<北朝鮮軍事物資不正輸出|安保理の専門家パネル報告書>国連安保理・制裁委員会の専門家パネルの年次報告書が公表された…

公表に反対していた中国が同意したため、国連安保理・制裁委員会の専門家パネル報告書が6月29日に公表された。 北朝鮮軍事物資不正輸出に関与する中国の影は既に報道されているが、この報告書によって北朝鮮が中国の大連港などを経由して不正輸出を行っていいる疑いが明らかにされている。

電子版のニュースは現時点では詳しく報道していないが、NHKニュースや朝鮮日報が比較的詳しく報道している。 また、英語版はこの時点ではロイターの記事ぐらいだった。 ちなみに、国連安保理のウェブサイトを詳細に調べてみたが「年次報告書」は掲載されていなかった。 以下、NHK、朝鮮日報、ロイター(英文)の記事――

北朝鮮軍事物資不正輸出の疑い
(NHK 6月30日 8時5分)

国連安全保障理事会は、北朝鮮が弾道ミサイル関連などの軍事物資を中国の大連を経由地として、中東のシリアなどに不正に輸出している疑いがあるとする報告書を公表しました。 この報告書は、北朝鮮に対する制裁が履行されているかどうかを調べるため、国連安保理の制裁委員会が設置した専門家パネルがまとめ、29日に公表したものです。

それによりますと、2007年10月に拿捕(だほ)した貨物船からは、弾道ミサイルの推進剤として使用できる「ダブルベース火薬」と呼ばれる火薬が大量に見つかり、北朝鮮から中国の大連を経由し、最終的にはシリアへ運ばれるものだったことが分かったとしています。 また、この貨物船には北朝鮮の加工食品なども積まれていたことから、報告書は最終目的地のシリアに、北朝鮮の関係者がいた可能性があると指摘しています。

このほか、2009年11月にギリシャ政府が拿捕した貨物船の中からは、1万3000着の化学防護用のコートやガスマスクなどが見つかり、調査の結果、これらも北朝鮮から中国の大連港を経由し、シリアに向かう途中だったとしています。

さらに、日本の海上保安庁などの調べで、中国から北朝鮮に貨物船で運ばれていたことが分かった弾道ミサイルの発射台を兼ねたとみられる大型の特殊車両について、報告書は「北朝鮮のこれまでの技術ではつくれなかったものだ」と指摘し、中国への言及はなかったものの「さらに検証する」と明記しました。

この報告書は先月、まとめられたものの、中国政府が公表することに反対し、欧米の理事国や日本などの説得で、今回ようやく公表が決まりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120630/t10013229071000.html

北朝鮮の武器・ぜいたく品取引、大半が大連港経由
(朝鮮日報 2012/06/30 09:09)

北朝鮮が国連安全保障理事会の制裁決議に違反する貨物を輸送する際、中国が決定的な支援を行っているとする報告書が29日、国連から発表された。

違法な武器輸出の実態

国連が公開した安保理北朝鮮制裁委員会専門家パネルの年次報告書によると、北朝鮮との武器、ぜいたく品の取引を全面禁止した安保理決議に違反した疑いがある38件の取引のうち21件に中国が関与していたことが判明した。また、北朝鮮は武器やぜいたく品を輸出入する際、中国の港湾を経由地として主に利用しており、13件のうち11件が大連港を利用していた。

これまで韓米のマスコミ報道などで、北朝鮮が国連の制裁に違反する違法な武器・ぜいたく品の貿易に中国の港湾が利用されていることが知られており、韓米政府も間接的に事実を認めていたが、今回の国連報告書はそれを公式に確認したものだ。

報告書によると、北朝鮮は制裁違反の貨物をまず大連港に運んだ後、別の船舶に積み替え、国際的な海運網を利用し、違法な輸出入を行ってきた。数人のブローカーが書類のロンダリングを行い、貨物に北朝鮮の企業・団体が関与していることを確認しにくい状況になっていたという。

