<仁義なきネット|被害者がネットに容疑者“少年”の写真公開>事件は車の盗難、容疑者は少年。ネットの普及は「節度」という言葉を死語にしつつあるのか…

ブログをやっているものとして自らも戒めなければならないのは、勿論の事だが。 ネットは何でもありになりつつあるのか? モラルの低下は止めようがないのか? 「仁義なきネット社会」がそこまで来ているような気がする。 言葉が古かったか?

被害者がネットに容疑者の写真公開
(NHK 5月28日16時58分)

神奈川県警の鶴見警察署で、軽乗用車を盗まれた被害者の男性が、警察から話を聞かれた際に、容疑者の少年の顔写真などの捜査資料を撮影し、インターネットのブログに一時、公開していたことが分かりました。

警察によりますと、公開されていたのは、ことし3月に横浜市中区で軽乗用車を盗んだとして、おととい逮捕された19歳の少年の顔写真などです。

警察によりますと、被害者の40代の男性は、少年の逮捕前の今月24日に鶴見警察署で話を聞かれましたが、その際、机の上に置かれていた少年の顔写真などの捜査資料を警察官が目を離した隙に撮影し、インターネットのブログに公開したということです。

翌日になって気付いた警察官からの要請で画像は削除されましたが、それまでおよそ1日にわたって目の部分が隠された少年の顔写真などがインターネットに公開されていたということです。

ブログには少年の名前の一部も書き込まれていたということで、警察は、担当した警察官から事情を聞くなどして問題がなかったか調べています。

鶴見警察署の伊東博志副署長は「事実関係を調査のうえ、今後とも情報管理に努めてまいります」とコメントしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120528/k10015428611000.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中