<スターバックスが無料公衆無線LAN、7月に都内200店で> 中継回線は光ファイバー、年内に全国展開…

スターバックスコーヒージャパンは、東京23区内の約200店舗で無料の公衆無線LANサービスを7月2日に開始する。来店客がスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)やタブレット端末、ノートパソコンなどを使い、店内で高速のインターネット接続環境を使えるようにすることで利便性を高め、来店促進につなげる考え。まずは東京23区内にある227店舗のうち約200店舗でサービスを開始。2012年末をめどに、全国995店舗のうち約850店舗に拡充する。

 サービス名は「at_STARBUCKS _Wi2」。KDDIグループの公衆無線LAN事業者であるワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が店舗内にアクセスポイントを設置する。無料サービスのほか、Wi2が会員向けに提供している有料の公衆無線LANサービス「Wi2 300」も利用可能となる。

利用者は店頭でスマホなどを使い、同サービスのアクセスポイントに接続する。初回利用時はメールアドレスを登録する手続きが必要だが、2回目以降はアクセスポイントに接続するだけでインターネットを利用可能になる。

アクセスポイントからインターネットにつながる中継回線には「原則として光ファイバーを採用している」(Wi2)といい、中継回線にモバイルWiMAX(ワイマックス)や携帯電話などを使う無線LANサービスよりも、高速かつ安定した通信ができる。無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n方式に対応する。

サービス開始当初は、インターネットの利用時間に制限を設けない。「無料の公衆無線LANにより来店者の利便性を高めたいという狙いがある一方、座席を長時間使う人が増え『もっとゆったりくつろげるようにしてほしい』といった意見を聞くこともある。まずは時間制限を設けずサービスを導入して、来店者の反応を見ながら今後どうするか判断していきたい」(スターバックスコーヒージャパン)としている。

スターバックスの店舗では、NTT東日本/西日本、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルの公衆無線LANサービスも提供店舗を順次拡充している。KDDIグループも、スターバックス店舗での公衆無線LANサービスの展開を6月に始めた。これにより、通信大手3グループの公衆無線LANサービスが、いずれもスターバックス店舗で使えるようになる。

(日経 2012/6/28 20:39  http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2802G_Y2A620C1000000/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中