高濃縮ウラン核弾頭開発の可能性

報告書はまた、北朝鮮が寧辺以外にもひそかにウラン濃縮施設を保有しており、パキスタンで「核開発の父」として知られるカーン博士のネットワークから高濃縮ウラン核弾頭の設計技術を入手し、近い将来ミサイルへの搭載が可能になるとの説に注目しているとした。米国の核軍縮シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)のデービッド・オルブライト所長は2010年10月のセミナーで「ミサイル技術移転の見返りに、北朝鮮にウラン技術を供与したとされるカーン博士の秘密取引ネットワークが07年にスイスで摘発された際、コンピューターのファイルに精巧な新型核兵器の製造設計データ2件が含まれていた。どうやって完成されたものかは不明だ」と述べている。国連の専門家パネルは今回の報告書でオルブライト所長の主張を引用したとみられる。

弾道ミサイル開発

報告書はまた、今年4月15日に平壌で行われた大規模軍事パレードに登場した新型ミサイルとミサイル搭載車両に注目。特にミサイル搭載車両について、追加調査を実施するとした。北朝鮮は16輪の同車両に大陸間弾道ミサイル(ICBM)クラスの新型ミサイルを載せて公開。搭載車両は中国企業が製造した車両と酷似しており、中国から輸出されたものではないかとの疑惑が指摘された。

報告書は北朝鮮とイランのミサイルコネクションをめぐり、今年4月に発射された「銀河3号」の1段目ロケットがイランのロケット「シモルグ」と似ているとした。これまで韓米日の専門家は、銀河3号とイランの1段目ロケットは、北朝鮮のノドンミサイルのエンジン4基を結合したものだと推定していた。

中国も報告書採択に賛成

国連の北朝鮮制裁委専門家パネルは、北朝鮮が核実験を実施して以降、安保理が採択した対北朝鮮制裁決議を履行しているか否かを監督するため、09年に設置された。パネルには安保理常任理事国5カ国のほか、韓国、日本など7カ国の専門家が参加し、2010年から毎年報告書を発表している。昨年の報告書は、中国が署名を拒否し採択されなかったが、今年は中国も署名を拒否しなかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/06/30/2012063000311.html

U.N. publishes report on North Korea sanctions violations
(Reuters: Fri Jun 29, 2012 1:57pm EDT)

(Reuters) – After more than a month’s delay due to Chinese objections, the United Nations on Friday published a report on North Korea that says a panel of independent experts is investigating reports of possible North Korean arms deals with Syria and Myanmar.

The 74-page report, which was seen by Reuters last month, says North Korea “continues actively to defy the measures in the (U.N. sanctions) resolutions.” The so-called Panel of Experts submitted the report to the U.N. Security Council’s North Korea sanctions committee last month.

U.N. panel of experts’ sanctions reports are highly sensitive. China, which is named in the report as a transit hub for illicit North Korean arms-related breaches, has prevented the 15-nation Security Council from publishing past reports, U.N. envoys have told Reuters.

Last year’s report has never been published, although Reuters saw and reported on it at the time.

“The Chinese finally agreed to let the report reach the public,” a council diplomat told Reuters. “We’re pleased that people will be able to study and analyze it.”

The report says that Pyongyang continues to defy the U.N. sanctions, though the panel received no new reports of “violations involving transfer of nuclear, other (weapons of mass-destruction)-related or ballistic missile items.”

“Although the (sanctions) have not caused the DPRK (North Korea) to halt its banned activities, they appear to have slowed them and made illicit transactions significantly more difficult and expensive,” the panel’s report said.

One of the cases involving suspected illicit arms trade with Syria was reported to the council’s sanctions committee earlier this year.

Another case cited in the report involved a 2007 shipment of propellant usable for SCUD missiles and other items that could be used for ballistic missiles. The panel had referred to it in last year’s report but added details about a Syria connection and confirmed that it had been transported via China.

The panel also said it was looking at the possibility North Korea has a deal with Myanmar on conventional weapons cooperation in violation of Security Council sanctions passed in 2006 and 2009 after Pyongyang’s nuclear test in those years. Those sanctions include a ban on North Korean arms exports.

Ten thousand rolls of tobacco, 12 bottles of Sake, and some second-hand Mercedes Benz cars are among the latest breaches by North Korea of the luxury goods ban described in the report.

A similar panel of experts report on Iran has yet to be made public, though diplomats said they expect it will be soon.

(Reporting by Louis Charbonneau; Editing by Jackie Frank)

http://www.reuters.com/article/2012/06/29/us-korea-north-sanctions-idUSBRE85S16Q20120629

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中