<中国ゲーム会社、アップル・サイトに尖閣諸島争奪ゲーム公開> ふざけるな! 早速、調べてみた…

この記事を目にしたので早速、調べてみた。 iTunes App Store(中国)で公開されていた。 先ずは記事を…

中国ゲーム会社がアップルのサイトに尖閣諸島争奪ゲーム公開
(産経・科学 2012.7.4 17:41)

中国のゲーム開発会社が米電子機器大手アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)」向けに尖閣諸島(中国名・釣魚台)の争奪を題材としたゲームを開発し、4日までにアップルのダウンロードサイト「iTunes(アイチューンズ)」に公開したことがわかった。

このゲームは、中国・深センに拠点を置くZQGameが中国人iPadユーザー向けに開発した「Protect the Diaoyu Islands(釣魚台を守れ)」。怒りをためて必殺技を繰り出し日本の兵士に見立てたゾンビを撃退する内容。ゲームレベルは尖閣諸島の島の数と同じ71あるという。

アイチューンズ上のゲーム紹介には「われわれは中国人として釣魚台を守るため団結しわれわれの国土防衛を完遂すべきだ」などと書かれている。

http://sankei.jp.msn.com/science/news/120704/scn12070417410004-n1.htm

調べてみたところ、http://itunes.apple.com/cn/app/bao-wei-diao-yu-dao/id501587636?mt=8 で公開されていた。 「SHENZHEN ZQGAME CO.,LTD」という会社が公開している。 記載したURLに行けば分かる事だが、スクリーンショットはこう――


サイトにはゲームのイメージショットが掲載されているが、へんてこりんな「相撲取り」とか「サムライ」とおぼしきものが出ている。 中国政府が背後にいて作らせた国策ゲームなんだろうが、こうやって中国国民をあおるつもりなんだろう。 中国はデモ、暴動が頻発しているので政府としては民衆の目を「尖閣」に向けさせるつもりなのかもしれない。 あそこの国民はすぐヒートアップするのでゲームといえども侮ってはいけない。 日本も尖閣問題で断固たる姿勢を見せないと足元を見られる。 弱腰の外務省や、外交能力ゼロで且つ権力争いの政争ばかりをしている「烏合集団・アホ民主党」ではどうにもならん! 総選挙だ! 問題は票を入れる政党も政治家もいないというこの日本の現状…ナントいう事だ!?

ふざけるな、中華貧民共和国!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中