東京都・尖閣寄付<3億1千4百万円/23402件突破!>5月8日〆 5稼働日での達成、12暦日日(12日間)ではない。 それにしても反響は大きい。

この寄付額の増加とインパクトを正しく把握するためには暦日日(calendar day)で期間を表現してはいけないとうのが私の意見。 稼働日(working day または number of operating days)で表現すべきだろう。 銀行振り込みでの入金集計なので土日祭日は除外すべきだ、それを含んだ暦日日(れきじつび)で「12日間で」表現しては不正確だ。 私は「5日間で達成!」とした方が寄付した人たちも納得するだろうと思う。

言葉は悪いが「ザマーみろ、大手新聞!」(産経は除く)、まさかこんなに短期間で、23,402人もの人が3億1459万9779円も寄付するとは思ってもいなかったろう。 「『慎太郎、よくぞいった!』と騒いでいるのは2chだろう」と、たかをくくったのではないか!?

(東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/senkaku_kifu.htm?

国民は本当に危惧しているのだ、不甲斐ない政府の外交対応に。 去年の中国漁船に対する当時の仙石官房長官の理解しがたい外交処理、傍若無人に尖閣周辺を徘徊する中国漁船、接続水域に侵入する中国監視船、日本国民の多くは「何やってんだ、国は!」と思っとる。

TVといえば、街頭インタビューを編集して自局の考えにあったものしか放送しない。 TV離れが起きるのも当然だ。

さて、寄付はどこまで増えるか? まだ給料日前の人もいるだろうし、ボーナスを貰ってからという人もいるだろう。 まだまだ増える…

「東京都尖閣諸島寄附金」サイト
http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/senkaku.htm

例によって、いの一番に報道しているのは産経だ。 NHKも放送した。 「石原尖閣購入案」を批判したマスメディアは遅ればせながらポツポツと報道するのだろう。

寄付金3億円を突破 8日時点 1日で9千万円増
2012.5.9 14:14

東京都が尖閣諸島(沖縄県石垣市)購入計画をめぐり4月27日に開設した購入資金の寄付金口座への入金が、8日までの12日間で3億円を超えたことが、9日の都の集計で分かった。

入金は計3億1459万9779円。件数も2万3402件と、2万件を突破した。

7日時点では計2億2789万8890円、1万7752件で、1日で約9千万円集まったことになる。

=================================================================
寄付金口座は、みずほ銀行東京都庁出張所(店番号777)・普通口座1053860「東京都尖閣諸島寄附金」。寄付金控除の対象となり、申請に必要な領収書は都が発行する。問い合わせは都知事本局尖閣諸島寄附担当(電)03・5388・2206(平日午前9時~午後6時)。都のホームページにも案内がある。
=================================================================

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120509/tky12050915010006-n1.htm

尖閣 石垣市長が共同購入提案
(NHK 5月9日 16時47分)

尖閣諸島の購入を検討している東京都の幹部が、9日、尖閣諸島がある沖縄県石垣市の中山義隆市長を訪ねて会談し、この中で中山市長が、尖閣諸島を東京都と共同で購入して所有したいという考えを伝え、都側が持ち帰って検討することになりました。

尖閣諸島の購入を担当する東京都知事本局の秋山俊行局長などが、9日、石垣市役所を訪れ、中山市長と会談しました。
この中で中山市長が、石垣市として東京都と共同で尖閣諸島を購入して所有したいという考えを伝え、都側が持ち帰って、速やかに地権者の意向を確認することになりました。

また、秋山局長が「石垣市と連携を図るための窓口を作りたい」と述べたのに対し、中山市長は「東京都と同じ思いであり、連携を密にしたい」と述べ、今後、双方が島の購入やその後の活用方法について話し合っていくなど、連携を密にしていくことで一致しました。

会談のあと中山市長は、記者団に対し、「共同購入になれば、石垣市としても寄付金を募りたい。今後、都側と連絡を取り合う担当部署を石垣市にも設け、取り組みを進めていきたい」と話しています。

このあと、秋山局長など東京都の幹部は、那覇市の沖縄県庁を訪れて県の担当者と会談し、今後、尖閣諸島の購入を巡って沖縄県とも連絡を取り合っていくことを確認しました。

秋山局長は「購入後の利用計画などを考える際には地元とも連携を図って取り組んでいきたい」と話していました。 東京都は今後、尖閣諸島の土地の鑑定や評価をしたうえで、ことし12月の都議会に尖閣諸島を購入する議案を提出したいとしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120509/k10014991201000.html

▼ 続報 5/11、共同購入はない。

石原知事“尖閣購入は単独で”
5月11日 18時10分

尖閣諸島の購入を検討している東京都の石原知事は、沖縄県石垣市の中山義隆市長が、都と共同で尖閣諸島を購入して所有したいと提案したことについて「都が一元的に購入したほうがスムーズにいくので、お断りしたい」と述べ、あくまでも都が単独で購入を進めていく考えを示しました。

“都が単独で購入を”

尖閣諸島の購入を巡っては、石垣市の中山市長が、9日、東京都の幹部と会談した際、都と共同で購入して所有したいという考えを伝えました。

これについて東京都の石原知事は、11日の記者会見で「都が一元的に購入したほうがスムーズに進むので、お断りします。都が取得したあとに石垣市との間で、どのような役割分担ができるのか考えていきたい」と述べ、あくまでも都が単独で尖閣諸島の購入を進めていく考えを示しました。

また、都が尖閣諸島を購入するために受け付けている寄付金が、11日正午現在で、およそ4億7000万円に上っていることについて「国がやらなければ、自分たちの手で国を守りたいという意識が凝縮した結果だ。日本人も捨てたものじゃない。本当にうれしさで胸がいっぱいです」と述べました。

石垣市長“共同購入にはこだわらない”

石原知事が、共同購入を断る考えを示したことについて、石垣市の中山義隆市長は、NHKの取材に対し、「市としては、共同購入にこだわっているわけではなく、石原知事に対応をお任せすると前々から述べているとおりなので、今後もスムーズに購入できる方向で進めてほしい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120511/k10015058131000.html

【当ブログ関連記事】

■ <尖閣購入案「評価」68%|尖閣寄付6億円突破!>NHK世論調査で「評価する」が7割近い、また寄附金は5月14日〆で6億を突破した。 アサヘ新聞、ご意見をどうぞ… (投稿日 2012-5-15)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中