消えゆく政党へのレクエイム<民主党政権・失敗の本質>(1)「脱官僚」の裏で握手…朝日が連載した特集記事、紙面版クリップ

朝日新聞は4月5日に「民主党政権 失敗の本質」という特集記事を1面に掲載し4月8日までの4日間にに渡って連載した。 これを読んだ人は多いと思う。 かなり踏み込んだ内容であり、割と民主党に好意的だった朝日新聞の決別の辞だと私は受け取った。 瓦解し消えゆく民主党という政党への葬送の曲(レクエイム)だと。

私はその新聞を古紙回収に出す前に、連載記事をこのブログに残しておこうと思った。 ブログはそのレクエイムを勝手に奏(かな)でるであろう、それは「会えぬ君に」伝わるかも知れない….

「民主党政権 失敗の本質」(1) 「脱官僚」の裏で握手   (2012-4-5)
「民主党政権 失敗の本質」(2) マニフェスト文化 挫折    (2012-4-6)
「民主党政権 失敗の本質」(3) 年金争点化 遠のく改革  (2012-4-7)
「民主党政権 失敗の本質」(4) 政府と与党 一元化の幻  (2012-4-8)

朝日新聞連載特集記事 「民主党政権 失敗の本質」

================================================================
この連載で問いたいのは、消費増税の是非ではない。 官僚主導を打破して統治のあり方を根本から変えるという、民主党が描いた「政権交代の物語」が失敗したということだ。 09年総選挙で集めた国民の期待は「統治機構の変革」を叫ぶ橋下徹・大阪市長にさらわれつつある。 「失敗の本質」は何か。 野党時代から民主党を見てきた記者として、反省を踏まえながら考えたい。 (村松真次)
================================================================


「民主党政権 失敗の本質」(1) 「脱官僚の」の裏で握手

■ 政権交代前 財務省幹部と密会

「脱宮僚」をうたう民主党は政権交代前夜、二つに割れていた。 財務省は無駄遣いをなくす「昧方」なのか、官僚の既得権益を擁護する「敵」なのか。

2009年6月、のちに民主党の初代首相となる鳩山由紀夫と2代目首相の菅直人は、みんなの党結成に動いていた渡辺喜美、江田憲司と極秘で会った。 旧通商産業省OBの江田が「霞が関の本丸は期務省だ」と言うと、菅は「わかっている。 官僚主導の打破に協力して欲しい」と応じた。

だが、渡辺は民主党の「脱官僚」を疑っていた。 野田佳彦や前原誠司ら民主党の中堅議員を交えた当時の会合で、次のような会話を耳にしたからだ。 「国土交通省や農林水産省などのできの悪い官僚はたたく。 財務省とは握るけどね」

政権交代から2年半。 3代目首相の野田は今、消費増税法案の成立に「政治生命をかける」と明言する。

民主党の事前審査がこじれていた3月25日夜、野田は旧大蔵省OBで党税調会長の藤井裕久に「絶対ぶれるな」と励まされ、大きくうなずいた。 79歳の藤井は民主党の初代財務相で、野田を財務副大臣に引っ張った「恩人」だ。 野田は野党時代の著書「民主の敵」で無駄遣いの削減や天下り根絶を訴える一方、消費増税には触れていない。 それが財務副大臣になると、一転して前向きになった。

民主党は「4年間は消費増税しない」と宣言し、09年総選挙に勝った。 消費増税に「命をかける」という首相の登場を、担当記者の私はまったく予想しなかった。 だが、鳩山は総選挙直前、実は期務省の事務次官だった舟呉泰健や、主計局長だった勝栄二郎らとひそかに接触を重ねていた。 無駄遣いをなくし、子ども手当など看板政策の尉源をつくる必要があったからだ。

鳩山は今、「歳出を減らしてくれるのなら、財務省と協力してもいいと判断した。 財務省の最大の使命は歳出削減だと見誤った」と後悔する。 財務省の本性は官僚機構の守護神で、最大の狙いは自らの権益を拡大するための消費増税にあったというのだ。


■ 予算も人事も結局 財務省 … 主計局長「編成やりますよ」

「脱官僚」を掲げた民主党政権で、なぜ財務省は強大になったのか。

民主党は2009年総選挙の前、すでに財務省ににじり寄っていた。 まずは財務省と組んで無駄遣いをなくす。 財務省に切り込むのはその後だ。 そんな「脱官僚」の二段階論が広がっていた。 私は当時、鳩山由紀夫に近い議員から「尉務省とはケンカしないよ」という一言葉をよく聞いた。

鳩山の父・威一郎は旧大蔵省の事務次官だった。 鳩山が初代財務相に指名したのは、父が政治家としての資質を見込み、政界への進出を促した旧大蔵省OBの藤井裕久だった。

■    ■

民主党がマニフェストで示した「脱官僚」の決め手は、財務省から予算編成権を奪い、首相官邸直属に新設する国家戦略局に移すことにあった。 それが崩れた瞬間を、内閣府政務官(国家戦略担当)だった津村啓介はよく覚えている。

政権交代直後の09年9月末、国家戦略相の菅直人はいらだっていた。 マニフェストを実行するための財源確保にメドが立たず、予算の基本方針の作成が大幅に遅れそうだつた。

