前10時、首相官邸

衆院選で落選した樽床伸二総務相(左)、藤村修官房長官(左から3人目)、下地幹郎郵政民営化相(右)の間を通り閣議に臨む野田佳彦首相=18日午前10時、首相官邸

野田佳彦首相は18日午前の閣議で、衆院選大敗について「本当にご迷惑をおかけした。大変申し訳ない」と陳謝した。野田内閣の閣僚8人が落選。首相は「大敗を喫したことに責任を感じている」とも語った。落選閣僚の記者会見では「自爆テロ解散だった」(田中真紀子文部科学相)といった恨み節も上がった。

田中文科相は「首相は独りよがりで周りの意見を聞かず、他人の土俵に乗ってしまった」として、首相が解散時期の判断を誤ったと批判した。小平忠正国家公安委員長も「(首相が推進姿勢を示した)環太平洋経済連携協定の問題が尾を引いた」。下地幹郎郵政民営化相は「『近いうち』解散ということに重みを置きすぎていた」と首相への不満を漏らした。

一方、三井辨雄厚生労働相は「消費税、原発、民主党内のゴタゴタもあったのかと思う」と党内事情を敗因とし、城島光力財務相も「マニフェストの総崩れや、党内がゴタゴタしている印象を与え、党への信頼感を損なった」と語った。

樽床伸二総務相は「自民党に積極的に投票したというより、民主党におきゅうを据えるという感覚で第三極や自民党に流れた」と分析。中塚一宏金融相は「政権運営のまずさや党のガバナンス(統治能力)に厳しい判断をいただいた」と振り返った。藤村修官房長官は、この日の閣僚懇談会で閣僚の一人から「16日が一番最低の日。そんなに沈鬱(ちんうつ)にならずしっかり仕事をしていこう」との意見が出たことを明らかにした。

http://www.asahi.com/politics/update/1218/TKY201212180098.html

閣議のため官邸に入る田中真紀子文科相=18日午前9時40分、首相官邸

閣議のため官邸に入る田中真紀子文科相=18日午前9時40分、首相官邸

「総理は独りよがり」「自爆テロ解散」 田中文科相が痛烈批判
(産経 2012.12.18 11:45)

田中真紀子文部科学相は18日、閣議後の記者会見で、衆院選で民主党が壊滅的敗北を喫したことについて「解散時期が適切ではなかった。独りよがりで周りの意見を聴かず、他人の土俵に乗ってしまった」と述べ、野田佳彦首相を痛烈に批判した。さらに、今回の解散を「自爆テロ解散」と命名していたことを明かし、「惨敗するだろうと思っていたが、その通りになった」と述べた。

田中文科相は、野田首相の解散判断について、「自民党から『辞めなさい』『いつ解散するのか』と、単純な二言をずっと言われて、極めて独りよがりに決断した」と指摘。「今まで民主党が発信してきたことを継続するのだったら、党代表を変えるとか、8月の任期いっぱいまでやって成果を出す方法はあったと思う」と述べた。

田中文科相は、解散直後の会見で「閣僚だから言わない」としていた解散の命名について、「自爆テロ解散」だったと明かし、「その通りになった。惨敗するだろうと思っていた。あのときは不謹慎だと思っていわなかった」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121218/plc12121811480007-n1.htm

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中