<北朝鮮ミサイル・核|中国はどこまで関与しているのか?>隠れ蓑の中国大連港、さらにシリア輸出への介在…

全体像を把握するためにはまず当ブログのこの二つの投稿記事を読んで頂きたい――

■ <北朝鮮の核・ミサイル開発巨額費用の謎>中国はどこまで関与しているのか?  (投稿日:2012/04/23)

■ <中国、北朝鮮に軍用車両 昨年8月 安保理決議に違反> (朝日6/13) (投稿日:2012/06/13)

それから、下記掲載の産経の二つの記事を読むと話が見えてくると思う。

北朝鮮制裁逃れの温床、中国大連港…賄賂で目こぼし証言も 
(産経 2012.6.14 08:1)

国連安保理制裁決議で禁じられている北朝鮮への軍需物資の輸出入に中国が大きく関与している実態が、6カ国協議参加国当局の報告書で判明した。報告書が不正輸出の「拠点」と名指しするのが中国・大連港だ。北朝鮮は大連の中国企業を隠れみのにして、輸出入元の国名を北朝鮮から「中国」と偽装。中国税関当局者が賄賂を得て黙認しているとの証言もあり、中国側の関与の根深さが浮かぶ。(桜井紀雄)

 「北朝鮮の貿易会社は軍需物資を取引する際、貨物名を電子製品や農業機械などと虚偽記載する。取引する中国企業が結託しているからこそ可能なことだ」

報告書によると、大連港のある中国遼寧省の中朝貿易関係者が今年2月、こう証言したという。

朝鮮鉱業開発貿易会社や朝鮮嶺峰総合会社など、安保理の制裁対象に指定された北朝鮮貿易企業は、証言のように貨物名を虚偽記載したり、輸出入元を中国と偽ったりするほか、中国企業名で物資を購入し、制裁逃れを図ってきたという。

国連安保理の北朝鮮制裁委員会などの報告でも大連が不正輸出入の拠点になっていると指摘されてきた。北朝鮮が2009年7月、南浦港からイランにロケット弾や起爆装置を輸出しようとし、アラブ首長国連邦当局に摘発された際、大連港で第三国船籍の船に積み替えられていた。今年5月に制裁対象となった北朝鮮企業「グリーン・パイン・アソシエーティッド」が軍艦部品をアフリカに輸出した際も大連の中国企業名が使われた。

6カ国協議参加国の報告書によると、「大連港を通じて対象物資を搬入する際、事前に連携している大連税関幹部の勤務中に通関手続きをし、コンテナ1台に40万~60万元(500万~750万円)の賄賂が必要」といった複数の証言があり、大連税関当局の関与が濃厚となっている。

報告書は、相当数の偽造口座が中国系銀行に開設され、武器取引や、制裁で禁じられているぜいたく品の北朝鮮輸入などの取引に利用されていると指摘。口座への追跡調査を逃れるため、北京から平壌へ空路で直接、巨額の資金を持ち出すケースもあり、背景に空港税関など中国当局の黙認があるとも指摘している。

国連安保理の北朝鮮制裁委は、大連を通じた武器輸出について中国に調査を求めているが、中国側は別の国の運送企業に責任を転嫁するか、回答しないのが実情だという。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120614/kor12061408120000-n1.htm

中国が北朝鮮にミサイル関連物資、シリア輸出の介在も…安保理決議に違反
(産経 2012.6.14 09:09)

 中国が昨年、長距離弾道ミサイルの発射台車両や、ミサイル製造に使われる物質バナジウム2トンを北朝鮮に輸出するなど広範囲な軍用物資取引に関わっていたことが13日、産経新聞が入手した6カ国協議参加国当局作成の報告書で分かった。北朝鮮への大量破壊兵器関連物資の輸出などを禁じた国連安全保障理事会制裁決議が、中国の関与で骨抜きになっている実態が裏付けられた。

報告書によると、北朝鮮でミサイル開発を担う第2経済委員会に所属し、平壌に本社のある企業「朝鮮鉱業開発貿易会社」がダミー会社を通じて昨年8月、長距離弾道ミサイルの発射台に転用可能な特殊大型車両4台を中国から輸入した。

また、複数の日本政府関係者によると、特殊車両は中国国有企業「中国航天科工集団」の子会社が開発したもので、第5管区海上保安本部が昨年10月3日、北朝鮮から大阪港に入港したカンボジア船籍の貨物船を立ち入り検査したところ、中国側からの輸出を示す記録が見つかったという。

特殊車両の輸出以外にも報告書によれば、同じく平壌に本社のある北朝鮮企業「朝鮮嶺峰総合会社」が同年5月、ミサイル製造に利用できるバナジウム約2トンを中国から輸入。バナジウムはミサイルの合金などを製造する際、強度を高めるために加えられるレアメタル。同社は中東への兵器輸出も指摘されている。

