<AIJ社長を任意聴取 警視庁、詐欺容疑など立件視野>捜査2課、浅川和彦社長から任意で事情聴取した…

高橋成子取締役はどうなんだろうか? 彼女から任意で事情聴取しないのか?

[続報、6/16 08:34 今朝の朝日朝刊は「AIJ社長、ITM証券社長・幹部らを強制捜査」と報じている。 詳細は続報ブログ投稿「<AIJ社長、ITM証券社長・幹部ら強制捜査へ>浅川社長を任意で事情聴取していたが…」]

<AIJ社長を任意聴取 警視庁、詐欺容疑など立件視野>
(産経 2012.6.16 00:11)

AIJ投資顧問による年金資産消失問題で、警視庁捜査2課が、AIJの浅川和彦社長(60)=写真=から任意で事情聴取したことが15日、捜査関係者への取材で分かった。勧誘方法や取引の実態について説明を求めたとみられる。捜査2課はすでに、資産を預けた年金基金関係者からの事情聴取や資料分析に着手しており、詐欺や金融商品取引法違反(契約の偽計)容疑での立件を視野に捜査を進める。

AIJをめぐっては、証券取引等監視委員会が今年3月、虚偽の運用実績を示して基金側と投資一任契約を結んでいたとして、同法違反の疑いで強制調査。この結果、AIJは平成21年以降、新規契約で得た委託料の大半を運用せず、解約を申し出た年金基金への払い戻しに充てる「自転車操業」だった疑いが強いことが判明した。

これに対し、浅川社長は国会の証人喚問などで、虚偽の運用実績を示して勧誘していたことは認めたものの、「だますつもりはなかった」などと一貫して主張。

捜査2課は、この一連の行為が詐欺罪に当たる疑いがあるとみており、他の関係者についても任意で事情を聴く方針。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120616/crm12061600140001-n1.htm

AIJ浅川社長を任意で聴取
(NHK 6月15日 21時58分)

AIJ投資顧問が企業年金の運用に失敗して巨額の損失を出した事件で、浅川和彦社長が警視庁から任意で事情聴取を受けたことが関係者への取材で分かりました。 集めた資金の運用方法などについて説明を求められたものとみられ、警視庁は損失を隠して勧誘を行った行為が詐欺などに当たる疑いがあるとみて捜査を進める方針です。

AIJ投資顧問は企業年金の基金などから預かった資金の運用に失敗し、1000億円を超える巨額の損失を出していたのに利益が出ているとうそを言って年金基金から資金を集めていたとして、ことし3月、証券取引等監視委員会が強制調査しています。 この事件でAIJの浅川和彦社長が警視庁から任意で事情聴取を受けたことが関係者への取材で分かりました。

事情聴取では、顧客にどのような説明を行って勧誘をしていたのかや集めた資金の運用方法などについて説明を求められたものとみられます。 浅川社長はこれまでの国会の証人喚問や参考人質疑でうその運用実績を顧客に報告していたことを認める一方で、「顧客をだますつもりはなかった」などと主張していました。 警視庁は、損失を隠して勧誘を行い資金を集めた行為が詐欺や金融商品取引法違反に当たる疑いがあるとみて捜査を進める方針です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120615/k10015868661000.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中