そこへ、財務省主計局長の勝栄二郎が現れた。 菅が「いつまでに基本方針をまとめれば、年内に予算編成できるのか」と尋ね
ると、勝は「民主党にはマニフェストという立派なものがあります。 これに沿って予算を作れ、という紙を一枚出していただければ、やりますよ」とささやいた。 菅はほっとした表情を浮かべて、「だったら早いじゃないか」と応じた。

こうして民主党による初の予算編成の責任者は、国家戦略相の菅ではなく、財務相の藤井となった。

藤井は「政治家が予算の細部を正しく判断できるのか。 大蔵省には百数十年の歴史がある。 政治家に求められるのは決断を下すことだ」と強調する。

一方、かつて小泉内閣の閣僚として財務省と予算編成の主導権を争った竹中平蔵は「大きな財布の中でカネを配ることが財務省の権力の源泉」という。 歳出削減よりも増税で予算規模を膨らませ、それを配分する実権を握ることに財務省の省益があるとの見立てだ。

実際、民主党政権で事業仕分けなどの歳出削減は進まず、これまで3回の当初予算は事実上、史上空前の規模に膨れあがった。 その一方で、消費増税だけは着実に進んでいった。

2代日財務相の菅は首相就任後、10年の参院選で消費増税を唐突に打ち上げた。 野田佳彦は管内閣で3代目財務相に昇格すると、財務官僚の仲介で自民党の財務相経験者と会合を重ねて政界屈指の「財務族」となり、11年の党代表選で消
費増税に言及して勝利。 今年3月、党内の反発を振り切って、ついに消費増税法案の提出に踏み切った。

その野田が昨年秋、4代目財務相に閣僚経験のない安住淳を指名したのは政界を驚かせた。 だが、財務省は、政権交代前から国会対策で頭角をあらわしていた安住に目をつけ、親交のある同省主計官の岡本薫明を講師役にした政策勉強会を定期的に開いていた。

岡本は今、秘書課長として安住を支える。 与野党を超え、有力議員に早くから宮僚を張り付けて取り込んでいくのが、財務省流だ。

■ 野党時に掲げた政治任用 撤回

その財務省が予算編成権と並んで死守したのが、官僚の人事権だった。

「政権をとったら、事務次官、局長以上にはいったん辞表を出してもらい、民主党政権の方針に従ったものだけを政治任用する」

鳩山や菅は野党時代、そう公言してきた。 大統領が交代すれば政府高官がごっそり入れかわる米国ほどではないにしても、各省の事務次官から人事権を奪って、官僚を民主党政権に従わせる狙いがあった。

だが、民主党は政権交代直前に「政治任用」を撤回レた。 表向きの理由は「公務員の身分保障」。 その結果、ほとんどの官僚は今も、首相や大臣より事務次官に忠実だ。 その姿は自民党時代と変わらない。

なかでも財務省は影響力を広げている。 勝は自民党政権で官房長、主計局長の「次官コース」を歩き、民主党政権で順当に事務次官になった。 野囲内閣になると、旧内務省系の指定席の官房副長官(事務)に、東大在学中から勝の友人である前国交事務次官の竹歳誠が就任。 消費増税と社会保障改革をまとめる内閣府の事務次官には、財務省で勝の1期後輩の松元崇が就いた。 いずれも異例の人事で、野田内閣は「尉務省支配」と揶揄(やゆ)されるようになった。

■      ■

消費増税法案の鍵を握る自民党総裁の谷垣禎一も元財務相だ。 政界では、今年2月の野田と谷垣の極秘会談に財務省がかかわったとの見方もくすぶる。

消費増税に慎重な民主党の馬淵澄夫は最近、財務省が水面下で自民党に法案成立を働きかけていると指摘し、「増税には内閣の一つや二つ吹っ飛ぶくらいは覚悟しなければならない、とうそぶいた大物財務官僚の言葉を今もハッキリと覚えている」とブログに書いた。 消費増税を巡る党内抗争の根底には、財務省とどう向き合うかという統治観の対立がある。

野田内閣は3日、13年4月1日付で新規採用する国家公務員を政権交代前の09年度に比べて56%減らすと発表した。 なかでも財務省の削減率は60.8%で、いちばん高かった。 消費増税法案を成立させるため、「尉務省支配」という党内外の批判をかわす狙いがにじむ。 =敬称略

(村松真次)

================================================================
[キーワード]  脱官僚3法案

民主党は09年の政権交代直後に「脱官僚」を実現するための3法案を準備した。 首相官邸が各省庁人事を直接行うため、内閣人事局を設置するための国家公務員法改正案▽首相直属の国家戦略局を新設して予算編成を主導させるための政治主導確立法案▽副大臣・政務官を増やし、官僚答弁を制限する国会改革関連法案。 当時は衆参両院で与党多数だったが、国会提出は翌年にずれ込み、10年6月の鳩山内閣退陣で政権が混乱して成立しなかった。 同年7月の参院選で惨敗してねじれ国会になった後、成させる機運はない。
================================================================

「民主党政権 失敗の本質」(2) マニフェスト文化 挫折
に続く…….

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中