南鳥島沖レアアース採掘、3年で商業化可能!

6月29日にブログで<南鳥島周辺EEZ内の海底に大量のレアアース! やった~!>というのを投稿している。 リンクしてあるのでクリックして投稿記事を読んでもらえればわかるが、南鳥島周辺EEZ内の海底に大量のレアアースが埋蔵されていることが東大・加藤泰浩教授の研究チームによって明らかになっている。 加藤教授は20日、東大で開かれたシンポジウムでで「採算性は高く、3年で商業化することが可能だ」と発表した。 国が積極的にバックアップして早期に採掘に向けて動きだす必要がある。 ぼやぼやしていると、FEZすれすれのところで中国がまた何かやり出しかねない。 ネックなのが何をやるにも遅い民主党政権だ! 一度ぐらいはさっさと動ケ!!!

以下、NHKと日経の記事クリップ――

レアアース採掘 3年で商業化可能
(NHK 7月20日 16時45分)

希少な金属「レアアース」が先月、日本の排他的経済水域の海底に多く存在していることが分かったことについて、調査に当たった東京大学の加藤泰浩教授が20日、東京都内で講演し、「採算性は高く、3年で商業化することが可能だ」と説明しました。

これは、20日、東京大学で開かれたレアアースについてのシンポジウムで、加藤教授が説明したものです。 それによりますと、加藤教授らが見つけた日本の排他的経済水域にある南鳥島近くの海底のレアアースは、資源の量が膨大で、石油の採掘技術を応用したり、磁石を使ってより分けたりすることで、効率的に採取でき、事業としての採算性は高いということです。 そのうえで、加藤教授は、今後、素早く計画を立てて、実証実験を行えば、3年で商業化することが可能だと説明しました。

会場には、民間企業の担当者など300人余りが集まり、加藤教授の話に真剣な表情で聞き入っていました。 非鉄金属製造会社の担当者は「大変興味深く、実現の可能性を感じた。海外の国々は、国策でレアアースの採掘をしているので、今後は国の支援を期待したい」と話していました。

レアアースは、ハイテク産業に欠かせない重要な資源ですが、アメリカ地質調査所によりますと、世界の生産量の97%を中国が占めていて、安定供給のため、調達先の多角化が課題となっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120720/k10013734541000.html

南鳥島沖レアアース採掘、3年で商業化可能

南鳥島沖レアアース、3年後にも採取実験 東大など
(日経 2012/7/20 13:20)

東京大学と三井海洋開発、三井物産は、南鳥島沖の海底に広がる泥が含むレアアース(希土類)の採取実験を始める。泥を吸い上げる技術開発を進め、早ければ3年後にも日本の排他的経済水域(EEZ)内で本格採取が可能になる。ハイテク製品に不可欠なレアアースは中国が世界需要の9割以上を生産しており、日本で調達できれば安定供給に役立つ。

東大の加藤泰浩教授が20日午前の講演会で明らかにした。南鳥島沖の海底の泥には、エコカーや家電に欠かせないレアアースのジスプロシウムなどが、国内消費量の200年分以上含まれている可能性を研究チームは突き止めていた。

まず海底の72カ所から泥を取り、採取場所を選定。船から海底に管を下ろし泥を引き上げる。圧縮した空気を泥に送り込んで吸い上げる「エアリフト」方式などが有望だ。泥からのレアアースの製錬は既存技術を活用できる。年間300万トンの泥から日本の年間消費量の約1割に当たる700億円以上のレアアースが生産できると試算している。

経済産業省によると、海底下の資源を掘り出して使う場合には、企業などが国に対し鉱業権の取得を申請。掘削の技術力などを考慮し、国が審査をする。鉱業権を得た企業などは定められた鉱区内でレアアースなどの有用物質を試掘したり、採掘する権利が与えられる。採掘した有用物質は鉱業権を持つ企業が自由に利用できる。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG20009_Q2A720C1MM0000/?dg=1

南鳥島沖レアアース採掘、3年で商業化可能

関連ブログ投稿記事リンク

■ <南鳥島周辺EEZ内の海底に大量のレアアース! やった~!> 民主党よ、下らん茶番の政争なんぞはとっとと止めて即開発に力をそそげ!   (投稿日:2012/06/29

■ 「南鳥島沖レアアース採掘、3年で商業化可能!」 2012年7月20日

■ 「<南鳥島付近の海底レアアース調査へ>調査船「かいれい」出動、1月下旬!」  2013年1月2日

■ 「南鳥島沖のレアアースは高濃度、中国鉱山の30倍の濃度!」  2013年2月27日

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中