<内閣支持率30%割れ、大飯再稼働判断「反対」54%>(日経・TV東京世論調査4/20-22)、政党別支持率:自民25%、民主23%、みんな6%、共産4%、公明2%。

内閣支持率29%、30%割れで内閣解散危険水域に突入…もう人材はいないので総選挙で政権返上。 しかし、この党は日本を壊してでも政権にしがみつく議員ばかりなので、支持率10%を切っても任期まで頑張ろうとしそうです。

日本再生―今の日本に要らぬもの三つあり、消費増税、原発、民主党政権。

内閣支持率30%割れ 大飯再稼働判断「反対」54%
(日経 2012/4/22 22:04 )

 日本経済新聞社とテレビ東京が20~22日に共同で実施した世論調査で、野田佳彦内閣の支持率は29%だった。3月の前回調査から5ポイント下落し、昨年9月の野田内閣発足以降、初めて3割を切った。不支持率も8ポイント上昇し野田内閣で最悪の62%。政府が関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を妥当と判断したことに「反対」が54%で「賛成」の30%を上回った。

野田内閣の支持率は前回調査で発足以来の下落傾向に歯止めがかかったが、再び下落に転じた。

政府は今夏の電力不足に備えて大飯原発再稼働への手続きを進めている。国内の原発全般に関する質問では、原発の再稼働を「最低限にとどめるべきだ」が46%でトップ。「すべての原発を停止すべきだ」が29%で続き、「安全確認できた原発から順次、再稼働すべきだ」は20%だった。

政府・与党が国会に提出した消費税率を2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げる法案については「反対」が50%で「賛成」は40%。前回に比べて「反対」が3ポイント下落、「賛成」が2ポイント上昇した。民主党支持層では「賛成」は62%で、前回(53%)より9ポイント上がった。

一方、社会保障制度維持のため消費増税そのものの必要性を聞いたところ「必要」との回答が60%で「必要だと思わない」の33%を上回った。民主党の小沢一郎元代表グループの議員約30人が消費増税法案提出に抗議して政府や党の役職を辞任したり辞表を提出したりしたことも「理解できない」が61%を占めた。

政党別の支持率は自民党25%、民主党23%、みんなの党6%、共産党4%、公明党2%、社民党1%。自民党はトップだったとはいえ、10年9月調査(23%)以来の低水準。支持政党がない無党派層が31%と、前回(28%)に続いて最も高かった。

調査は日経リサーチが福島県の一部地域を除く成人男女を対象に乱数番号(RDD)方式により電話で実施。有権者がいる1477世帯から924件の回答を得た。回答率は62.6%。

http://www.nikkei.com/news/category/article /g=96958A9C93819481E0E0E2E29F8DE0E0E2E6E0E2E3E09F9FEAE2E2E2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中