<混迷のユーロ|選挙後のギリシャ、ロシアや中国に接近か(FT)>とフィナンシャル・タイムズは伝えている。 そういう選択肢もあり!? 読んでみよう…

危機に瀕しているユーロ。 アメリカの覇権に対抗して規模の拡大を急ぎ過ぎた、その一言に尽きるのではないか。 規模の拡大を急ぐあまり加盟基準を緩め、その結果「ギリシャ」なども加盟国になった。 ユーロの危機は自業自得と言ってしまえばそれまでだが、世界経済に与える影響大なるが故にワシなんぞも心配している訳だが… しかし、ギリシャに関する報道を耳にすると「ナンダ、この国は、この国民は!」と腹が立ってくるのはワシばかりではないだろう。

急進左派連合(SYRIZA)のツィプラス党首だかなだか知らないが、出来ぬことをつぎつぎ言い国民を煽(あお)る。 窮乏する国民はその耳障(みみざわ)りの良い言葉にのっかり彼を支持する。 ツィプラスの言ってることが実現可能かどうかまともならすぐ分かることなのだが、何せ国民がまともでなくなっている。 しかし、本当に文句ばかりをいう国民が多すぎる。 アレモコレモそんなに都合良く行くかっちゅうの、世界中で一生懸命働いている国民がみんな苦労してんだ! 今ギリシャで起きていることは後世、「ギリシャ悲劇」の一つに付け加えられるに違いない。

オット、前置きが長くなりましたがフィナンシャル・タイムズ(Financial Times = FT)の日本語抄訳版を日経で見かけた――「[FT]選挙後のギリシャ、ロシアや中国に接近か」、と題しているがFTの元記事はFT>Global Insightに掲載された「Greece’s western ties strained by crisis」という記事。 日英両文をクリップ――

[FT] 選挙後のギリシャ、ロシアや中国に接近か
(日経 2012/6/15)

(2012年6月14日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

日曜日のギリシャの選挙にかかっているのは、ユーロ参加国としての同国の立場と、選挙結果が好ましくなかった場合に欧州の政策立案者が域内を市場の感染から守る能力だ。ユーロ圏の財務相たちが先週末に先手を打ち、最大1000億ユーロの救済資金でスペインの銀行を支えることにしたのは、このためだ。

有力政党がロシアと中国に関心

別の次元でこの選挙にかかっているのは、金融ではなく地政学の問題だ。深刻化するギリシャの危機は、同国が欧州・大西洋社会の熱心なメンバーにとどまろうとする願望と能力に疑問符をつける形で、国内の政治勢力を再編しつつある。

選挙で勝つ可能性が高いのは、保守派の新民主主義党(ND)か、共産主義を起源とする新興勢力の急進左派連合(SYRIZA)だ。思想上の背景は異なるものの、どちらもロシアと、ロシアほどではないが中国との関係強化に関心があり、欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)内のパートナー諸国の懸念を招いている。

自国の居場所は西側陣営にあると信じているギリシャの政治家も心配する。「想像してほしい。ギリシャが抱えるすべての経済問題に加えて、我々が米国を含むパートナー諸国を無視してロシアや中国と付き合い始めたらどうなるか」。元与党の全ギリシャ社会主義運動(PASOK)に近い消息筋はこう語る。

欧州外の支援を探る両党

これがあり得るのは、ギリシャの絶望的な経済状況のためだ。経済難のせいで、新政権は主な債権者であるEUと国際通貨基金(IMF)以外に支援を求める気になりかねない。総じて親欧州の立場を取るギリシャ外務省の混乱もマイナス要因だ。だが、ギリシャの外交政策の伝統には、もっと根深いナショナリズムと左派急進主義の衝動が潜んでおり、それが再び表面化する恐れもある。

SYRIZAのアレクシス・ツィプラス党首は2009年にベネズエラを訪問しており、ウゴ・チャベス大統領の信奉者だ。同大統領の反米主義の世界観はギリシャ左派が代々抱く帝国主義への憎しみと重なる。チャベス大統領はベネズエラの埋蔵石油を外交手段として使うことにたけている。エネルギーを輸入に大きく依存するギリシャでツィプラス党首が権力を握れば、この要因は脚光を浴びるかもしれない。

一方のNDのアントニス・サマラス党首は1月にモスクワを訪問し、いずれもキリスト教の正教派であるロシアとギリシャの文化的な絆を強調した。ロシアはギリシャのガス輸入の大半を供給しており、ロシア政府はキプロスに25億ユーロの低利融資を手配している。キプロスを率いるギリシャ系キプロス人の指導者は、ともにトルコを警戒するギリシャ政府と親密だ。

欧米に反発する心理も

親欧米派のギリシャの政治家にとって問題は、経済危機のおかげで、EUやNATOの忠実な加盟国とは、金融支援と引き換えに厳しい条件を課す欧州とIMFの監督官への屈服だと、ギリシャ国民がある程度思っていることだ。

