義足ランナーのピストリウス選手、陸上男子400m準決勝へ!

義足ランナー400m準決勝へ
(NHK 8月4日 19時49分)

ロンドンオリンピック、陸上男子400メートルの予選で、南アフリカの義足のランナー、オスカー・ピストリウス選手が準決勝に進みました。

男子400メートルの予選は7組に分かれて行われ、それぞれの組の3位までに加えて4位以下の中からタイムが上位の3人の合わせて24人の選手が準決勝に進みます。

25歳のピストリウス選手は、先天性の障害のため幼い頃に両足のひざから下を切断しましたが、義足のランナーとしてアテネと北京のパラリンピックで金メダルを獲得したほか、一般の国際大会でも好成績を挙げ、ロンドンオリンピックの南アフリカ代表に選ばれていました。

義足の選手がオリンピックの陸上競技に出場するのは初めてで、予選1組に登場したピストリウス選手は、45秒44のタイムでこの組の2位となり、準決勝進出を決めました。
男子400メートルの準決勝は5日に行われます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120804/k10014078861000.html

☛ オスカー・レオナルド・カール・ピストリウス(Oscar Leonard Carl Pistorius、1986年11月22日 – )  南アフリカ共和国のパラリンピック陸上選手。

両足義足のスプリンターで、アイスランドの義肢メーカーオズール(?ssur) が制作した炭素繊維製の競技用義肢を使用しているため、”ブレードランナー”(Blade Runner) の異名を持つ。両足切断者クラスの100m、200m、400mの世界記録保持者。健常者の大会にも出場するなど、障害者スポーツの印象を覆す活躍で注目を集めている。

北京オリンピックに400mで出場を目指していたが、国際陸上競技連盟 (IAAF) はカーボン製の義足による推進力が競技規定に抵触するとしてこれを却下。2008年5月16日、スポーツ仲裁裁判所 (CAS) はIAAFの判断を覆し、ピストリウスが健常者のレースに出場することを認める裁定を下す。 参加標準記録(A標準45秒55、B標準45秒95)を突破すればオリンピックに出場できる。

2008年7月16日、スイスで行われた競技会で400mに出場し、自己ベストとなる46秒25を記録したが、五輪参加標準記録を突破できず同種目での北京オリンピック出場を逃した。さらに同月18日、南アフリカ陸上連盟は、4×400メートルリレーでのピストリウスの不選出を発表。悲願の北京オリンピック出場は果たせなかった。

2008年9月、北京パラリンピックにて100m、200m、400mに出場、金メダル三冠を達成した。

2011年、韓国で行われる世界陸上競技選手権大会に、健常者と共に出場する。ピストリウスは8月29日、400メートル競走に出場し、準決勝まで進んだが、そこで敗れ決勝には進めなかった。準決勝のタイムは46秒19で、自己ベストより1秒以上遅かった。9月2日には、4×400メートルリレー決勝が行われ、南アフリカは銀メダルを獲得した。ピストリウスはこの決勝には出場しなかったが、予選には走者として出場しており、規定によりピストリウスにも銀メダルが贈られた。

その後、400メートル競走では2011年7月に45秒07、2012年3月17日に45秒20といずれもオリンピックA標準記録をクリアする結果を残しており、ロンドンオリンピック出場へのチャンスが残っていた。2012年7月4日に南アフリカ・オリンピック委員会が4×400メートルリレーのメンバーとして選出したことから、400メートル走へのメンバーにも選出された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC
%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6
%E3%82%B9

Pistorius Advances to 400-Meter Semifinals
(New York Times|August 4, 2012)

LONDON ― Oscar Pistorius, the double-amputee runner from South Africa whose athletic achievements have stirred an international debate over the distinction between disabled and able-bodied athletes, made Olympic history on Saturday when he became the first amputee to compete in track at the Games.

Running in a preliminary heat for the men’s 400 meters at the Olympic Stadium, with nearly 80,000 fans cheering for him, Pistorius finished second, in 45.44 seconds, and advanced to the semifinals.

Pistorius crouched to the track and placed his J-shaped, carbon-fiber prosthetic blades into the starting blocks of Lane 6. With the official’s shout of “Set,” he raised his hips and readied for the crack of the starting gun. Then he was off, vigorously churning his thighs and arms as the crowd’s roar escalated through the first turn.

About 300 meters later, Pistorius could see that he trailed only Luguelin Santos of the Dominican Republic, meaning he had done enough to qualify for Sunday’s semifinals. So he slowed toward the finish line and gladly settled for second place.

“I was so nervous this morning,” he said after the race. “Thanks to everyone for showing their support. I didn’t know whether to cry. I had a mixture of emotions.”

“It’s very difficult to separate the occasion from the race,” he added. “Just being here is a tremendous experience.”

Of the 47 runners who completed their preliminary heats Saturday, Pistorius had the 16th-fastest time. Jonathan Borlee of Belgium posted the fastest time, 44.43 seconds. Pistorius’s personal best in the 400 is 45.07.

Since Pistorius, 25, emerged several years ago as a world-class runner, questions have been raised about whether his prosthetic blades give him an unfair advantage. Track and field’s world governing body, the International Association of Athletics Federations, known by the acronym I.A.A.F., challenged his eligibility at one point and ruled that he could not compete against able-bodied athletes. That decision was overturned by an appeals court.

Pistorius’s status for the London Games was uncertain until a month ago because he had failed to meet South Africa’s Olympic qualifying standard, which is more strict than that of many countries. But his country’s Olympic committee ultimately deemed him worthy of a spot on the team for the individual 400 meters and the 4×400-meter relay. He is considered a long shot to win a medal in either event.

Other disabled athletes have competed at the Olympics, including Natalie Du Toit of South Africa, a swimmer whose left leg was amputated above the knee. She finished 16th in the open-water swimming event at the 2008 Beijing Games. In her case, unlike Pistorius’s, there was no suggestion that she had a competitive advantage.

Pistorius, 25, was born without fibulas and had his lower legs amputated when he was 11 months old. He runs on carbon-fiber blades known as Cheetahs.

In 2007, the I.A.A.F. spent more than $50,000 on a research project that examined Pistorius’s performance on the blades, in an effort to determine whether he should be allowed to compete against able-bodied athletes.

In 2008, the track federation declared Pistorius ineligible, citing advantages derived from his “bouncing” movement and his need for less oxygen and fewer calories than able-bodied athletes running at the same speed.

Pistorius challenged the ruling, appealing to the Court of Arbitration for Sport, in Lausanne, Switzerland. The court voted unanimously to reverse the I.A.A.F. decision and criticized the group for its handling of the case.

Some scientists are not convinced that Pistorius’s current J-shaped blades do not give him an advantage. One argument is that because the blades are so much lighter than a human leg, Pistorius can turn over, or reposition, his prosthetic legs unnaturally fast.

Since he was cleared to run against able-bodied athletes by the court in May 2008, Pistorius made it his mission to compete in the Olympics and Paralympics in the same year. He failed to qualify for the 2008 Beijing Olympics, but won three golds at the Paralympics in Beijing ? to add to the gold and bronze he won at the 2004 Paralympics in Athens. He has qualified for the London Paralympics in the 100, 200, 400 and 4×100 relay with his times at last year’s world championships.

The 400 final is Monday. The preliminary heats for the 4×400 relay are Aug. 9, and the final is Aug. 10. Pistorius plans to compete in four Paralympic events, too. The Paralympic Games open here on Aug. 29.

http://www.nytimes.com/2012/08/05/sports/olympics/oscar-pistorius-advances-to-400-meter-semifinals.html#h[]

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中