■ シリア輸出も介在

報告書は、大量破壊兵器の開発を担う北朝鮮第2自然科学院傘下の企業「朝鮮檀(タン)君(グン)貿易会社」が2009年11月、軍用防護服約1万4千着を中国・大連港経由でシリアに輸出しようとしていたことも明らかにしている。輸送途中のギリシャで押収され、発覚した。

北朝鮮の3社はいずれも北朝鮮による09年4月のミサイル発射や同年5月の核実験を受け、国連安保理の北朝鮮制裁委員会が資産凍結対象に指定した団体だ。

金融取引でも、制裁対象の北朝鮮の金融機関「端川商業銀行」が中国の主要都市にダミー会社を設立し、同社名義で口座を開設。北朝鮮の軍需企業の資金決済に充てているという。同行のダミー会社の一つで制裁対象でもある「香港エレクトロニクス」は、過去にイランへの武器輸出代金の入金に海外の偽装口座を用いていた実態が判明している。いずれも、中国当局の黙認や中国企業の関与なしには難しく、報告書は中国が北朝鮮の制裁逃れの温床になっている点を強調している。

さらに、中朝の貿易実態に詳しい韓国当局筋によれば、北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射を強行した今年4月13日には、中国丹東市の保税地域から北朝鮮に向け四輪駆動車約100台が輸出されていた。

四駆車は民生用を装っていたが、北朝鮮の国防委員会傘下とされる「朝鮮黎明貿易」など軍需関連企業が関与していたことから中国当局は軍需物資と認識、書類処理上も特別扱いだったという。北朝鮮側で後部を銃座などに改造し部隊に送られたとみられる。

■ 日米韓50、公表せず

一方、中国による北朝鮮へのミサイル発射台車両の輸出を昨年10月に把握していた日本政府は、米国、韓国とも情報を共有していながら、公表していなかった。

外務省幹部は13日、「ただちに安保理決議違反とはいえないと判断した。トラックを輸出しても北朝鮮が改造した可能性もある」と釈明。別の政府高官は「この事実を国連にすぐ報告しても意味がない。いかにカードとして使うかが問題だ」と述べた。

発射台車両は4月15日に行われた北朝鮮の軍事パレードで公開されたが、パネッタ米国防長官が同月19日の下院公聴会で「中国の協力があったと確信している」と証言していた。

弾道ミサイル物資の対北輸出は国連安保理制裁決議に違反している。ただ、決議は国連の全加盟国に履行を義務づけているものの、各国の自主性に委ねられ、不履行国に対する罰則規定がないため、実効性を疑問視する声が上がっていた。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120614/kor12061409130001-n3.htm

さらに、朝日電子版はこういう事も報道している。

金総書記称賛の手紙も発見 軍用特殊車両密輸の船から
(朝日 2012年6月14日8時6分)

中国が昨年8月、弾道ミサイルの運搬・発射用の大型特殊車両4両を北朝鮮に輸出した際に使ったカンボジア船籍の貨物船「HARMONY WISH」(1999トン)から、中国人船長が書いた北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)総書記宛ての手紙が見つかり、日本政府が入手していたことがわかった。

政府関係者によると、手紙は昨年1月12日、名古屋港に入っていたこの船に対し、第4管区海上保安本部が船長の同意を得て行った立ち入り検査で発見された。2010年12月中旬、この船が北朝鮮東部の元山港に入った際に船長名で作成されたもので、船長は北朝鮮側の関係者に書かされたと説明したという。

政府はこうした経緯から、この船が北朝鮮と極めて密接な関係にあり、軍事物資運搬に使われている可能性があると判断。海上保安庁がこの船を徹底的にマークしてきた。その結果、昨年10月に大阪港で、第5管区海上保安本部による大型特殊車両4両輸出の事実を示す文書の入手につながった。

名古屋港で見つかった手紙は、中国人船長が10年12月24日の金総書記の北朝鮮軍最高司令官就任19周年を祝福する内容で、「金正日最高司令官同志は、非凡な英知と深謀遠慮をお持ちでいらっしゃる」と称賛していた。ただ、この手紙が実際に金総書記に送られたかどうかは分からない。さらに「朝鮮は帝国主義者による多くの有害な陰謀にもかかわらず、あらゆる領域で輝かしい成功を収めています」とし、「これも聡明な指導者によるものです」と金総書記をたたえていた。

港湾管理会社などによると、「HARMONY WISH」は8日朝に岡山県備前市の東備港に入った。中国から耐火物原料を積んできたという。積み荷を下ろし、13日午後4時10分ごろ、出港した。行き先は明らかにされていない。(牧野愛博)

http://www.asahi.com/special/08001/TKY201206130864.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中