比較的若いギリシャ人は近代の欧州国家としてのアイデンティティーを誇りにするが、若者の半分は現在失業し、将来に不安を抱いている。一方、年配のギリシャ人は、1974年にトルコがキプロスに侵攻した時にNATOが傍観姿勢を取ったことや、1967~74年のギリシャ軍事政権に対する米国の「支援」を覚えている。

このため、ギリシャを親欧米路線にとどめておく根拠は、債務危機が勃発する前の3年前と比べて正当化しづらくなっている。最終的な論拠は、ギリシャはユーロ圏外よりも圏内にいた方が安全という点だ。だが、欧州の一部の政策立案者は、ユーロ圏の安定にはギリシャの追放が必要かもしれないと示唆する。

名高いEU問題専門家のパナギオティス・イオアキミディス氏は、ギリシャがユーロ圏に迎え入れられる2年前の1999年にこの問題の核心を突き、ギリシャ外務省向けの政策文書の中でこう書いた。「単一通貨圏の正式メンバーであることは、ギリシャの対外安全保障が著しく強化されることを意味する」

日曜の選挙の結果がどうなろうとも、欧州につながる綱を切られたギリシャでは、国家不安の意識は高まる一方だろう。

By Tony Barber

(翻訳協力 JBpress)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1404G_U2A610C1000000/?dg=1

Greece’s western ties strained by crisis
By Tony Barber in Athens
(FT>Gloval Insight 2012-6-13)

At one level, what is at stake in Sunday’s Greek election is the nation’s eurozone membership and the capacity of European policy makers to protect the area against market contagion from an unfavourable result. This explains the pre-emptive move by eurozone finance ministers last weekend to shore up Spanish banks with rescue funds of up to €100bn.

At another level, the stakes are geopolitical rather than financial. The deepening Greek crisis is realigning the nation’s political forces in such a way as to place a question mark over Greece’s desire and ability to remain a committed member of the Euro-Atlantic community.

The likely winner of the election will be the conservative New Democracy party or Syriza, an upstart leftist party with communist roots. In spite of profoundly different ideological backgrounds, both parties arouse concern in Greece’s EU and Nato allies with their interest in cultivating warmer ties with Russia and, to a lesser extent, China.

Greek politicians who firmly believe their nation’s place is in the western camp are worried, too. “Imagine if, on top of all our economic problems, we started flirting with Russia and China in a way that flies in the faces of our partners, including the Americans,” says a source close to Pasok, the former ruling socialist party.

This prospect is rendered plausible by Greece’s desperate economic condition, which may tempt the next government to seek assistance from beyond the EU and International Monetary Fund, its principal creditors. The disarray of Greece’s foreign ministry, generally pro-European in outlook, does not help. But there are deeper impulses of nationalism and leftwing radicalism in Greece’s foreign policy tradition that threaten to return to the surface.

Alexis Tsipras, leader of Syriza, visited Venezuela in 2009 and is an admirer of Hugo Ch?vez, the president whose anti-US world view chimes with the hatred of imperialism embraced by one generation after another of Greek leftists. Mr Ch?vez specialises in using Venezuela’s oil reserves as a tool of diplomacy, a factor that could come to the fore if Mr Tsipras were to take power in Greece, which is heavily dependent on energy imports.

As for Antonis Samaras, leader of New Democracy, he travelled to Moscow in January on a trip that emphasised Greece’s cultural bonds with Russia, a fellow member of the Orthodox Christian world. Russia supplies the bulk of Greece’s gas imports and the Kremlin last year arranged a cheap €2.5bn loan for Cyprus, whose Greek Cypriot leaders are close to Athens because of their shared wariness of Turkey.

The difficulty for pro-western Greek politicians is that, thanks to the economic crisis, loyal membership of the EU and Nato is associated to some extent in the public mind with craven submission to the European and IMF overseers who have imposed strict conditions in return for financial aid. Although younger Greeks are proud of their modern European identity, half of them today are unemployed and fearful for their future. Older Greeks, meanwhile, remember Nato’s decision to stay on the sidelines when Turkey invaded Cyprus in 1974 ? as well as what they recall as US support for the 1967-74 Greek military junta.

The case for keeping Greece on a pro-western track is therefore harder to make than even three years ago, before the eruption of the national debt emergency. It rests, in the last resort, on the argument that Greece is safer inside the eurozone than outside ? but some European policy makers now suggest that a stable eurozone may require the jettisoning of Greece.

Panagiotis Ioakimidis, a renowned EU affairs expert, got to the heart of the matter in 1999, two years before Greece was admitted to the eurozone. In a policy paper for the Greek foreign ministry, he wrote: “Being a full member of the single currency area means that Greece’s external security is greatly enhanced. A country that shares the same currency with the most powerful countries of Europe (Germany, France, Italy, Spain) cannot fall prey to a hostile foreign attack or even be threatened by external powers. Such actions would amount to a challenge to the entire eurozone.”

Whatever Sunday’s election result, a sense of national insecurity will only intensify in a Greece cut loose from its European moorings.

http://www.ft.com/cms/s/0/122ac7f6-b562-11e1-ad93-00144feabdc0.html#axzz1xpPvINOW

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中